• 始発のRTA方針まとめ(ドンキー3新人大会103%部門出場)+RTA概要解説

    2018-12-23 22:42

    0.目次

     見出しをコピペしてページ内検索すると、該当箇所をすぐに見られます。
     (検索コマンド:Windows「ctrl + F」/ Mac「command + F」)

    1.本記事の読み方のご案内
    2.ドンキー3(103%)RTA大会に向けた、練習・本番の方針(安定重視)
    3.RTA/ドンキー3新人大会/103%部門の概要(知らない人向け)
    4.RTAのクリア時間計測用タイマーの見方
    5.ドンキーRTA走者を一部紹介(敬称略)
    6.RTAを始めた経緯と、その後の経過



    1.本記事の読み方のご案内

     ドンキー3(103%)RTAを知っている、見ている、走っている方→2章からお読みください。

     ドンキー3(103%)RTAを知らない、馴染みがない方→3~4章の後で2章に戻ってください。
    (4章は説明が難しい話題なので、気になる項目だけ読んで、後はいったん読み飛ばしても可)

     RTAの説明など誤っている箇所があれば、ツイッターかブログコメントでご一報ください。
    https://twitter.com/Shihatsu_Reikon
     RTA大会の練習を優先しつつ、練習後の隙間の時間、疲れた頭でバーッと書いているので、基本やっつけ編集です。私の知識不足・勘違いの他に、ケアレスミスもあるかも。

     ニコニコのユーザーアカウント https://www.nicovideo.jp/user/9887332

     ニコ生コミュニティ https://com.nicovideo.jp/community/co529777

     Twitchチャンネル https://www.twitch.tv/shihatsu_reikon

     私自身の、RTA以外のネット上の活動は、別の記事にまとめてあります。
    「RTA以外の活動まとめ(ドグ生写真 / 始発ニコ生・動画 / 映画・音楽ブログ等)」
    https://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar1139438


    2.ドンキー3(103%)RTA大会に向けた、練習・本番の方針(安定重視)

     超・安定重視! Deathless(死なない)重視! 短期の練習で習得できる技・ルート重視!

     中間・DKバレルは大体取る。再入場に時間かかるボーナスは特に守る(低リスクな動き重視)
    どこで被弾しても、ディクシー・ディンキーどちらでもDKバレルまで辿り着ける練習をする。
    ベアコインは(多少時間かかる箇所も含め)多めに取る(コースターステージでの取得漏れ想定)

     理由①大会本番は一発通し(ミスしてもリセットしてやり直せず、タイマー計測は進む)
    ②RTA自体初心者なうえに、生活の都合上あまり練習時間を取れない(事情の詳細は6章参照)


     私は完全クリアが好きだから、103%部門への出場を選びました。
     「新人大会」だから、配信上の足切りタイム(3時間)に間に合う人、自分と同じくらいのレベルの人がもっと出場すると思ってたんだ…応募した時点では。
     なのに蓋を開けてみたら、RTA自体初心者の人はみんなany%部門に出場してて、103%部門は他のゲームやカテゴリで経験・実績のある人ばかりw(103%は長くて時間かかるしね…)

     他の走者がハイレベルな争いをする中、見所ない鈍足プレイになってしまってすみません。
    ゲームオーバーと足切りタイムにだけはならないよう、最後まで諦めず丁寧に走る所存です!


     大会前練習~本番は、短い練習で一発通しを成功させるための、超・安定重視!
     大会終了後は、記録狙い! 今のルート・技術で記録が詰まったら、攻めルートで練習!
    (スマブラSPを発売日に買ってから、サウンドテスト以外プレイしていないので、そっちのキャラ出しを配信外でやった上で、オンライン対戦の配信をする…可能性もあるかも?)


    3.RTA/ドンキー3新人大会/103%部門の概要(知らない人向け)

    (1)RTAという競技の概要
     英語ではSpeedrun(RTAでは通じない)。日本・海外ともネットで盛んな競技(eスポーツ)

     RTA(リアルタイムアタック)は、ゲーム開始からクリアまでの時間を測り、早くクリアすることを目指す競技です。TA(ゲーム内時間だけを測る)とは異なり、ゲーム機が計算してくれない合間の時間も含みます(クリアまでの途中にリセット・中断・再起動したら、その最中も)


     同じゲームのRTAでも、いくつかの競技カテゴリが存在することが多いです(先人の走者間で取り決めたルール別の種目)。徒競走に100m、10000m、ハードル走がある、みたいな感じ。

     ドンキー3では、今大会でも実施される「any%」「103%」を含めて主要カテゴリが4種、マイナーカテゴリは10種以上あります(103%のルール詳細は、3章(3)参照)


     リーダボード(Wikiサイト) 主要カテゴリのページ↓
    https://dkcspeedruns.com/Leaderboards#DKC3_-_Any.25_.28No_Balloon_Jump.29
    マイナーカテゴリのページ→https://dkcspeedruns.com/Leaderboards/Misc_Categories

     カテゴリルール、記録ランキング(証明動画付き)、RTA向けの技解説などが載っています。
    ランキングや動画は、走者自身が編集・アップロードしています。

     ちなみに、リーダボードでも分かる通り、ドンキー3の海外版はタイトルが異なります。
    日本版「スーパードンキーコング3 (SDK3)」
    海外版「Donkey Kong Country 3: Dixie Kong's Double Trouble! (DKC3)」

    (2)スーパードンキーコング3新人大会の概要
     2019.01.13開催
     any%部門(第1部) 13:00~14:15
     any%部門(第2部) 14:30~15:45
     103%部門 16:00~19:00(私も出場)

     すいまいさん(ドンキー3RTA世界王者)主催です。配信コミュニティ等の詳細は5章参照。
    大会概要・ルール(すいまいさんのブログ)
    https://ch.nicovideo.jp/suimindv/blomaga/ar1359216

    (3)103%部門の概要(北米版ソフトを輸入して使用)
     ドンキー3の「103%」は、一般的なゲームにおける達成率100%(完全クリア)と同義です。
    ドンキー1・2・3は、それぞれ101・102・103%が完全クリア(3は裏技で104・105%も可)

     通常エンディングでは最大84%まで。103%達成で真のエンディングを見られます。
    1ワールドにつき計6コース(5+ボス戦1)。計8ワールド(通常7+裏面1)48コースをクリア。
    回収:バナナバード15匹。DKコイン41枚。ボーナスコイン85枚。ベアコイン50~55枚以上

     ちなみに「any%」は他のゲームRTAにもよくあるカテゴリ。基本何でもあり。達成度不問、バグ技使用可能、通常エンディングを目指すのが基本(ゲームによって細かい差異あり)


     ドンキー3のany%はSFC(日本)版が最速、103%はSNES(北米)版が最速とされています(北米版でフランス語モードに設定する)。細かな仕様、使えるバグ技などに違いがあります。

     さらに、エミュレータ(Snes9x)使用 > バーチャルコンソール(WiiVC/WiiU VC)使用
    > 実機(SFC/SNES)使用、の順で速さが変わります。
     ただし、エミュは今大会使用禁止であり、世界的にも公認記録と見なさない人が多い(一応世界的なルールでも違反ではないが)です。VCの海外版を日本で使うのは技術的に難しいです。

     →103%の走者は、北米版実機を輸入し、日本で使えるよう基盤交換 or 変換機を使用。


    4.RTAのクリア時間計測用タイマーの見方

     ゲーム画面とタイマーを並べてネット配信(または動画作成)し、記録を計測・証明します。
    界隈ではポピュラーなソフト「Live Split(ライブスプリット)」を私も使用しています。

     全項目を文章だけで説明するのはかなり難しいので、最低限、中央の大きなタイマーが今測っている記録だと分かっているだけでも、RTAを初めて見てもらうには充分です。
     実際の配信でタイマーが動く所も見ると、徐々に分かる項目・知りたい項目が増えるかも。

      
    (まだ私がタイマー計測した回数が少ないため、説明例に適したタイム内容にはなっていない)

    (1)上の黒枠
     [1行目] ゲームタイトル名 [2行目] カテゴリ名(俳句みたいなのは私が編集で勝手に追加)
     [分数] (途中でやめずにクリアまで通した)完走回数 / 試行回数(成功・失敗に関わらず)

    (2)黒枠の下に並ぶ、小さなタイム群
     [右列] 区間ラップ:途中経過。3000m走ならトラック1周目・2周目…のタイムみたいな。
    ドンキー3は、ワールド1~8+バナナバード回収区間の、計9区間を計測するのが一般的。
    (※ただし画像例は、ワールド2の6コースのみ計測したもの。私のワールド練習用タイマー)

     [左列] 区間名:一般的には、区間ラップを取る際の、ゲーム内の進行度合いを名前にする。
    「ワールド1~8」「W1~8」「コース1~6」等の数字、またはワールド名・コース名を書く。
    (※私はワールド名でなく、その区間の攻略メモにしている。数字はベアコイン回収目標枚数)

     [中央列] 以前自己ベストでクリアした時の区間ラップと、今の走りの区間ラップを比較。
    マイナスがついていれば以前より早い、プラスがついていれば以前より遅い。

     「区間ベスト」今までの走りで最も早い区間ラップ(全体タイムが早いか遅いかは無関係)

     薄緑「タイムも区間も早い」以前自己ベストでクリアした時よりも、区間通過時点の全体タイムも早いし、区間ラップも早い。ただし、区間ラップは区間ベストよりは遅い。

     濃緑「タイムが早く、区間が遅い」以前自己ベストでクリアした時よりも、区間通過時点の全体タイムは早いが、区間ラップは遅い。

     薄赤「タイムが遅く、区間が早い」以前自己ベストでクリアした時よりも、区間通過時点の全体タイムは遅いが、区間ラップは早い。

     濃赤「タイムも区間も遅い」以前自己ベストでクリアした時よりも、区間通過時点の全体タイムも遅いし、区間ラップも遅い。

    (3)中央辺りの、大小4種のタイマー
     [1行目] 今の走りの全体タイム(リアルタイムで動く)。ストップ後は、その走りの記録。
     [2行目] 今走っている区間ラップ(リアルタイムで動く)。ストップ後は、最終区間の記録。

     [PB] パーソナルベスト:今走っている区間(ストップ後は最終区間)を、以前自己ベストでクリアした時のラップ。

     [Best] ベストセグメント:今走っている区間(ストップ後は最終区間)で、過去に記録した区間ベスト。

    (4)下の4行のタイム群
     [Previous Segment] 今の走りの直前の区間(ストップ後は最終区間)を通過した時点で、更にもう1つ前の区間通過時点と比べ、全体タイムが何秒早くなったか、遅くなったか。
    (単純に、上下に並んだ2つの区間ラップの差と一致)

     [Possible Time Save] 今走っている区間を、もしも過去に記録した区間ベストと同じタイムで通過した場合、全体タイムが何秒縮まるか(ストップ後は表示すべき区間がなくなる)

     [Best Possible Time] まだ走っていない区間全てを、もしも過去に記録した区間ベストと同じタイムで通過した場合、全体タイムが何秒になるか(ストップ後はクリアタイムと一致)
    (直前に通過した区間までの全体タイム+残りの区間の区間ベスト)

     [Sum of Best Segments] 過去に記録した区間ベストを、全区間足した合計値。


    ※タイマー画面の背景(蛇足)
     任意の画像を設定可。私の愛するミュージシャン、三柴理さん(右)と大槻ケンヂさん(中央)
    元のMV:筋肉少女帯「エニグマ」 https://youtu.be/MeyP1XneQw0


    5.ドンキーRTA走者を一部紹介(敬称略)

     すいまい:ドンキー3(any%・103%含め12部門で世界1位) / ロマサガ3(3部門で世界1位)
     こぱん:ドンキー3(103・104・105%の元・世界1位)

     がーすー:ドンキー2(102%世界1位) / ドンキー3(103%)新人大会出場(新人とは)
     炎龍:ドンキー1(any%世界1位、101%世界4位かつ日本1位)


     炎龍・がーすー・すいまい:RTAinJAPAN3出場(ドンキー3部作306%完全クリアリレー)
    18.12.31(14:55) https://rtainjapan.net/schedule/game-title/donkey_relay_complete/


      

      


    6.RTAを始めた経緯と、その後の経過

    (1)ドンキーに出会い、RTAに出会い、ドンキーRTAに出会う
     小学生の頃、ドンキー1・2・3とヨッシーアイランドを、攻略本・ネット情報なく完全クリアしたことを誇りにして生きていた(103%ゲーム内TA 4:58)
     スマブラでも64からSPまで一貫してドンキー使いをやっているくらい、ドンキー好き。

     2017年7月、スマブラfor対戦動画視聴後のオススメ動画一覧から、スマブラDXイベント戦RTAを見て、RTAの存在を知り、色んなゲームを探して見始める。

     8月らじさんのドンキー2any%動画(現在非公開)、9月らじさん・すいまいさん出場のマリオマザーシップ大会(ドンキー3any%部門)に辿り着き、ドンキーRTAを色々探して見始める。

    (2)病気療養中…だけど新人大会があるって聞いたら、参加したい欲に負けた
     2016年度までで仕事を退職して、病気療養中だった(詳細は別記事の年表2016.11.16参照)
    「 RTA以外の活動まとめ(ドグ生写真 / 始発ニコ生・動画 / 映画・音楽ブログ等)」
    https://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar1712260

     寛解して再就職するまでは、RTA配信へのコメント書き込みも、RTA走者デビューもしないつもりでいた。
     とか言いつつ、配信タグはイジって遊んでいた(「慢心マンシーコング」「冷却自在のギャグマシーン」「スーパーザンギーコング2」「スイマイン・ボルト」「163cm」「136cm」等)
     あと、上からリスペクト動画に下コメ字幕つけて遊んでた(全然自重してないじゃないか)


     ところが2018年10月、新人大会の開催が告知される。病気は徐々に快方に向かっているが、まだまだ療養中。ええい、仕方ない! ということで(何が?)走者として応募しちゃった。
     私は完全クリアが好きだから、103%部門への出場を選択(練習も本番も時間かかる部門w)

     この度RTA配信を始めたのは、新しい分野にスモールステップで挑戦し、燃え尽き症候群・達成感・自尊感情を回復する一環だったりもする。そんな大層な大義名分がなくとも、楽しそうだからやりたいのだが。

     最近の生活は、体の治療・心の治療・再就職相談・再就職準備(経歴整理)などで週4~5日は外出するので、RTA練習・配信は合間に無理のない範囲で行うことになる。新人大会まで期間が短い中、ルートが堅実で上達も遅くて、見応えがない感じになるかもだけど、ご容赦をば。

    (3)輸入絡みのトラブルや、腕の痛みで練習が捗らず…
     103%RTAに最適な北米版ソフトをアメリカから輸入する手続きをして半月間待ちつつ、WiiU VC(日本版)でコース練習。クイックセーブ・クイックロード機能は習得に役立った。

     受取後、SFC ⇔ SNES変換機で起動するも、コピーガードが発動。画面が怖い(泣)
    結局、基盤を交換して起動に成功。特殊ネジ用ドライバー「DTC-20」でSFCソフトを分解。北米版もDTC-20使えそうに見えたが結局使えず、マイナスドライバーを隙間に刺して分解。

      

     2週間ほど北米版で練習するも、明白なきっかけもなしに故障。ボタン電池を交換し、無水エタノールと接点復活剤を端子に塗布するも、起動できる・できないが不安定すぎて諦める。

     11月(大会まで2ヵ月)、今からまた1本ずつ輸入して、またハズレだったら間に合わない。
    と判断して、北米版3本を追加で輸入。3人の出品者からの商品を一括梱包で輸送する手続きをしたところ、うち1人の発送が遅れに遅れてしまう。注文から1ヵ月近く待って、12月に受取。
    (分割発送だと、そのつど国際送料がかかって、今回なら3倍になってしまうので止む無し…)

     基盤交換のためのSFCソフトも更に3本用意したが、結局交換の必要はなく、北米版3本とも変換機で起動に成功(たまたま輸入した最初の1本で、ゴミを掴まされていた模様…)

     ドンキー3北米版(平均)2500円×4本、国際送料2500円×2回、中古SFC76円×4本…(殺意)

      

     話は前後するが、北米版3本を待つ間、ベアコイン回収ルート研究のため、攻略本を探す。
    通販で15種類も売っていた(当時の攻略本バブルすげー)ので、とりあえず6冊購入。
     結局、隠しベアコインの位置が書いてあるのはたった1冊(写真の左端)。残りは売却した。


     12月、様々なトラブル込みで遅れた分を取り戻そうと、練習時間を増やしたところ、左の前腕~左手の甲の筋を痛めてしまい、結局休ませながら少しずつ練習することに。
     RTA大会応募以降、少しずつ書き溜めてきたブログ4ページ分を仕上げ、こうして投稿する運びとなった(よりによって誕生日に総仕上げをし、翌日やっと投稿できた。何やってんだろ)

    (4)ブログ投稿時点での、練習の進捗状況…多分間に合う!(多分)
     WiiU VC版で全48コースの練習を一通り完了。遅れて届いた北米版で、日本版との最大の違いであるカオス戦の特殊技「2サイクル」「3サイクル」を練習(タル100連発はまだ…)

     北米版でワールド別に通し練習(ミスしても基本リセットせずゴールする練習)。ワールド1・2・4は一応通したが、まだまだ更新の余地は充分(103%はW3より4を先に攻略するのが定石)

     今後ワールド5まで通せるようになったら、ベアコインをW1~5でどう回収するかルートを定める。W8まで通せたらワールド別練習を終え、いよいよゲーム全体の通し練習を始める。


        


     大会本番まであと3週間…間に合うの!?w コース別練習の時の手応え的に、多分大丈夫!
    年末年始は、病院での治療も心理相談も休みになるので、腕を痛めない程度に時間増やす!
    自分のタイムが遅いことは自覚しているが、安定重視で練習!(2章で書いた目標の通りに)

     そして12.29のドンキー勢忘年会にも参加するので、それまでに少しでも配信して、自分のことも多少知ってもらう!(配信するの自体5年ぶりなんで、まずリハビリでテスト配信からw)




  • 広告
  • RTA以外の活動まとめ(ドグ生写真 / 始発ニコ生・動画 / 映画・音楽ブログ等)③

    2018-12-23 22:40

    1~5章(前の前のページ) https://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar1139438
    6章(前のページ) https://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar1712034


    7.ネット上の活動年表 B (2013~2018ドグ生でレアキャラ化して以降)

     日付をコピペしてページ内検索すると、該当箇所をすぐに見られます。
     (検索コマンド:Windows「ctrl + F」/ Mac「command + F」)

    2013.02.23 著名ゲストとのトーク番組 (崎元仁・岩田匡治・仲間将太) @ドグ生「D-WAVE」
    2013.06.24 筋肉少女帯(2013.06.22中野サンプラザ) 音楽ライブレポート @始発ブログ
    2013.09.14 「アンパンマン体操」 @始発動画
    2013.09.14 「バトルキッド」(NES) 隠しパスワードステージ攻略方法解説 @始発コミュ
    2013.10.12 「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」 @ドグ生
    2013.11.15 「【神田カレーグランプリ2013】全15店舗を食べ尽くしてみた【日本印度化計画】」 @始発ブログ

    2014.09.07 「大魔界村」「超魔界村R」「極魔界村改」 @ドグ生
    2014.09.16 ドグ生宛てビデオレター「Lose Yourself」エミネム嘘字幕 @始発動画

    2015.01.26 「年50本以上邦画を観た人が選ぶ、2014年ベスト邦画ランキング」編集参加 @とと企画
    2015.07.30 「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」 @ドグ生
    2015.12.21 「ガルパン劇場版のみ観て、知波単はいらない子だと思ったら、いつの間にか福田×西に尊さを見出していたので「福西」と名付けた(ネタバレ感想)」 @始発ブログ

    2016.08.27 「ゼルダの伝説 風のタクトHD」 @ドグ生
    2016.11.16 「【アニサマ2016】筋肉少女帯しかCD持ってないアニソン素人奴が行った結果ww【筋少解説付き】」 @始発ブログ

    2017年初頭  病気で保育士(学童保育)の仕事を退職、現在も病気療養中
    2017.04.02 「ファイナルファンタジー6」(iOS版) @ドグ生
    2017.09.02 「ピクミン」 @ドグ生

    2018.05.24 「P(ピー)の64スマブラCPUトナメ実況@wiki」編集参加 @莉音企画
    2018.06.30 「メタルギア スネークズリベンジ」 @ドグ生
    遡ること2017.12.12 女装撮影スタジオ初体験、性的マイノリティとしての新たな一歩
    2018.10.08 「スーパードンキーコング3」RTA新人大会 開催告知 @すいまいコミュ


    【注】5~7章は内輪的かつシュールすぎる世界観につき、閲覧は自己責任で!


    2013.02.23 著名ゲストとのトーク番組 (崎元仁・岩田匡治・仲間将太) @ドグ生「D-WAVE」
     「D-WAVE」という番組の体裁で、ゲストと観客を招いて、貸切会場ナインティから配信。

     3名のゲストはなんと! 「伝説のオウガバトル」「タクティクスオウガ」のゲームBGM作曲を担当した、崎元仁(さきもと・ひとし)さんと、岩田匡治(いわた・まさはる)さん!!!
    VGO(ビデオゲームオーケストラ)のプロデューサー、仲間将太(なかま・しょうた)さん!

     私は中学の時からオウガシリーズの大ファンで、客席から観覧。一生モノの記念になった。
    配信中の質問コーナーでは、質問メモを用意したにも関わらず、緊張と興奮で声がガクガク。
    配信後、持って行ったオウガのソフトにお二人のサインを頂き、握手と記念撮影で泣く始末w

     この時ばかりは、昔からの縁であるドグマさんの、出世ぶりと人脈に頭が上がらなかった…
    (前述の12年12月のくだりでは言いたいこと言ってるくせに、調子のいい話であるw)
    ドグマさんとはイベントやオフ会で数回対面・共演してきたが、これが18年現在最後の対面。

     ↓イベント参加にあたり、楽曲の感想をメモした公開マイリスト(私=マイリス主≠動画主)

      


    2013.06.24 筋肉少女帯(2013.06.22中野サンプラザ) 音楽ライブレポート ブログ投稿
     人生初のブログ。6ページ分割で投稿する予定だった。動画上部のニュースタイトルが流れる領域で、1ページ目へのリンクが紹介され、一時的に閲覧数が伸びる。 閲覧:約7000回

     しかし、意気揚々と2ページ目を投稿したら、運営が削除。1ヵ月間投稿停止措置も受ける。
    筋少のアルバム「キラキラと輝くもの」のジャケット画像を載せたところ、裸婦の絵が性的に不適切なため、との理由(特に猥褻感を押し出した絵ではなく、絵画系のタッチなのだが…)

     再投稿できない間に、1ページ目に「情報に中身がない」などのコメントがつき(序章だからそりゃそうだ)、執筆にかかる時間や仕事の忙しさも言い訳にして、モチベ死亡。現在非公開。


    2013.09.14「アンパンマン体操」動画投稿http://www.nicovideo.jp/watch/sm21828582

     全身タイツを着て、幼児体操を踊るだけの動画。作成した経緯は、動画説明文を参照。
    赤いペプシマンタイツは、以前のロケで使った後に洗濯したら、色落ちしちゃった(高いのに)

     映画「ゼンタイ」の橋口亮輔監督から、私のタイツにサインを頂いた!(ロケで汚れてるw)

      


    2013.09.14 「バトルキッド」(NES) 隠しパスワードステージ攻略方法解説 @始発コミュ
     上記の体操動画投稿の記念に、1年ぶりに自分で配信(そして次の配信まで5年の時をまたぐ)
    2012年11月の配信と同じゲーム(別ステージ)。配信プレイする知り合いが増えたので解説。


    2013.10.12 「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」72時間スペシャル @ドグ生
     「スタッフが車で全国数ヵ所のスポットを回り、現地に集まった視聴者からゲームソフトを100本集める」という(よく分からない)企画が立ち上がる。
     古参視聴者であり私も顔見知りである「This is 腸」さんが、現役スタッフとしてそのコーナーを担当すると聞き、8ヵ月ほど離れていた私が急に現れたらネタになるかもと思い立つ。

     譲渡用ゲームソフト11本購入。それを鎖状につなげるためビニール製シートを購入・切断。
     腸さんがゼルダシリーズの主人公リンク、私が回復の泉の妖精。ソフトを渡すストーリー。

      


    2013.11.15 食レポ ブログ投稿
     「【神田カレーグランプリ2013】全15店舗を食べ尽くしてみた【日本印度化計画】」
     https://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar343639 閲覧:約2100回

        

     カレー大好き! というか、ハーブ・スパイス・辛い物が好き! 一時期はドグ生の一部視聴者と共にカレー部を名乗っていたが、最近は愛を叫ぶ機会が減ったなーと思い立って投稿。
     あれこれ批評しておきながら「結局は個人の好み次第」が結論(暴論)、というやっつけ感。

     ちなみに、基本何でも食べられる(イクラと強い酸味の物は苦手)。好きな飲食物の一例↓
    日本酒(特に上善如水の純米大吟醸)/マンデリンコーヒー/カカオ70%チョコ
    アボカド/大葉/パクチー/インド・タイカレー/味噌・白湯ラーメン、まぜそば


    2014.09.07 「大魔界村」「超魔界村R」「極魔界村改」48時間スペシャル @ドグ生
     歴代関係者がドグ生にビデオレター動画を送る企画で、その1人として依頼を受けて作成。
    配信が謎の感動っぽい空気になり「今までありがとう、ドグ生卒業です!」と評価(?)される。

     配信アーカイブ(動画紹介部分への時間指定リンク)
     https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=rAdoV2Xg--8&list=PLQqFIXnHhtmdImv3PxkiiBko6c0DpaDpU#t=629

     全身タイツを着て、エミネムの「Lose Yourself」を歌う映像を撮り、本来の英語歌詞とは全く違う日本語字幕を編集で追加。ニコ動の「エミネムさんが教えてくれるシリーズ」における「嘘字幕」手法のパロディである(「シハネムさんが教えてくれる嘘字幕シリーズ」と命名)

     字幕内容の元ネタ:①原曲の正式な和訳+②エミ教シリーズ動画で使われるテンプレ嘘字幕
    +③ドグ生に関する私の思い・思い出(写真・広告・コテハンネタなど)
    +④ホドロフスキー監督の名言(映画『ホドロフスキーのDUNE』『リアリティのダンス』)


    2014.09.16 ドグ生宛てビデオレター「Lose Yourself」エミネム嘘字幕 動画投稿
     「シハネムさんがドグ生について教えてくれるそうです」
     http://www.nicovideo.jp/watch/sm24480910

     上記14.09.07のビデオレターを独立動画として公開。
     特にドグ生の情報・興味なくても、狂気のタイツラップ動画としてお楽しみいただけます(?)

      


    2015.01.26「年50本以上邦画を観た人が選ぶ、2014年ベスト邦画ランキング」@とと企画
     14年公開の邦画約600本から、参加者13人で投票・批評する企画。 閲覧:約98000回

     総合順位+全員の映画別批評→ https://matome.naver.jp/odai/2142116549197608901
     私個人の順位+総評部分↓
     https://matome.naver.jp/odai/2142116549197608901/2142210364472860503

     この年は161本(うちランキング対象作品77本)鑑賞。金・時間・体力・電車移動、玉石混交の作品群に潜む地雷(見ても得るもののない作品)にもめげず惜しまず、憑りつかれたように映画館を渡り歩いていた(もはや狂気)。でも、色んな知見・感性・感動を得たから後悔はない。

     生涯のお気に入り作品はツイフィール(中央辺り)に記載 http://twpf.jp/Shihatsu_Reikon

     16年の病気以降は鑑賞も感想ツイートもほぼなく、映画系のフォロワーさんごめんね状態…


    2015.07.30 「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」100時間スペシャル @ドグ生
     13年10月も参加した「This is 腸の全国ツアー」は毎年恒例化したらしく、2年ぶり参加。
    前回は東京で撮影したが、今回はあえて東京でなく、新幹線で岩手県一関にて合流(滞在1時間)

     譲渡用ゲームソフト、ピンクの羽(タイツと別売りで腕に装着)、虫取り網を購入。
    虫取り網がハミ出したリュックを背負って、新幹線で往復移動(不審者スタイル)

     14年のビデオレターがウケたこと、年1~2回くらいしかドグ生に関わらないこと、金はかけるが時間はかけずに遠方でロケすること、などが相まって、「レアキャラ」「レジェンド枠」に立ち位置が変化。写真を送ること自体が出オチでウケるが、肝心の写真はネタ切れ感満載。
     企画主旨・衣装・構図・ストーリー全て、13年の写真の天丼(という名の焼き直し)である。

      


    2015.12.21 アニメ映画 ブログ投稿
     「ガルパン劇場版のみ観て、知波単はいらない子だと思ったら、いつの間にか福田×西に尊さを見出していたので「福西」と名付けた(ネタバレ感想)」
     http://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar929072 閲覧:約42000回

     タイトル長すぎでは?w 閲覧が4万回を超えているのは、扱っているコンテンツのお陰。

     基本的にはテレビ版→劇場版の順に見るべきだろうが、劇場版を先に見た私でも楽しめた。
    知波単学園の福田隊員と西隊長のカップルは初見さんにこそオススメだよ、という話。
     なぜわざわざ劇場版を先に観たの? という経緯はブログ冒頭を参照。

     ↓ランダム来場者特典は偶然にも、「福田×西」と彼女達を導いた「アヒルさんチーム」!



     ちなみに、アニメは昔から大好き(近年は新作多すぎて1クール10本以内に抑えているけど)
    マンガは好きな時に読めるからって自重せずに買うので、自宅の蔵書数が2500冊を突破(6畳)

    生涯のお気に入り作品はツイフィール(中央~下辺り)に記載 http://twpf.jp/Shihatsu_Reikon


    2016.08.27 「ゼルダの伝説 風のタクトHD」100時間スペシャル @ドグ生
     毎年恒例「This is 腸の全国ツアー」において、東京在住のくせに東京以外の土地でわざわざ合流する、というネタも恒例化しようと考え、新幹線で静岡にて合流(相変わらず滞在1時間)

     若い頃の腸さん画像を貼った痛車「腸カー」をバックに、同行スタッフ無垢くんと撮影。
    彼も古参視聴者かつ現役スタッフであり、写真職人仲間。時間があれば構図を捻りたかった。
     配信のテーマが「原点回帰」だったので、私も2010年の写真の原点・WiiFitボードを持参。
    ゲームソフトを集める企画なので譲渡した(結局2年後、WiiFit U とボードを買い戻したがw)

      


    2016.11.16 筋肉少女帯(2016.08.28アニメロサマーライブ)音楽ライブレポート ブログ投稿
     「【アニサマ2016】筋肉少女帯しかCD持ってないアニソン素人奴が行った結果ww【筋少解説付き】」
     http://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar1098277 閲覧:約8100回

     毎回タイトル長すぎでは?w 煽り系のスレタイ風だけど、内容的にディスは一切ない。

     大好きなバンド「筋少」が、アニメ「うしおととら」のオープニング2曲を引っ提げて、アニメソングの大型ライブイベント「アニサマ」に初出演!

     私はアニメ好きだけど、アニソンやアニソンライブには詳しくない、という状況で参戦。
     筋少 or アニソンどっちかだけ好きだという人に、どっちも知ってもらおう、という主旨のブログで、感想と解説と楽曲試聴動画リンクをふんだんに盛り込んだ(ふんだん過ぎた)


     ちなみに、好きなミュージシャンの音楽(CD・ライブ)を聴くのは、私の生きがい・生命線。
    ワンマンライブが好きなので、対バンやフェスも行く人よりは少なめだけど、年30回は行く。
    遠征も基本行かないが、東京で聴けない企画があったら行く(過去:大阪・宮城・群馬・栃木)

     生涯のお気に入り作品はツイフィール(上の辺り)に記載 http://twpf.jp/Shihatsu_Reikon

     16年末の病気以降はライブ感想ツイートもほぼなく、音楽系フォロワーさんごめんね状態…



    2017年初頭 病気で保育士(学童保育)の仕事を退職、現在も病気療養中

     割と大手企業だったので、世間のイメージより給料はしっかり貰っていたし、仕事の成果・評価は高かったから、それを拠り所にして騙し騙し働いてきたけど、忙しすぎた。命を預かる、苦情予防する、主任として人間関係を調整するとか、気を張り巡らせ続けるのに疲れた。
     身バレ回避のため病名・詳細は伏せるが、精神症状・脳・心臓・足腰・目など、2016年途中からアチコチがおかしくなっていき、退職後も症状は続いた。

     2018年末現在も療養中だが、快方に向かっている。ツイッター等SNS・ネットの書き込み、ライブ・映画館などの外出は相当に減ったが、無理のない範囲で楽しめるようになってきた。

     この度RTA配信を始めたのも(≒こんな長文ブログわざわざ書いたのも)、(過去を総括・受容しつつ)新しい分野にスモールステップで挑戦し、燃え尽き症候群・達成感・自尊感情を回復する一環だったりもする。そんな大層な大義名分がなくとも、楽しそうだからやりたいのだが。

     最近の生活は、体の治療・心の治療・再就職相談・再就職準備(経歴整理)などで週4~5日は外出するので、RTA練習・配信は合間に無理のない範囲で行うことになる。新人大会まで期間が短い中、ルートが堅実で上達も遅くて、見応えがない感じになるかもだけど、ご容赦をば。


    2017.04.02 「ファイナルファンタジー6」(iOS版) @ドグ生
     上記の通り病気療養中だが、外出ができるようになり始めた時期に、この配信がニコレポでたまたま目に入った。真面目すぎ・我慢しすぎでおかしくなったんだし、ここらで(無理のない範囲で)久々にバカやって、リハビリの一環にしよう、と思い立つ(リハビリの域を超えた暴挙)

     配信アーカイブ(写真紹介部分への時間指定リンク)
    https://www.youtube.com/watch?v=QkUC1XEyuxQ&feature=youtu.be&t=1h22m50s
    配信内トークの補足:×介護士→〇保育士 ×「始発」はドグマが名づけた→〇自ら名乗った
    ×配信は欠かさず見てた→〇年数回 ×全身タイツフェチ→〇ネタ写真を人と差別化する道具

     2011年から長らくロケを共にしてきたデジカメが昇天。急遽スマホで撮影(縦横比が異なる)
    待ち針100本セットを購入し、砂浜ロケを敢行(無理のない範囲で(無理とは一体))
    FF6に登場する敵モンスター「サボテンダー」の必殺技「はりせんぼん」を完全(?)再現。

     ②

     ④ ⑤


    2017.09.02 「ピクミン」100時間スペシャル @ドグ生
     毎年恒例「This is 腸の全国ツアー」に合わせ、新幹線でわざわざ東京→静岡へ(滞在1時間)
    ということで、16年8月とだいたい同じことしてる(年1回の企画なのに私のネタ切れ感)

     2010ガラケ→11初代デジカメ→17スマホ(その場しのぎ)→17二代目デジカメを遂に購入。
    ピクミンの頭花(生花)、オリマーのヘルメット(調理用ボウル)、譲渡用ゲームソフトを購入。

     腸さんがオリマー、私が赤ピクミン。引っこ抜かれて~あなただけについて行く~(ホラー)
    無垢くんが紫ピクミン…の予定も、持参した紫タイツが小さく、ジャージで代用(伝わらない)

      


     あと、この時期?に「ドグ生トレーディングカード」なるものが制作され、イベント等で参加者に配布されていた模様。新旧様々な関係者のネタ写真に混じり、私のカードも作られた。
    LR(レジェンドレア)扱いらしい。ガチャやらないから、どれくらいレアなのか分からない…w

     被写体である私に連絡なく制作された(肖像権とは)けど、未だに面白がって関係者の一因に加えておいてもらえるのは、まんざらでもない(ありがたいことな)ので、私的にはOK。
    あの人に写真渡した時点で肖像権フリーみたいなとこ、昔からあるしね…w
     とはいえ、どうせ無断で作るならせめて、私にも1枚くれよw




    2018.05.24 「P(ピー)の64スマブラCPUトナメ実況@wiki」編集参加 @莉音企画
     https://wiki3.jp/cpu_64/page/6

     64スマブラでCPU操作キャラに選手名をつけ、プリンス(有名スマブラー)が実況する動画。
    第6回大会途中で、視聴者発祥のwikiが発足。不特定多数の閲覧者が匿名で記事を編集する。

     私も第2回大会からの視聴者。「登場人物」紹介ページの一部などをたまに編集している。
    例:「多彩な技が光る、新時代の光明」「変幻自在の道化師」「狂い咲きキャンパスロード」
    「豪運を運ぶまねきねこ」「暴虐と反逆のレッドデビル」「電光石火のインファイター」等。

    中でも「新時代の光明」は選手公式の肩書きとして動画に逆輸入され、定着して嬉しい限り。

     元々ドンキー使いである私の推し選手:Dr.神様(ドンキー)、悪魔の下目使い(カービィ)
    Φデスエンペラー(ファルコン)、疑惑の恋人アルベルト(ドンキー)、ケ(ヨッシー)

      


     ちなみに、テレビゲームは小学生~大学生までアホほどやってた(基本レトロ系・2D好き)
    生涯のお気に入り作品はツイフィール(下の辺り)に記載 http://twpf.jp/Shihatsu_Reikon


    2018.06.30 「メタルギア スネークズリベンジ」(NES) ドグマ10周年スペシャル @ドグ生
     動画初投稿から10周年、初配信から8周年だそうで、お祝い(になっていない)写真を投稿。
    「全然OK! ダイバーシティだよね! 時代は多様性!」と評価(?)される。

     配信アーカイブ(写真紹介部分への時間指定リンク)
    https://www.youtube.com/watch?v=x9jtdTesAoQ&feature=youtu.be&t=4h7m50s
    ↓一応配信内トーク補足(放送上、写真が笑えるよう話を盛ってくれているのは理解した上で)

    △バイセクシャル→〇細かく言うとバイジェンダーかつポリセクシュアル(なんだけど、世間的には知名度ないから、放送上分かりやすい表現を選んで説明してくれたと考えるとありがたい)

    ×女性の姿もタイツの姿も公表して生きていく→〇女性の姿も男性の姿も(とメールに書いた)
    ×10年前からそうだと思ってた→〇面識ができたのは8年前(ドグ生配信が始まった年)
    ×僕をいやらしい目で見ていた→〇見てないよw(私の好みのタイプは三柴理・石井智宏)

      

      


    遡ること2017.12.12 女装撮影スタジオ初体験、性的マイノリティとしての新たな一歩

     女性装の写真2枚は、この配信の半年前、人生で初めて女性装を体験した時に撮影したもの(タイツの2枚はこの配信に合わせて撮影)。女装撮影スタジオ大羊堂にて。プロの技術は凄い!
    (リアルで会っても詐欺とか言うなよ! 写真とリアルは別人なのが当たり前の時代だからなw)


     思春期以降20数年、自分の性的アイデンティティについて迷い、認識も流動し続けてきた。
    自分の性自認は、女性(トランスジェンダー)かも? やっぱ男性かも? あるいは無性別かも?
    自分の性指向は、同性愛かも? やっぱ異性愛かも? あるいは両性愛かも?
     色んな人・情報・芸術作品から刺激や理解・支えを得て、考え続け、「バイジェンダー」という性自認、「ポリセクシュアル」という性指向の概念に納得し、やっと自分を肯定できた。

     特に、自分の中の女性的な感覚や願望ももっと大切にしていいんだ、という気持ちは長年抑圧し続けてきたが、女性装に挑戦することで一歩踏み出すことができた。
     挑戦のきっかけとして、ミュージシャン大森靖子さんの言葉に励まされたことにも感謝。




     セクシュアリティの詳細説明はツイフィール(冒頭)に記載 http://twpf.jp/Shihatsu_Reikon

     女性装を初体験した当時の経緯・心境と、大森靖子さんへの思い(ツイッターのスレッド)
     https://twitter.com/Shihatsu_Reikon/status/940932443095277569

     ドグ生に女装写真を投稿した当時の経緯・心境・補足説明(ツイッターのスレッド)
     https://twitter.com/Shihatsu_Reikon/status/1014517748989288449


    2018.10.08 「スーパードンキーコング3」RTA新人大会 開催告知 @すいまいコミュ

     来たる2019.01.13の新人大会に応募した。RTA関係の詳細は別の記事にまとめた!
     「始発のRTA方針まとめ(ドンキー3新人大会103%部門出場)+RTA概要解説」
     https://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar1712284

     ↓主催者すいまいさんのニコ生コミュニティ




  • RTA以外の活動まとめ(ドグ生写真 / 始発ニコ生・動画 / 映画・音楽ブログ等)②

    2018-12-23 22:38

    1~5章(前のページ) https://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar1139438
    7章(次のページ) https://ch.nicovideo.jp/shihatsu/blomaga/ar1712260


    6.ネット上の活動年表 A (2010~2012ドグ生メインで活動した時期)

     日付をコピペしてページ内検索すると、該当箇所をすぐに見られます。
     (検索コマンド:Windows「ctrl + F」/ Mac「command + F」)

    2009年頃 「ミスピーチワールド」 @してくべ動画
    2010.06.12 「ドラゴンナイト2」 @ドグ生
    2010.08.14 夏コミックマーケット @ドグ生
    2010.08.28 「ノスフェラトゥ」「同級生2」 @ドグ生
    2010.09.03 「ドラえもん」 @ドグ生
    2010.09.11 「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」 @ドグ生
    2010.10.06 グッズTシャツ通販開始 @ドグ生
    2010.10.30 オフ会:「ペプシマン」「くにおくん大運動会」+麻雀配信 @始発コミュ
    2010.11.06 「スペランカー2 勇者への挑戦」 @ドグ生

    2011.05.05 ドグ生コテハンリストを眺める枠 @始発コミュ
    2011.05.07 「コナミワイワイワールド」「ドラゴンナイト」 @ドグ生
    2011.06.09 始発力検定 @始発コミュ
    2011.06.18 オフラインイベント @ドグ生
    2011.07.14 パロディ落語 @始発動画
    2011.07.16 「悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ」 @ドグ生
    2011.12.05 「ディズニー体操」 @始発動画
    2011.12.17 「トルネコの大冒険」「電脳学園3」 @ドグ生

    2012.01.14 激辛スナック vs 激辛カレー食べ比べ(水分摂取で罰金) @始発コミュ
    2012.04.28 ニコニコ超会議 @ドグ生
    2012.05.26 「アクトレイザー」 @ドグ生
    2012.08.15 「悪魔城ドラキュラ」 @始発コミュ
    2012.08.16 大槻ケンヂの音楽をドグ生コテハン勢が紹介する枠 @音楽コミュを借りて
    2012.08.25 「風来のシレン」 @ドグ生
    2012.09.15 コメント大喜利 @始発コミュ
    2012.11.02 「バトルキッド」(NES) 隠しアイテム入手エリア攻略方法解説 @始発コミュ
    2012.11.09 ジョジョクイズ(第1~2部) @始発コミュ
    2012.12.23 「アサシンクリード」 @ドグ生「ゲームキングダム」
    2012年末 ドグ生からフェードアウトし始めた経緯



     ネタ写真画像・動画・ブログのリンクを中心に、当時のできごとを説明付きで掲載。
     各種趣味については、ブログ形式以外にツイッターでも実質ブログのような文章をたびたび書いているが、取り上げるとキリがないので割愛(ツイッターアカ検索したら色々出てくる)

     時系列含め当時のことはうろ覚えにつき、情報はざっくり、思いついたことを片っ端から。
    一部、他の方が作成した動画・画像・イラストも掲載(問題あればツイッターでご一報下さい)


     昔関わっていた配信は、アーカイブもほぼ残っていません。若気の至りでバカをやっていたあの頃の思い出を、いつか振り返れる形にしてネット上に残したいと思っていたので、自分が久々に配信を再開するのをきっかけに、自己紹介がてらブログ化しました。
     数々のバカ写真が私の死後、パスワードかけたPCの中に永久に葬り去られるのを防げた(?)

     こんな写真の何がウケたんだ、と思った方は正常です。当時配信でウケる時もスベる時も、配信者にイジられるトーク込みで救済されていたので、単品で見てもピンと来ないかも…w

     写真を多く取り上げると、必然的にドグ生のことも多く書くことになるけど、別に今も昔も熱狂的な信者・擁護派・イエスマンだったわけではないです。あくまでコメントや写真投稿で自己顕示欲と承認欲求を満たすための場として楽しんでいた、って感じ。


    【注】5~7章は内輪的かつシュールすぎる世界観につき、閲覧は自己責任で!


    2009年頃 「ミスピーチワールド」 @してくべ動画
     何かの実況プレイ動画を見た後に表示されたオススメ動画一覧から、よく分からん動画のパート4に辿り着いてしまう(これが運の尽き)。当時珍しかったTV番組風の編集に喰いつく。
    (割と勘違いされるが、ドグマさんは性的に好みのタイプではない。好みは三柴理・石井智宏)

      


    2010.06.12 「ドラゴンナイト2」(PCE) @ドグ生
     「ミスピーチワールド」動画の作者がニコ生を始めていたことを、ニコレポで発見(配信開始自体は4月~)。サッカーワールドカップ深夜放送の待ち時間に、暇潰しで見始める。

     アダルトゲーム(移植版)の画面を見ながら、下ネタの隠語を視聴者にコメントで打たせ、弾幕を煽るという下品な配信なのだが、馬鹿馬鹿しさと深夜テンションに感覚がマヒして、つい打ってしまう。視聴者と共に作り上げる内輪ノリ感がクセになり、その後の配信にも居つく。


    2010.08.14 夏コミックマーケット:グッズとしてTシャツ販売 @ドグ生
     この日からツイッター開設し、始発電車で参戦。コテハンはなかったが「始発」と名乗る。
     今後実況してほしいゲームとして「ペプシマン」(PS)を持参して紹介するも、プレゼントはしなかったため、後日配信で「ケチ」と罵られる(3ヵ月後には高額ニコニ広告マシンへと変貌)


    2010.08.28 「ノスフェラトゥ」「同級生2」24時間スペシャル @ドグ生
     ゲーム実況と並行し、ゲームソフトと一緒に移った写真を視聴者から募集する企画が誕生。
    他の視聴者が全裸+素顔のネタ写真を送りまくる中、当時保育士だった私は、肌と顔を隠しつつ撮影してネタを差別化しようと考え、全身タイツ+白仮面を購入(タイツフェチではない)

    ①初投稿。「ペプシマン」の実況プレイもやれ m9(。q゜)ノ というメッセージ(煽り強め)

    ②「WiiFitボード」に乗り、夏コミグッズのTシャツを買ったことをアピール(顔は隠しつつ)

     …しただけのつもりが、「白い部屋で、背中の割れた白い全身タイツを着た男が、謎のポーズで壁に貼りついている謎の構図、しかも画像が極端に小さく粗い(当時ガラケのインカメラで撮っていた)」という点が(面白いかどうかはともかく)とにかくシュール、と評価(?)される。

     白い壁に白いタイツで貼りついており、背景にカモフラージュされて何も見えない(という扱いの)ため、配信で紹介されるたび「カモフラ率97%」「ミエンナー」等とコメントされる流れが定着。
    のちに、この「カモフラ貼りつきポーズ」シリーズの写真を量産してこすり倒していく。

     ②


    2010.09.03 「ドラえもん」(FC) @ドグ生
     配信が盛り上がらない→コメントでディスる→お前が面白いこと言え、と言われる→スベる
    →「霊魂」になって消えろ、と言われる→聞き取れず「ベーコン?」と聞き返す→怒らせる
    →配信画面上のコメビュで、コテを「霊魂」に強制変更される(今のツイッターIDの元ネタ)

     その後、他の視聴者も何かのたびにコテを強制変更される流れが定着(通称:強制コテハン)

    ①ベーコンの件の謝罪で投稿。穴があったら入りたい→段ボールに入ろう→段ボールと言えばメタルギアのスネーク→自分のカモフラキャラにもピッタリ(でも大きい段ボール持ってない)
    →スネークのように段ボールに入り、宙を漂う霊魂(白仮面)から身を隠す図(伝わりにくい)

     のちに、「カモフラスネーク in 段ボール」シリーズの写真も量産してこすり倒していく。




    2010.09.11 「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」 @ドグ生
     個人的に、18年現在までで一番好きなドグ生の過去配信(言葉では説明しづらいのだが)

     コメビュ上で真っ黒に塗りつぶされた7人の視聴者「七凶」が誕生。配信画面にコメントは映らないが、黒コメント連投で他のコメントを押し流し始める(私のリアル友人も七凶の1人)
     対抗馬として7人の視聴者「七英雄」が誕生し、黄色く塗りつぶされたコメントで七凶コメントを押し返していく…という(ゲーム実況そっちのけの)戦いが、内輪臭いノリで好き。
    (2012年ドグマさんが公式配信に出演した後は、ドグ生もすっかり公式臭くなってしまった…)


    2010.10.06 グッズTシャツ通販開始 @ドグ生
     夏コミで売られた時は2色だったが、(どう採算を取るつもりなのか)20色に増えて販売。
     次のネタ写真撮影で使うため、全20色購入。ドグ生信者、あるいは散財芸だと揶揄された。
    (割と勘違いされるが、信者でもイエスマンでもない。あくまで自己顕示欲・ネタ写真目的)


    2010.10.30 オフ会:「ペプシマン」「くにおくん大運動会」+麻雀配信 @始発コミュ
     自分のコミュを開設。ドグ生視聴者6人が、私の自宅でオフ会を配信(阿鼻叫喚の黒歴史)
     その後数十人の視聴者と知り合いになり、オフ会は2013年末頃まで不定期に主催していた(東京・北海道・大阪・兵庫・岡山・広島など)。ドグマさんはいない、視聴者だけのオフ会。


    2010.11.06 「スペランカー2 勇者への挑戦」 @ドグ生
     視聴者同士の高額広告合戦が勃発。私は10~12年にかけて、累計30万円ほど広告(散財芸)
    18年現在のように、運営から広告チケットが無料で配布される時代でなく、全額自腹。配信者に還元されるシステムも全くない(クリエイター奨励プログラムやスーパーチャットのような)

     当時保育士とはいえ業界内では給料の高い所に勤めていたが、さすがに今は反省しているw
    (Tシャツ全色購入といい、高額広告といい、自己顕示欲と承認欲求をこじらせた若気の至り)


     その後、(高額か否かに関わらず)広告でネタコメント・ディスコメントをする芸風も定着。
    コメントNGされた際に、釈放を懇願する手段としても使用。「広告BSP」と呼ばれていた。
    広告額を前回の2倍にして少額から積み上げていく「広告倍々ゲーム」も開発(もはや病的)

     広告した時の画面を何かの折に数枚保存していたので、貼っておく(時系列忘れたので適当)
    金に物を言わせた遊びが下品・不快だと思う方は、激しくスルー推奨(賛否あって当然なので)

        

        

        

        


    2011.05.05 ドグ生コテハンリストを眺める枠 @始発コミュ
     ドグ生では配信者が視聴者のコテハンを強制変更することがよくある(通称:強制コテハン)
    しかも大抵、大喜利的に何かしらのワードをもじった悪口・下ネタの類(人名とは思えない)
    例:とっととハメ太郎/今に見ていろ 俺は童貞/もだえ人妻天国3~汗まみれの山瀬まみ~

     私は自分や他の人の変更経歴を、自分のコメビュとWord文書に記録(2010~12で2400人)
    そのリストを眺め、命名の由来や当時の思い出を語る配信を、不定期にしていた(2011~12)


    2011.05.07 「コナミワイワイワールド」「ドラゴンナイト」23時間スペシャル @ドグ生
     写真投稿企画の参加者が大幅に増えた最盛期。全裸(半裸)+素顔(顔面ペイント)がインフレ化する中、上位勢はみんな(互いに事前のネタバレなく)同時期に外ロケを思いつき、踏み切ったのが印象的。私は決勝トナメ準決勝で、直後に王者となる4Lさんに敗北(あれは強すぎる)

    ①~③例のグッズTシャツ20色を壁に貼り、カモフラネタ。タイツも10色ほど追加購入。
    数枚の写真の紹介順を配信者側に指定する「ストーリー形式」を開発、のちの定番に。

     ② ③

    ④~⑥自宅撮影ネタが尽き、初ロケ。デジカメ+三脚を購入(味のあるガラケカメラとお別れ)
    スネークネタを進化させるため、BBガンを購入。ジムで広背筋を中心に全身を筋肥大化。

     ⑤ ⑥


    2011.06.09 始発力検定 @始発コミュ
     始発と風景のコラ画像の中から、カモフラされた始発を探し出す能力を試す(体裁の)検定。
    5~7月を中心に(以後も断続的に)ツイッター上で数人の職人が投稿した画像を、配信で紹介。

        

        

        

        


    2011.06.18 オフラインイベント @ドグ生
     会場貸切で観客を招く催しになぜか駆り出される。案の定トーク力皆無で、基本役立たず。
    オープニングの国旗掲揚コーナーのため、白い布と脚立を購入(脚立はのちの写真でも活用)
    あと、罰ゲームで尻を蹴られた。オーバーリアクションと揶揄されたが、本当に痛かったw

        


    2011.07.14 パロディ落語 動画投稿
     ドグ生を題材にしてパロディ落語の台本を作り、演じた動画を投稿(2011~12年で計3本)
    「まんじゅうこわい」「寿限無」「時そば」が下敷き。出来に納得いかず、現在非公開。


    2011.07.16 「悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ」(PS) 24時間スペシャル @ドグ生
     ミミさんとコラボ写真を撮るため、飛行機で東京→北海道へ(1泊)。札幌はカレーが旨い。
    ファミコン用マットコントローラーと対応ソフトを持参。白仮面を忘れ、大仏マスクを購入。

     全身タイツ × 劇団四季キャッツ in 羊ヶ丘展望台 = 観光客の視線が痛い。

     ①

    ②~④展望台の記念撮影用のお立ち台。③のスタッフに撮ってもらったのが④のフォトカード

     ③ ④


    2011.12.05 「ディズニー体操」動画投稿 http://www.nicovideo.jp/watch/sm16352301

     全身タイツを着て、幼児体操を踊るだけの動画。作成した経緯は、動画説明文を参照。
    数人の視聴者が弾幕コメントを打ったため、内容の薄さに反してコメント数は異常w

     

     あと、動画投稿した日の夜に、コミュニティでBSPが使えるようになった。強烈なコテハン(ドグ生で強制的に命名された名前)を持っている人に渡し、不定期で持ち回り制にしていた。
    歴代:自家発電啓発大臣/全国子ども会会長/普通自給自足免許/おばあちゃんの陰部強打


    2011.12.17 「トルネコの大冒険」「電脳学園3」23時間スペシャル @ドグ生
     写真投稿企画で優勝した際、審査員長のタレント戸井康成さんにコテハン「雷鳥」を貰う。
    雪中に棲む雷鳥の姿が由来。タイツ薄いし濡れるし超寒かった。ウサギは私物のぬいぐるみ。

      


    2012.01.14 激辛スナック vs 激辛カレー食べ比べ(水分摂取で罰金) @始発コミュ
     カレーも辛い物も好きだけど強くはない私が、タイツ姿で悶絶するだけの配信。なぜか来場者とコメント数は多かった。(稼げない)ユーチューバーみたいなことしてたんだなぁ(遠い目)


    2012.04.28 ニコニコ超会議 @ドグ生
    ①グッズの一つとして「始発ビーズ」を物販ブースで売ってくれたらしい(私に利益はないw)

    ②こっちは超会議に無関係だけど、同時期にマイラさんから「始発ドット絵」貰ったw(ミエンナー)
     ニコニコ静画 http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im1829494

     ②


    2012.05.26 「アクトレイザー」23時間配信 @ドグ生
    ①~④新購入のペプシマンタイツ+脚立+外ロケ+ストーリー形式と、過去ノウハウを凝縮。

    ⑤⑥パピヨンさんが過去配信でビリビリに破いた伝説のTシャツをなぜか譲り受けたので撮影

     ② ③

     ⑤ ⑥


    2012.08.15 「悪魔城ドラキュラ」(ディスクシステム版のWiiVC) @始発コミュ
     知り合いが「悪魔城ドラキュラHD」(XBOX360・PS3)の競争(今にして思えばRTA並走)をしている裏で、なぜか私だけ別ゲーで並走するよう依頼があった。ぶっちぎりで敗北w


    2012.08.16 大槻ケンヂの音楽をドグ生コテハン勢が紹介する枠 @音楽コミュを借りて
     オーケンゆかりの楽曲が好きな人を、知り合いから8人集め、リレー形式でスカイプ通話。
    司会は私。仕切り・段取り力がなく、放送トラブルもあり、迷惑かけた。皆さんの力で成立。

     セットリスト(21曲)
    特撮「Invitation」→ソロ「ボヨヨン伝説」→筋肉少女帯「釈迦(アルバム版)」「再殺部隊」
    →特撮「文豪ボースカ」「ケテルビー(アルバム版)」

    →大槻ケンヂと絶望少女達「林檎もぎれビーム!(シングル版)」
    →筋肉少女帯「蜘蛛の糸」「人間嫌いの歌」→空手バカボン「来たるべき世界」

    →UNDERGROUND SEARCHLIE「君は千手観音」→電車「お別れの背景」
    →筋肉少女帯「香菜、頭をよくしてあげよう」「おもちゃやめぐり」
    →特撮「ヌイグルマー ~序章~」→特撮と水木一郎「ヌイグルマー」

    →大槻ケンヂと絶望少女達 Feat. らっぷびと「空想ルンバらっぷ」
    →大槻ケンヂと絶望少女達「空想ルンバ(シングル版)」
    →筋肉少女帯「モーレツア太郎」「未使用引換券」→(リクエストタイム)→ソロ「おやすみ」




    2012.08.25 「風来のシレン」24時間スペシャル @ドグ生
     当時の写真職人デカチンマンさんの「試練の七番勝負」企画の刺客の1人に指名され投稿。
    迷彩柄タイツ購入。掃除機ヘッド持参。夏→ホラー→(ルイージマンションの)オバキューム、という発想。シュールを通り越して視聴者を怖がらせ、引かせてしまったため敗北。

      


    2012.09.15 コメント大喜利 @始発コミュ
     お題作成+司会をなぜか依頼される。回答者の力で何とか企画成立w


    2012.11.02 「バトルキッド」(NES) 隠しアイテム入手エリア攻略方法解説 @始発コミュ
     NES(海外のファミコン)用ソフト。2010年に発売されたインディーゲーム(変換機でプレイ)
    主人公が一撃死する鬼畜2Dアクション。知り合いが配信プレイをしていたので、お助け解説。


    2012.11.09 ジョジョクイズ(第1~2部) @始発コミュ
     問題作成+司会をなぜか依頼される(当時アニメ放映中)。私の一押しは2・7部と4・8部。
     後日、石仮面を被った始発のイラストを、870猫さんから頂く。人間やめました。




    2012.12.23 「アサシンクリード」24時間スペシャル @ドグ生「ゲームキングダム」
     「ゲームキングダム」という番組の体裁で配信。ハガキ投稿を依頼される(署名は私の直筆)
    既に配信をあまり見なくなっていた頃で、ドグ生熱が冷めていることが見て取れる文面…w


    2012年末 ドグ生からフェードアウトし始めた経緯

     2012年1月にドグマさんがニコニコ公式配信に出演して以降、プレイするゲームや配信の雰囲気が(猫を被った)公式寄りになり、スタッフ・出演者もニコニコ界隈で有名な人が増加。

     11年以前の、配信者と有象無象の視聴者が互いにイジったりディスったりキレたり忌憚なく物を言ったりする内輪臭い雰囲気が次第に消えていき、12~13年で視聴者層の交代が急速化。

     ご本人が有名になりたい、やりたいことを実現したい、方針転換が必要、と考え行動するのはご本人の自由。私は一切批判する気はない。ただ私が見たい雰囲気でなくなっただけの話。


     私自身も12年度から保育主任に昇格して忙しくなり、配信視聴モチベ低下に拍車がかかる。

     12年12月、特撮(バンド)の新譜とライブを聴き、元々好きだった音楽の熱が急上昇。ドグ生関係者・視聴者しかフォローしなかったツイッターで、音楽関係のフォロー・話題を増やす。

     13年3月、「悪魔の毒々モンスター」をミニシアターで観て、映画熱も急上昇。映画館をハシゴするようになり、3年間で432本鑑賞(狂人化)。映画関係のフォロー・話題も増やす。