「劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOME」先行上映を観てきた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOME」先行上映を観てきた

2013-03-11 17:00
    3月9日の朝、所用で金沢駅に行っていたが、駅前の金沢フォーラスの入り口に行列が出来ていた。

    用事を済ませて再び金沢駅に戻ると、「P.A.WORKS特製カット袋レプリカ」を手に持って歩く人がたくさん居た。そこで朝に出来ていた行列は、劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOME」の先行公開をいち早く見ようとしたファンや、先行販売のレターセットをいち早く買おうとしたファンの行列だったのだ。「劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOME」は石川県内の4箇所の映画館で9日から先行公開されている。先日食べた「喜翆荘の湯乃鷺御膳」はそのタイアップ商品である。しかし、この時点ではまだ映画を観る予定は無かったので、家に帰った。




    ▲快晴の空と金沢駅前






    ▲快晴の空とポルテ金沢




    その日の夜、アニメ「花咲くいろは」の一挙放送がニコニコ生放送で行われた。ニコニコ動画で配信されていた際に全話鑑賞したが、ここ最近の花いろブームに後押され、1話から13話まで観てしまった。初見のときよりも、内容を知ってしまっている今回の方が楽しめた。







    ▲竪町でのワンシーン




    一挙放送が始まる前、公開初日に映画を観て先着入場者プレゼントを入手したとのツイートを見かける。その中でも、「原画・動画」は一つひとつ違うものが入っているというので、誰のどのシーンを手に入れたとかいう話で盛り上がっている。それを観ていると、だんだん自分もそれが欲しくなってきてしまう。


    その日自分がおこなった放送でも、視聴者から「今日からいろはの映画やってるみたいだけど見んのけ?_?」とコメントされてしまい、12年ぶりに映画館に行くことを決意した。ちなみに私が最後に見た映画というのは、セレビィ時をこえた遭遇」である。


    思い立ったが吉日で、翌日の午後から金沢フォーラスに向かった。昨日の行列を見ていたので、満員で入場できないのではないかと心配したが、席はかなり空いていた。館内には花いろ関連のポスターや人型パネルが置いてある。




    ▲声優陣のサイン入りポスター




    ▲人型パネル










    上映前に、シネマ入り口で「P.A.WORKS特製カット袋レプリカ」を受け取った。中にはクリアファイル2枚と、原画・動画一枚、そして「花咲く春のオムライスシールラリー」の台紙が一枚入っていた。その場で確認したところ、原画・動画は徹さんの動画だった。徹さんはああ見えて、私と2歳しか違わないので驚きだ。


    映画は66分間と、アニメ3話分の長さだった。一挙放送を観た後だったので、短く感じてしまうのではと思っていたが、良い意味で長く感じた。久しぶりに大きなスクリーンで観たのもあって、超大作を観ているようだった。これまではニコニコ動画のプレイヤーでしか観たことの無かったので、最初のプールの場面での水の表現を観たとき、映像の綺麗さに驚かされた。



    ストーリーは全編オリジナルだった。若い頃の皐月の話や、菜子の妹の話など、66分にしてはかなり詰め込まれていた気がする。3月30日には全国の映画館で上映が始まるので、アニメ本編を鑑賞した読者は、映画も鑑賞しに行くことをオススメする。





    ▲P.A.WORKS特製カット袋レプリカ





    ▲アニメ描き下ろしクリアファイル






    ▲岸田メルイラスト使用クリアファイル





    ▲徹さん






    ▲花咲く春のオムライスシールラリー台紙



    著者:しみっちゃん
    twitter:
    @shimitchan
    コミュニティ:
    co1062872



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。