ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

艦これ第二期:EO(3-5)攻略
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ第二期:EO(3-5)攻略

2018-09-07 18:30

    2018年8月17日に第二期となり
    大きく変更がある海域もありましたが
    3-5は第一期と特に変わりません

    ルート固定条件や詳細については艦これwikiをご覧ください

    3-5 北方AL海域

    第一期と変わらないので、第一期と同じ編成で攻略しました

    ルート固定に関する条件(2018年9月6日時点)
    北ルート(BDHK)の場合
    ・空母+戦艦=3隻以下
    ・潜水艦3隻以下
    ・揚陸艦を入れると空母+戦艦が2隻以上だと逸れる?
    ・Hマス→Kマス(ボスマス)へは索敵値がある程度必要

    準南ルート(FGKorBCFGK)については条件が色々あるので艦これwiki

    南ルート(FGK)の場合
    ・軽巡1・駆逐5または駆逐6でほぼこのルートになります
    ・軽巡1を水母や潜水艦に変えても到達した報告があります
    ・Gマス→Kマス(ボスマス)へは索敵値が少し必要

    以上の3つのルートがあります
    それぞれにメリットデメリットがあるので、提督さんのプレイスタイルによって
    決めるのがいいと思います
    ※あくまでも個人的主観なので、その点はご留意ください
    北ルート(BDHK)メリット
    ・強力な編成が組めるので、ボス戦は容易に勝つことができる
    ・Hマスではまるゆのドロップチャンスがある
    ・潜水艦入り編成の場合はHマスの突破率を上げることが可能
    デメリット
    ・資材消費量(特にボーキ)が3つのルートで一番多い
    ・道中(特にHマス)で大破する可能性がある
    ・制空値要求が高い(特にラスダン時)ので、ある程度の艦載機が要求される
    ・潜水艦入り編成の場合は、道中の敵軽巡・駆逐艦等が脅威になることがある

    準南ルート(FGKorBCFGK)メリット
    ・羅針盤勝負に勝つことができれば、南ルートをやや強力な編成で行けるので
     道中・ボス共に突破しやすい
    ・資材消費量は北ルートよりも大分少ない
    デメリット
    ・羅針盤勝負に負けると撤退を余儀なくされることがある

    南ルート(FGK)メリット
    ・3つのルートの中で資材消費量が圧倒的に少ないのでたくさん出撃が可能
    ・ルート固定をしやすい
    ・軽巡・駆逐艦の練度や装備が整えられていれば、このルートが楽に感じる人もいる
    デメリット
    ・道中の敵艦の閉幕雷撃が中大破に繋がる可能性が高め
    ・北ルートと違い、ボス編成が一番強い(特にラスダン時)編成になるので
     状況次第ではボスを撃ち漏らしてゲージが削れないことがたまにある

    クリア時の編成(北ルートの場合)

    北ルートの条件を満たす「重巡3・装甲空母3」編成にしました
    Hマス用に2隻に三式弾を装備させています
    制空値要求が高いので、Hマス(最終編成)で優勢をギリギリ獲れるように調整
    彩雲を入れていない理由は、道中の丁字有利よりも丁字不利を重視したい考えからです
    ボスマスで丁字不利引いても十分勝てます

    初戦(Bマス)はタ級eliteがやや怖いですが、それ以外は大丈夫だと思います

    Dマスはヲ級flagshipとヲ級改flagshipの2パターンがあります
    ヲ級改のパターンを引くと、事故率が上がります

    ゲージ50%以上の時は北方棲姫は耐久300のパターンです

    ゲージ25%以下(ラスダン時)の北方棲姫は耐久390になり、全体的な能力も上昇し
    ここで中大破の可能性が上がります

    ゲージ50%以上の時のボスマスです
    北ルートなら道中よりボスマスが楽に感じる程です

    ゲージ25%以下(ラスダン時)のボスマスです
    随伴艦が強化されていますが、北ルートの場合はそこまで脅威ではありません

    問題なくクリアできました

    3-5の報酬は「戦果+150勲章1個」です

    以上が3-5の攻略についての記事になります

    ※上に載せた編成が最適というわけでは決してございませんので、その点はご了承ください。
    ※後に訂正する場合があります

    もし何かございましたら、お気軽にコメントをして頂ければと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。