遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}139話「闇に染まる眼」レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}139話「闇に染まる眼」レビュー

2017-01-24 01:00
    今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}139話のレビューをさせていただきます。

    第139話 闇に染まる眼

    今週は沢渡とクロウがズァークの前に立ちはだかります。
    カードになった人間が蘇るのであれば、
    ズァーク化した遊矢が蘇らないわきゃーない、
    それが沢渡理論です。

    「この世の全てを破壊するために
     自ら望んでモンスターと一体化した我が
     この強大な力を手放す訳がないではないか!!
     我は最早元には戻らぬ!!
     我が行う世界崩壊こそ
     最高のエンターテイメント!!
     それを止められるものなら止めてみぃ!!」

    ここでズァークは初めて
    カードを3枚伏せます。
    その頃赤馬再度では零羅が
    「四枚のカードを今度は赤馬零王が使って
     覇王龍と戦うつもり」とレイが言っていたと。
    ズァークと戦う事自体はまあいいんですがね、
    次元を統一させたと思ったらレイが復活しないので、
    今度は再分裂させて再び統一するというのは
    流石に勝手すぎやしねえですかと思います。
    ていうか四つの次元に柚子シリーズならぬ
    赤馬零王シリーズが四人って……やだー!!
    坊主フェチでもねえと誰得じゃねえですか!!

    「兄様はお父さんと喧嘩別れしたまま
     終わっちゃいけない!!
     もしお父さんに何かあったらぼくは……
     ぼくはみんなに笑って欲しいだ!
     世界が救われても
     お父さんが犠牲になるんじゃあ
     兄様は笑顔にはなれない!!」

    「そうだ…誰かの悲しみの上に笑顔は生まれない……」
    と赤馬は零羅を置いてズァークのところに行きます。
    零羅の言っている事は一面で正論かもしれませんがね、
    それより前に赤馬零王は自分のしでかした事への
    ケジメをつけるべきだと思います。
    てか多少の不祥事ならまだしも、
    あれ程やらかしちゃあねえ……。
    ここで零羅はまたレイの毒電波を受信します。

    「何が世界崩壊だ!!んなのエンタメじゃねえ!!」
    「本当のエンタメはみんなを笑顔にする為のものだ!!
     俺はそれを遊矢から教わった!!
     腹を空かせたガキ共には飯も大事だが、
     それと同じ位笑顔も大事だって事を!!」

    「シティはお前とジャックの
     エンタメデュエルで平和が戻ってきた!!
     俺にエンタメの力を教えてくれたお前に!!
     んなお前が世界を滅ぼすなんて言うんじゃねえ!!」
     
    ここで驟雨のライキリを出す為に
    漫画版5D’sの白夜のグラディウスを
    素材にしたのは漫画版5D’sの
    ファンとしてはちょっと嬉しいです。

    ズァークは覇王クリを再び呼び出しますが、
    破壊されたライキリを蘇らせて攻撃します。
    それが破壊されると涙雨のチドリを特殊召喚し、
    そして魔法カードの効果を無効にするという手で
    覇王門の効果を無効にしてダメージを与えます。

    ここで永続罠、覇王乱舞を発動し、
    チドリに無理やり攻撃をさせます。
    まるで覇王翔吼拳と龍虎乱舞が合体した名前ですな。

    「お前…そんなに敗北けるのが嫌か?」
    ここでクロウからの問答が。
    まあ……負けるのは誰だって嫌ですぜ。
    クロウはズァークが敗北を知らないので、
    勝利の本当の悦びが理解らない事を指摘します。

    「黙れやかましかばい!!
     我に敗北など有り得ないぃ!!」
    ん?ズァークの精神が揺らぎました。
    「本当に恥ずかしいのは
     敗北けるのを恐れて自分を偽る事だ!!

    強すぎて敗北を知らないというのは
    ケンシロウのカイオウへの台詞
    「惜しむらくはお前は井の中の蛙。
     己より強い者と戦ったことがなかった」
    というセリフを思い出させます。 

    そして真打(自称)沢渡の登場だ!!
    その頃遊勝塾の面々は次元の歪から
    デュエルの様子を伺っている様子。

    というかスタンダード次元からでも
    デュエルの内容は見えるんですから、
    沢渡の父ちゃんが応援しているシーンとかを
    入れてもバチは当たらねえと思いますぜ。

    沢渡の魔界劇団によるペンデュラム召喚に対しては
    「その前にこちらのキャストを
     舞台に呼び込もう。」
    ズァーク、結構ノリがおよろしい様で。
    ここで覇王眷竜オッドアイズ、略して覇王オペが。
    オドゴン涙目。せめてバニラで出ていれば。

    沢渡曰く
    「ペンデュラムにはペンデュラム、
     理解ってるじゃあんか、遊矢。」
    覇王龍の効果でドローカードを破壊すると
    「おまいホントビビってんなぁ。」
    「お黙り!戯言を!!」
    心理フェイズを発動します。

    魔法カード、魔界台本「魔王の降臨」&
    永続魔法、魔界台本「魔界の宴咤女」のコンボにより、
    ズァークと覇王オペを破壊しようとします。

    墓地からフィールドにセットした魔王の降臨を
    「手札に加えたんじゃないから
     おまいの力じゃ破壊出来ねぇな。」
    と心理フェイズも益々冴えます。
    魔王の降臨の効果により、
    覇王乱舞は発動を防がれますが、
    1ターンに1度、
    覇王オペの効果で破壊を無効にされチマー!!

    「俺が知っている榊遊矢はそこまで
     守りを固める臆病者じゃなかったぜぃ!!
     あの伝説の俺とお前の時も!!
     お前は危険をものともせずに
     大脱出をしてのけた!!
     あの勇気はどこに行った!?
     忘れたってんなら何度でも思い出させちゃる!!」

    そして魔界台本コンボでまた
    ズァークを破壊しようとします。
    しかしズァークは自身の効果耐性で破壊されない!!
    ズァークによって破壊された
    デュエリストのモンスターが墓地にある限り!!
    これは今までのモンスターさえも
    ズァークに味方しているという事か!?
    これじゃあ何の為に……

    「君達の努力は無駄じゃない!!」
    ん?ここでハゲフェッサーが颯爽と降臨!!
    激闘の予感をビンビンとするぜ!!
    らんぬーぺなるちーはつどー。
    もう何も言うまい。

    日美香も赤馬零王乱入にその名前を口にします。
    遊勝塾の面々も観客として次元の歪に
    次元ごと搬送されチマー。
    てか側にアレンとサヤカもいるぅ!!
    ズァークは観客がほしいんですな。

    ここでアレン達の前に
    カードにされたはずのレジスタンスの仲間が。
    にこやかに手を振って遠ざかっていく姿は
    まるで三途の川を渡る亡霊の様だ。
    フトシもどうなってんの~!?と
    シビれる余裕すらない模様。

    「お前はモンスターにリアルボディを与え、
     魂の覚醒を促してデュエルに革命を起こした男。」
    「リアルソリッドビジョンにより
     質量を得たモンスターは正に革命を起こし、
     人々はもっと激しくもっと興奮するデュエルを求め、
     デュエリスト達はさらに興奮するデュエルを求めていった。
     そしてズァーク!!遂にお前という悪魔を生み出してしまった!!」

    「俺はあの歓声に包まれながら誓った!!
     誰よりも強く誰よりも恐ろしい存在になるのだと!!
     目の前に立ちふさがる敵はすべてなぎ倒し、
     世界を破壊し尽くすまで決闘うと!!
     その誓いは今も変わらない!!」
    何故その結論になるのか不明。
    何気に一人称が俺に戻っております。
    あ、ズァークの素顔が判明しました。
    思ったより普通の顔ですな。

    そして覇王乱舞の効果で自爆特攻&
    覇王オペのダメージ倍化でアサーリ
    沢渡&クロウがやられチマー!!
    てかあの高さから建物の屋根に落ち、
    そして更に建物から危険な角度で落ちたら……
    普通死ぬだろ!?

    「私がレイに代わってお前を倒し、
     世界をもう一度作り直す!!」
    「レイに代わって?」
    あ、日美香がレイという言葉に反応した。

    早速赤馬零王は魔法カード、精霊決壊を発動し、
    ライフ1000コストに
    ペンデュラム・ルーラーを墓地に送ります。

    「悪魔を生み出した責任は
     貴方一人にある訳じゃない!!
     ズァーク復活の責任は私にも有る!!」

    ここで赤馬が乱入します。親子タッグ誕生か!?
    しかし乱入ペナルティは公平に発動しております。
    墓地に融合モンスターが3体揃い、。
    全ての条件は整ったと赤馬零王が言います。
    ここで遊勝塾の面々&アレン・サヤカが
    ズァークに気づきます。
    てか視力がいいですな。

    「ズァークを生み出したのは
     我々一人一人の中の無自覚な邪心。
     その罪は我々全員が負わねばならない!!」

    社会全体がズァークを生み出したのは事実でしょう。
    しかし分裂後の人々は預かり知らぬ事だと思います。
    古代人のやらかした事を現代人が尻拭いする
    ロマンシングサガ2を思い出しました。
    てかそれを差し置いても赤馬零王がやらかした
    侵略戦争や次元統合はハゲ個人の罪だと思います。

    てか問題の主体は他人の借り物の言葉に踊らされ続け、
    自身の言葉を持たなかったズァーク自身だと思います。
    周りに反応して行動する事が出来ない、
    今までのデュエルも「相手がエクシーズ召喚したから」
    「相手がシンクロ召喚したから」
    と相手の行動が戦略の基礎になっていて主体性が無いですし。

    ていうか社会が悪かったですまされるのは、
    ズァーク自身にとってもあいつは主体性が皆無な
    ヘタレのダメ子ちゃんという事になり、
    決して望ましい事では無いと思います。

    「罠発動、覇王無礼!!
     覇王カードの数だけお前の手札から
     手札を選択して破壊&バーンダメージだ!!」
    インチキ効果もいい加減にしろ!!
    しかも例の四枚の魔法カードがハンデスだ!!

    いきなり発動すらせずに墓地送りでライフゼロ。
    出オチもいいとこじゃねえですか!!
    「ズァークなんかに負けない!!」キリッ
    「ズァークには勝てなかったよ……」
    まさに即2コマ落ちの出オチ。
    流石に手痛い目にあったのか
    対策も万全の様でした。
    ……墓地からサルベージするんでしょうけど。

    赤馬零王は落ちていくところを
    息子である赤馬がキャッチした頃。
    零羅が装置の中のレイをハケーン。
    来週に移ります。

    それはそうと今月のVJで
    美宇なる新キャラが出てきましたが、
    The King Of Fighters EX2 HOWLING BLOOD(GBA)の
    黒咲壬羽{みう}を思い出したのは私だけでしょうか?
    ついでに大神礼二というキャラも思い出しチマー。
    まあ偶然でしょうけど。
    来週はペンデュラムを使用する事こそが
    遊矢とズァークの決定的な違いだと看破し、
    赤馬はアレクサンダーの進化系を召喚します。

    しかしズァークによればペンデュラムの
    創始者は遊矢ではなく覇王龍ズァークだと言います。
    遊矢のアイデンティティがぽきん。

    ここで遊矢の苦悩する場面が。
    やっとEDキャストに遊矢が戻ってくるんですか。
    ズァークの表情も必死になってきており、
    赤馬も負けたら後がない状況。
    これは見逃せねぇぜ!!













    詳しいレビューは下をご覧下さい
    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn139.html
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。