遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}143話「覇王の魂」レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}143話「覇王の魂」レビュー

2017-02-21 00:18
    今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}143話のレビューをさせていただきます。

    第143話 覇王の魂

    今週は四人のバトルロイヤルで
    遊矢達の記憶がかさぶたが剥がれ落ちるかの如く
    次々と蘇っていって遊矢が自分の前世が
    ズァークであった事を思い出したところ、
    つまり最悪の状況から始まります。

    ズァークの悪夢の記憶は
    観衆の脳裏に刻み付けられており、
    アユに至っては悲鳴をだしチマー。
    そして柚子と零羅がどこにいるのかは
    いきなり日美香がモニター越しに赤ん坊の零羅が
    ここにいると言ってきました。

    赤馬零王謹製の四枚のカード
    覇王龍の構成する四体のドラゴンを
    分離&破壊するだけでなく、
    ドラゴンの使役者及びカードの発動者を
    無垢なる者=赤ん坊に戻す力で、
    ズァークが四人の赤ん坊になって
    各次元に転生したのはその為だそうで。
    つまりモータルコンバットのベイバリティと。

    赤馬の姉のレイも四人の赤ん坊として転生し、
    そして今回零羅は遊矢の悪の心のみを
    引っペがして自分に吸収したそうです。
    アークファイブで歪な形で
    統合されつつあった世界が
    また四つの次元に分たれたものの、
    零羅が四人に分裂しなかったのは
    ズァークの魂をいち早く封印した為だとか。
    よ……よくわからねー!

    取り合えずそれが原因で
    零羅は笑顔をロストしちまっただ。
    舞網チャンピョンシップ再現を試みた理由は
    遊矢のエンタメデュエルで
    零羅に笑顔を取り戻させる為だそうです。
    それは零羅のみならず世界をも救う事になると。

    ゆうれい小僧がやってきた!の
    「毬理男を思い出しました。
    「母親の体内にいた頃に母親の度重なる不運によって
     全く感情を表さくなった為に怖がらせて泣かせる事で
     感情を取り戻させようとする」
    泣かせるコトと笑顔を取り戻させようという
    ところは全くの正反対ですが、
    感情を取り戻させようというベクトルは同じです。

    ズァークの悪の心を吸収した事で
    零羅から笑顔が消えてしまったという事は、
    零羅に笑顔が取り戻されるのであれば、
    イコールズァークの悪の心が消えるという
    ゆで理論的理論がここで展開される事に。
    ついでにやらなければいずれズァークは復活し、
    世界は再び破滅の危機に晒されるとの事で。

    そして父ちゃんもまずこのデュエルに勝たなければ
    世界も柚子も零羅も救えないと厳父モード。
    しかし観客は悪の心は抜かれたと言うけど、
    あいつ次第っていっても
    あんなトマトに期待してダイジョーブかぁ?
    と半信半疑です。
    まあズァークの悪夢を経験したからには
    しゃーないのかも知れませんがね。

    ここでカーチャンが息子に
    マイクを通してハッパをかけます。
    「ウジウジしとる暇があったら
     私との約束を果たしにいけ!
     俺は必ずデュエルでみんなを笑顔にして
     争いをSTOP ITして柚子ちゃんを
     連れて帰るいうその約束は
     まだ一つも果たしてないよ!
     争いの種には残っている、
     笑顔を忘れた赤ん坊はいる、
     柚子ちゃんも帰ってきてない!」

    「母さんは黙ってて!
     これは俺の問題なんだ!!
     俺だって助けたい……
     だけどどうしたら……!?」
    いきなり反抗期が来ました。
    カーチャンの説教が逆効果に!!
    こんなコンディションやメンタルで
    零羅に笑顔どころか
    目の前のデュエルがでけるのか!?

    「黙ってろか…いつの間にやら
     でかい口叩く様になりやがって……」
    しかしそれは杞憂で、
    そしてカーチャンはどうやら乳離れが寂しい模様で。

    新規チューナーの超重武者コブ-Cで
    ヒッポを殴り倒した後、
    ビッグベン-Kでオペゴンを撃破し、
    そしてダイレクトアターッ……
    ここで安定の回避が入りました。
    てか溶岩の川に浮かぶ岩島にあるとは
    殺意ムンムンなポジションですがな。
    下手したら溶岩に落ちて骨まで……

    そしてコブ-Cの効果で
    追撃のシンクロ召喚!!
    とうとう大台のレベル12!!
    超重蒸鬼テツドウ-Oシンクロ召喚!!

    てか権現坂が列車に乗ってるし。
    てか権現坂が列車で走ってるし。
    という沢渡の突っ込みが秀逸ですな。

    ここで遊矢は二度目の回避です。
    流石に二度目の回避はアレと思います。
    それに対して権現坂が鉄下駄を脱いで
    アクション魔法、ノーアクションを拾う!!
    権現坂がアクションカードを!?
    不動のデュエルはどうなった!?

    「すげえぞ権現坂!!
     鉄下駄を捨ててリミッター解除とはやるぅ!!」
    観客のデュエル脳な解説in。
    ピッコロの重し的なやつですかい?
    しかし遊矢も罠カード、EMシグナルを発動!!
    引いたカードがもしEMモンスターなら
    攻撃を無効に出来ますが、
    魔法・罠や非EMモンスターなら遊矢の負けに……
    当然EMモンスターを引いて攻撃は無効!!

    しかし権現坂も無策ではない!!
    テツドウ-Oは自分の墓地の魔法・罠を除外して
    バーンダメージを与える効果がある!!
    フルモンデッキに揺るぎなし!!
    フトシもしびれるぅ~。

    「不動のデュエルを信条とする権現坂選手が
     モンスターに乗って迫れば、
     エンタメデュエルの遊矢選手が
     イチかバチかのカウンタードローを決めて
     更に権現坂選手がモンスター効果と
     アクションカードを絡めてダメージを与えました!」
    ニコの実況もヒートアッ!!
    「親父さんの様なエンタメデュエリストになりたいのなら、
     今のお前に出来る全力でかかって来い!!」
    権現坂流ハッパかけもヒートアッ!!

    「俺だって全力でやって全力で考えてるだ!
     どうしたら俺のエンタメで零羅と柚子を救えるのかを!!
     無理だとか信用でけないなんて言われても!
     俺を救ってくれた零羅と柚子を助けたい!!」
    零羅が柚子と並ぶヒロインと化してませんか?
    珍しい赤ん坊ヒロインですな。
    テツドウ-Oがレールを作って
    崖を渡ったかと思うと遊矢もそのレールの上を
    ローラースケートで渡ります。

    そして場所は変わってオベフォと初めて
    やりあったエリアに移ります。

    永続魔法、ペンデュラム・イリュージョンを発動し、
    アクションカードをコストに
    オペゴンで戦闘破壊出来ない事と引き換えに
    バトルフェイズの間にテツドウ-Oの攻守を半減します。
    ダメージがたった200に対して
    「あれで全力?大したこたぁねえな。」
    と観客が辛口評価です。
    でもフトシは痺れるぅ~。
    フトシはブレません。流石です。

    返すターンでテツドウ-Oの攻撃、
    しかしペンデュラム・イリュージョンで
    攻撃力は半分になって200ダメージ!
    しかしアクションカードを含む
    手札2枚をコストにオペゴンを破壊し、
    バーンダメージでフルモンを続行します。
    これはまさにチキンレース的な漢勝負!!

    「まさに洋子好みのガチンコ勝負。
     あいつ途中で帰って損したな。」
    ところがどっこい残念ながら
    カーチャンは帰ってねえですよトーチャン。

    ペンデュラム・イリュージョンのデメリットは
    ドローフェイズスキップというかなりのデメリットです。
    遊矢もオペゴンをペンデュラム召喚し……
    イリュージョン発動の為のアクションカードは
    権現坂がランニングデュエルで取らせまいとします。
    てかローラースケートに素足の疾走で追いつくとは
    身体能力がぱねえですよ。

    「権現坂は不動のデュエルを捨てて
     俺を鼓舞してくれてる!
     ならば俺もそれで全力で応える!」
    デュエリストならばそれしか無いでしょう。
    アクションカードをゲットして発動、
    200ダメージを与えます。
    そして氷山に場面が移る!!

    返すターンは前々と同じですが、
    「でも何かスゲー!!」
    と観客も興奮しております。
    あの辛口観客も見入っております。
    人の心を動かしたければ行動で示せ、
    という事を体現しております。
    そしてまた火山に戻ります。

    ここで最後のペンデュラム・イリュージョンの効果が。
    そしてオペゴンの攻撃で〆ます。
    権現坂もその攻撃を真正面から受け止め、
    その漢気に応えます。

    「これがエンタメだと?ふざけるな!!
     お前のエンタメはまだまだこんなものじゃない!!」
     柚子と零羅を助けてそれを証明して来い!!」
    ここで権ちゃんが最後の喝をかけます。
    会場も満面の拍手に包まれ、
    遊矢はジュニアユースからユースへの昇格を…

    「まだ認められない。」
    え?赤馬何をゆうちょるばい?
    アカデミア軍の急襲によって中断された
    チャンピョンシップの続きとして行われたので、
    中断時点で残ったのはランサーズとして
    認めたデュエリストであり、
    残りのデニスとセレナと隼に勝たなければ
    認められないとか言っております。

    そして何の脈絡も無く
    唐突に次元回廊のゲートとか
    四つの次元に戻った時に
    その中心にアークファイブの残滓が
    存在しているとか言っております。

    アークファイブは四つの次元とワームホール、
    即ち次元回廊と繋がっており、
    次回にエクシーズ次元詣でして
    隼とデュエッします。
    しかしセレナは他の柚子シリーズと一緒に
    アークファイブ内に入れられており、
    柚シリーズ救出の為ならば
    相手が誰であろうとデュエッ!!
    エンタメデュエルで世界を救う為に
    来週エクシーズ次元に移ります。
    てか残り放送週は大丈夫なんですかい?
    と思ったら何故かデニスがいます。
    隼じゃないんですか?

    来週は……復興中のエクシーズ次元で
    隼ではなくちょっと濃い顔のデニスと
    デュエルをする事に。

    悪人面のデニスは融合カードを使い、
    Em融合モンスターを駆使する模様。
    デニスによれば隼は融合次元に行った模様。

    融合次元に行くにはデニスに勝利しなければ
    ならない模様ですが……
    呪われし機械仮面{ギア・マスク}とは
    デニスがアンティークデッキを使うのか、
    それともロジェが再生怪人として乱入……
    先が読めねえですぜ。
    ところで「柚子を救い、レイラに笑顔を…!」
    前回までは零羅と漢字で書いてあったのに
    急にレイラと片仮名になった理由は?













    詳しいレビューは下をご覧下さい
    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn143.html
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。