遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}145話「終わりなき反逆」レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}145話「終わりなき反逆」レビュー

2017-03-07 00:09
    今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}145話のレビューをさせていただきます。

    第145話 終わりなき反逆

    今週の展開は勝ち残りの一人である隼と
    デュエッする為に遊矢が次元通路を通って
    融合次元に来たところから始まります。
    当然ながら融合次元はズァークの牙の跡、
    つまりズァークビームでまだボロンボロン状態。

    と遊矢が心を痛める暇もなく、
    素良が隼のいるところに遊矢を案内します。
    その隼は明日香が宥めるのも聞かず、
    瑠璃に逢わせんかい赤馬零王と荒れまくってます。
    明日香によれば引きこもって
    レイを復活させようとしているとの事。
    おいおいまだ復活させようとしてんですか?
    ついでに何でついこないだまで
    アカデミアのレジスタンスをしていた明日香が
    アカデミアのボスの赤馬零王のところに?

    しかし隼はレイって誰よ?と言っております。
    どうやらレイが何者なのか知らない模様です。
    ここで遊矢がやって来てレイの詳細、
    つまり四つの次元に分裂して
    柚子シリーズに分裂した事を伝えますが……
    隼は納得出来ておりません。
    遊矢もそれは同じです。
    しかしズァークであった遊矢は
    その事実を知っており、
    柚子を救う為にはエンタメデュエルで
    零羅に笑顔を取り戻させなければいけない、
    というのも事実です。
    まあ私も世界五分前仮説で
    今までの自分の記憶が全て創りものと言われたら
    何をゆうちょるばいと思うでしょうし。
    とりあえずは遊矢はデュエルウィズミー。

    しかし隼は話は赤馬零王の引きこもっている
    ドアを開けてからと聞く耳を持ちません。
    という訳で赤馬零王の邪魔はしないという約束で
    扉を開ける事になります。

    プロフェッサールームでは、
    レイのシルエットらしき姿が
    装置に浮かび上がっておりますが、
    当の赤馬零王すらそれがレイなのかどうか
    判別がでけない様子です。

    何故ならズァークが最終的に
    遊矢一人として蘇ったからだそうで。
    かつてスタンダードと呼ばれた
    ペンデュラム次元での人格がズァーク自身の
    本体であるからという結論に達します。
    それは柚シリーズも同じく
    ペンデュラム次元の人格である
    柚子一人になるのかも……やべえ!
    こんなのを隼が聞いたら……
    って聞いていますがな。もろ側で。

    瑠璃が消滅えてしまったなんて事を
    隼が受け入れられるわきゃーない。
    赤馬零王は隼に対して
    幾らでも殴っても構わないと慙愧の念を表しますが、
    瑠璃もユートもいない世界で
    俺に残されたのはデュエルだけなのか……
    瑠璃がズァークを葬る為に行動していた
    レイから生まれら存在ならば、
    ズァークだった遊矢にも責任が存在るという
    トンデモ理論でデュエルを承諾します。

    このデュエルで敗北けたのなら、
    瑠璃はもういないものだと潔く認める
    ケジメのデュエルです。
    そして遊矢が負けたなら
    二度と隼の前に現れない事……。
    明晰な隼も頭では理解っていますが、
    心は現実を受け入れられない……。

    隼はラダー・ストリスクで
    ダメージを与えつつ、
    遊矢のアクション魔法を防いで
    カードを1枚伏せます。

    返す遊矢はペンデュラム召喚で相生とオペゴンを呼び、
    相生の攻撃力をオペゴンと同じにして
    ダブル2500の攻撃をしますが、
    隼は罠カード、RR-リスキー・フライトを発動させ、
    ラダー・ストリスクの破壊を防いで
    戦闘ダメージを半分にします。
    素良はアクションカードを取りに行く暇も無かった、
    と言っていますが取り合えずはアクションカード頼みは
    余りしない方がいいと思います。
    最初からアクションカード頼みをするのは
    チート能力頼みでデュエリストとしての勘を失った
    ペガサスを思い出してしまいますので。

    対する隼はライズ・ファルコンでオペゴンを撃破、
    返す刀で相生を撃破しようとしますが、
    とアクションカードの応酬で
    遊矢は相生の戦闘破壊を無効にします。
    と…ここでデュエルを睥睨する謎の人物(棒読み)が。

    睥睨する人物がジャックだと判明したところで、
    対する遊矢は新しいボイン…もとい魔術師の
    天秤の魔術師とオペゴンをペンデュラム召喚し、
    隼のダベゴンのエクシーズ召喚の予想も覆し、
    オペゴンで攻撃をします。

    対してRUM-バトル・アップ・フォースの効果で
    隼はレヴォリュージョン・ファルコンを召喚し、
    オペゴンを破壊して攻撃力分の半分ダメージを与える!!
    しかし天秤の魔術師の効果でレヴォリュージョンと
    オペゴンの両方の攻撃力を1000下げる
    喧嘩両成敗的な効果でオペゴンの攻撃力を下げ、
    ライフを450残します。」

    そして両魔術師をリリースして手札から
    オッドアイズ・ランサー・ドラゴン、
    略してオラゴンを特殊召喚します。
    ……先週から感じた違和感、
    遊矢エクストラデッキから
    F・S・Xのいずれも召喚していない……
    やはりズァークの記憶による心のトラウマか!?

    デッキからオッドアイズ・セイバー・ドラゴンこと
    オセゴンを墓地に送ってレヴォリュージョンの効果を無効!!
    オセゴンはオドゴンがいないので
    コストにされちゃいましたソス。
    おまけに回避のカードも
    戦闘中はカードの発動がでけません。

    しかし隼も負けてはいません。
    RUM-デス・ダブル・フォースで
    撃破されたレヴォリュージョンを下にして
    遂にランク12のレイドラプターズ!!
    RR-ファイナル・フォートレス・ファルコン降臨!!
    「揺るぎない信念と深き慈愛の心で
     堅牢なる最後の砦となりて降臨せよ!!」
    砦というのがレジスタンス的な表現です。
    慈愛という言葉は隼っぽくありませんが、
    妹への慈愛つまりシスコ以下略。

    「伝わって来るわ…痛い程に。
     このデュエルにかける想いが……
     妹さんへの想いが……!!」
    明日香も妹キャラなんですけどね。
    アークファイブに吹雪がいるかは知りませんけど。
    そう言えば漫画版の素良にもネタバレなので以下略

    FFFでオラゴンを攻撃しますが、
    その度にオラゴンがペンデュラムゾーンの
    オッドアイズモンスターを手札に戻して
    戦闘破壊&ダメージを無効にしますが、
    サンレンダァでついに年貢の納め時……
    いや、罠カード、クロス・ダメージを発動!!
    戦闘ダメージは互いに受ける!!

    ここで隼の目には遊矢の中にユートを見出します。
    まさかの……痛みわけドローか!?
    いや……遊矢のライフは50残っている!!
    オラゴンの効果で手札に戻した
    二枚のオッドアイズを墓地に送って
    戦闘破壊を無効にして
    戦闘ダメージを半分にして勝利した!!
    ていうかオラゴンの効果盛り過ぎです。

    「これでもう瑠璃の事を諦めた…… 
     とでも言わせたいのか?
     むしろその逆だ。」
    え?

    「俺は感じたぞ、あの一瞬!
     遊矢、お前の中にユートはいた。
     生き続けていた!
     これで希望が持てる!!
     例えあのコアの中がレイであっても
     柚子であってもきっと瑠璃は……
     遊矢、後はお前に託す!!」
    すっげえポジティブシンキングです。
    シスコンの鏡です。
    デュエルで笑顔を……

    「俺は必ず柚子を救い出す!瑠璃と一緒に!!」
    「自惚れるな!!」
    え?この声は……
    「腰の引けた今のお前絵では、
     誰一人救い出す事等出来ん!!」
    ジャックの言葉の真意とは!?
    新たな謎を秘めて来週に移る!!

    来週は本気で零羅を救いたいと願うのなら
    俺と決闘えとジャックが言ってきます。
    それも四竜を全て駆使った全力のデュエルで。
    おそらくはこのデュエルでデュエルモンスターの怒りや
    遊矢のズァーク関連のトラウマとかが
    解決されるのではないかと思います。

    そしてこのデュエルは赤馬や遊勝、
    エクシーズ次元残留組とかも観戦しております。
    ここで一言苦言を言わせていただきますと、
    確かにジャックは魅力的なデュエリストだと思います。
    しかしARC-Vの〆を飾る大事なデュエルは
    ゲストキャラではなくARC-Vのキャラが
    相手を務めるのが本分だと思うんですよ。
    ていうかセレナとのデュエルは出来るのでしょうか?

    何気にオペゴンだけでなく
    小判竜も出ております。
    遊矢が自分の信じるデュエルで
    ズァークの記憶に臆す事無く
    四竜がそろい踏みになるのか!?













    詳しいレビューは下をご覧下さい
    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn145.html
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。