遊戯王VRAINS{ヴレインズ16話「潜入SOL電脳要塞」レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遊戯王VRAINS{ヴレインズ16話「潜入SOL電脳要塞」レビュー

2017-09-01 00:55
    今回は遊戯王VRAINS{ヴレインズ}16話のレビューをさせていただきます。

    第16話  潜入SOL電脳要塞

    今週はゴーストガールとのデュエルに勝利って
    SOL社のデータバンクに侵入するキーを
    譲渡されたところから始まります。

    そのデータの中にあったSOL社の
    マザーコンピューターの模式図は複雑極まりなく、
    抜ける為の穴はゴーストガールがハケーンしたとの事。
    名うてのハッカーでもここまでの仕事をこなせるのは
    そういないとの事。
    一方デュエル部部室には誰もいません。
    直樹によれば葵は部活どころか
    登校すらしていないとの事。
    登校拒否にでもなっちまったんでしょうか?

    葵はリンクヴレインズにも現れません。
    「お兄様からアク禁食らったんじゃね?
     顔芸闇堕ちしたんじゃしゃーないけど。
     気になるのかい?あのカワイコちゃんが?」

    その頃葵は家政婦ロボから
    「お兄様による永続魔法外出禁止」
    と言われて出られません。
    葵は横を向きますが……
    やはり哀れなほど薄っぺらい……。
    外出禁止令がでているので、
    リンクヴレインズにも出られないと。
    まるでアダプターを取り上げられた
    昔の自分の様です。
    と思ったらタブレットでアクセスしております。
    まるでアダプターを取り上げられたので
    もう一つ内緒でアダプターを買ってきた子供です。

    その頃お兄ちゃんはゴーストガールと
    リンクヴレインズでコンタクトを取っていました。
    マザコンにハッキングかました上に
    データをプレイメーカーに譲渡するなんて
    一体何を考えていると問い詰めていますが、
    10年前の事や自分の会社がどう関わっているのか
    知りたいんじゃないとか返してきます。

    ここで二人の上に光る蝶が飛んでいます。
    SOL社かハノイのスパイか?
    ここでマザコンにプレイメーカーが侵入したら
    後釜部長の北村はプレイメーカー排除に躍起になり、
    誰がマザコンに侵入しても気づかれない寸法。

    10年前の事件に社が関わり、
    それを隠蔽しようとしているのであれば、
    黙って見過ごす訳にゃあいくめえと。
    ここでゴーストガールが蝶々に話しかけています。
    どうやらブルーエンジェルの模様で。
    こういう形でしかアクセスでけないのでしょうか?
    取りあえずはゴーストガールが
    捲土重来名誉挽回のチャンスをくれるとの事。

    その頃SOL社では完全100%人工知能の
    AIのデュエリストが二体テストモード中です。
    フォルムはまるでD-HEROですが。
    テンタクラスターなるカテゴリーのデッキだそうで。

    「AIなど所詮人間の道具に過ぎぬ。
     人がAIを利用する事はあっても
     振り回される事があってはならない。
     財前はそこが理解ってなぁい。
     お前の時代はもう終わっている。」
    AIにスカイネットされそうなフラグな
    小物臭さ120%です。

    一方遊作サイドではデータバンクに侵入寸前です。
    中心部に到達するまで十重二十重のセキュリティトラップが
    念入りに仕掛けられていますが、
    対抗手段も翔一によって構築済みです。

    マザコンに繋がりましたが……
    1つ・このデータには信ぴょう性が有る
    2つ・何故ゴーストガールはこのデータを譲渡したのか?

    「何故っておまいがデュエルに勝利ったかんだろ?」

    3つ・例えそうだとしてもゴーストガールは
       自分のメリットにならない事をする奴ではない

    流石に遊作はクレバーです。
    「俺はハナっから罠かもしれないって言ってただろ!
     つーか怖気づいたのか?」
    「遊作は慎重になるに越した事は無いと言っているだけさ。」
    「てかホント人間って面倒くせえべな。」
    なわけでイントゥザ・ヴレインズ!!

    電脳世界の海ではプレイメーカーは
    何かセグウェイの棒を取った様な
    デバイスを掴んでヴレインズと違って
    味気ないネットの海をダイブしております。
    垂直先行で進むプレイメーカーには
    ジャミング波を出して侵入を悟られない
    命綱や尻尾の様な縄がついております。
    こりゃあ途中でちぎれますな。
    翔一のナビゲーションもバッチグー。

    ここでシューティングみたいに
    バリアみたいなセキュリティトラップが
    前から出て来ました。
    当たると消滅するとの事。
    クリボールをデコイとして用います。

    しかしトラップが多すぎて
    クリボールの残機が後1つです。
    最後のクリボールを消費して
    エリアAを突破しかけますが……
    データストームが目の前に。
    危険すぎるので中止に……
    しかしもっと潜行すれば深い領域ならば
    データストームの影響も受けないと判断します。
    まるでジョースター卿の逆に考えるんだです。
    しかし貴重なしっぽが千切れてしまいま。

    一方北村サイドではプレイメーカーによる
    マザコン侵入の報告が。
    その様子を晃とエマが観ております。

    「てか何で奴がここに!?
     直ちにプロトタイプA及びBをお呼び!!
     プレイメーカーを駆除しておしまい!!」
    新部長は急なトラブルに弱い模様。

    「おいおいデュエルは1体って
     教えて貰わなかったのか?」
    試合とかではそうでしょうな。
    しかし侵入者を排除する警備員が
    侵入者にタイマンで挑む様な事は
    あってはならないと思います。

    その頃虎の子のAI部隊を出させて
    「計画通り」の晃&エマは
    ナウゲッタチャンスとイントゥザ・ヴレインズ!!

    一方北村は
    「これ以上騒ぎを大きくしたくないんだお。
     マジで勘弁してくれよ。
     この不手際が上層部に知られたら
     私はおしめえだあ!!」
    今までのこういうポジションのキャラと違って
    トラブルやピンチをチャンスと考えられない、
    小物臭さ200%です。
    彼はもう終わりですね。

    「ていうか待てよ……もしここでデュエルに勝ったら
     AIデュエリストは認められてイグニスもゲット。
     私の業績と株は一気にアップップ!!昇進確定だ!!
     またとないナウゲッタチャンーーーース!!
     ゲハハハプレイメーカーよ首を洗って待ってろ!!」
    さっきまで沈んでいたのにはしゃいでまっせ。
    こういう捕らぬ狸の皮算用は失敗するが常套。

    プレイメーカーによれば
    デュエルは1対1でするものなので
    プロトタイプAとタイマンです。

    「必ず勝て!負けは絶対イヤン!
     私という逸材の昇進がかかっているだ!」
    どこぞの自称天才ですな。

    テンタクラスター・ダークウィップと
    機械複製術でテンダクを3体にして
    テンタクラスター・ノーチラスをリンク召喚します。
    まるでアンモナイトのでけそこないです。

    そしてテンチラスの効果と通常召喚で
    テンタクラスター・ドリルワームを二体出します。
    テンチラスの効果で破壊されたテンドムは
    1体でハンデス1枚かつ、
    ハンデスしたカードがモンスターの場合、
    もう一枚手札を墓地に送ります。
    これを二回して手札はゼロ枚に!!
    先にサイバネット・デフラグが墓地送りなら
    リンクスレイヤーは残っていましたが、
    プレイメーカーはツキの無い男ですので。
    ババ抜きが弱そうです。

    「夢もロマンも無いデッキだなったく。」
    「いや、それもひとつの戦略だ。」
    相手の戦術を否定しない器の大きさを感じます、
    「ドライだなお前。AIかよ?」
    遊作は実はAIでしたというフラグ?

    ここで晃とゴーストガールが侵入しております。
    ていうかお兄ちゃんアバターじゃないんかよ。
    上役にハケーンされたらヤバくねえですかい?

    取りあえずはドローでしのぐしか……
    しかしドローしたカードもテンドムでハンデス。
    そしてもう一枚のドリルワームを蘇生。
    てか強すぎじゃねえかYO!!

    「遊びの時間は終わりだよプレイメーカーKUN!」
    ここでプロトタイプBが正真正銘のダイレクトアタック!!
    こいつらリアリストだ!!
    「ここがわが社のマザコンの中だというのを忘れたのか?
     SOL社の聖域で好き勝手はさせん!!
     ザク…もといリンクヴレインズとは違うのだよ。
     私は目的の為なら手段は選ばない。後悔するがよい。」
    しかし卑怯なリアリストはこの世界では長生きでけません。

    「プレイメーカーのデュエルディスクを狙え!
     装備魔法強奪するのだ!!
     さっさと指令を出せ!!早くしないとクビだぞ!!
     お前らは私の言う通りにしていればいいのだぁ!!」
    リアリストもここまでくると大したもんです。
    てか典型的な悪役中間管理職です。

    しかしダイレクトアタックにはダイレクトアタック!!
    ここでブルーエンジェル降臨!!
    鞭がプロトタイプBにお仕置きよ!!
    「ちょいとちょいとAIさんたち
     勝手な事しないでくれる?」
    てかブルーエンジェルはチェストリオに
    身元バレバレじゃないんですか?

    「プレイメーカーを倒すのはわ!た!し!
     判ったらとっととお帰り!!」
    まるでバトル漫画のライバルみたいなセリフです。
    しかしさっきプレイメーカーは
    デュエルはタイマン発言をしていましたので、
    それぞれでタイマンなのでしょうか?

    来週はプロトタイプBと
    ブルーエンジェルの乱入から始まります。
    完璧を求める機械的デュエルを相手に、
    人としての特性を生かした偶然にして必然のデュエル。
    果たして凱歌を上げるのはいずれか?

    一方北村はイライラいている模様。
    情緒不安定なのでしょうか?
    サイバース・ウィザードが出てきてこんにちは。
    テンドムを撃破しております。
    このデュエルの行方はいかに!?













    詳しいレビューは下をご覧下さい
    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReview.html

    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReviewTurn016.html
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。