遊戯王VRAINS{ヴレインス78話「反骨のバウンティハンター」レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遊戯王VRAINS{ヴレインス78話「反骨のバウンティハンター」レビュー

2018-11-23 00:08
    今回は遊戯王VRAINS{ヴレインズ}78話のレビューをさせていただきます。

    第78話 反骨のバウンティハンター

    今週はトリオ・ザ・ヴレインズが結成されて
    回想でアースは二度死ぬを見ている健ちゃんが
    恐怖!AI人間と化したGo鬼塚について
    「馬鹿な奴だ。」と評しているところから始まります。

    ここでSOLがイグニスを入手して何をしようとしているのか、
    という疑問が血犬脳の中に浮かび上がります。
    な訳でSOLのデータバンクに入り込んで
    「奴ら本気か……?」
    とSOLの真意というか…真の目的を知ります。
    営利企業ですので一応は利潤追求が目的なのでしょうが、
    他に真の目的が有るという事でしょうか?

    そしてお兄ちゃんところに真意を問い詰めんと
    外出したところに……了見&スペクターがいました。
    目的は健ちゃんの模様。

    「道順健碁、HNブラッドシェパード。
     AIを憎むバウンティハンター。
     ハッカーとしての能力も高い。」
    どうやらハノイとの関係はなさそうです。
    つまりブラッドシェパードスパイ説は完全消滅。

    一方その晃の元には葵からの手紙が。
    イグニスの死を見て「イグニスの存在とは?」
    という想いのもと心の整理をしたいので、
    しばらく一人になるとの意思表明です。

    ここで健吾を連れてきた早見ちゃんがin。
    「部長にお客様が……
     アポなしの面会はお断りしたのですが……」

    二人になった健吾は

    SOLの真意がイグニスを抹殺にあるのかと詰問。
    入手した計画書にはイグニスから得たデータを基に
    新たな意思を持つ高性能イグニスを創造ると。
    ライトニングとやっている事は同じ……
    まさかSOLのチェストリオやクイーンは
    ライトニングとつながっているとでも……!?
    ところでキングはどうした?
    クイーンに追い出されて元キンになったのか?

    「その計画が本当ならお前の上司は
     俺に嘘の計画で仕事を持ちかけた事になる。
     イグニスを破壊しても又
     新たななイグニスが生まれるだけだ。
     ならば財前、お前はどうする?」

    「所詮私は飼い犬、組織の末端の一人にすぎない。
     今の立場では会社の方針に大きく逆らう事は出来ない。」

    フリーのバウンティハンターと違って
    こっちはホイホイ職を変える訳にはいきませんからね。
    失うものが無いというのは強みなんでしょうけど。
    ていうか営利企業が営利よりも
    (それも社員ですらない雇われ外部の人間の)
    思想信条や私情を優先したら、
    それこそ企業が企業でなくなりますし。

    「俺は身の振り方を考えさせて貰う。」
    「SOLを去るか……それも仕方あるまい。」
    SOLを去る……微笑み村の村民がアップをはじめました。

    「しかし飼い犬には飼い犬の責任が残っている。」
    このセリフの真意とは……
    その頃トリオ・ザ・ヴレインズは……
    後悔の念が無いかと問うアクアに対し、
    「これはもう貴女だけの戦いじゃない。
     美優ちゃんを助け出す為の
     私の戦いでもあるのよ。
     兄妹で闘いになるかも知れない。
     けど兄はきっと理解ってくれる。
     それにいつか私は自分の道を
     歩まなければならなかった。
     それが今というだけよ。」
    と心に秘めた堅い想いを表明。

    という訳でアクアが捕らえられていたであろう
    ライトニングの牙城に
    ライトニングのログの痕跡を求めてin。
    しかしAiのEYEを以てしても
    ファミコンゲームの容量程度も
    データの痕跡が残っておりません。

    一方了見はライトニング一味が
    態勢が整う前に叩くつもりですが、
    ハノイだけではプログラマー不足なので
    更に天才的プログラマーを何人かスカウトするつもりで。
    という訳でそのうちの候補の一人として
    ブラッドシェパードが挙げられました。
    そして後の数人は?まさか新キャラ?

    そしてその頃その本人は……
    失った右手で残存イグニスの殲滅を決意し、
    ネット世界の荒野にinしますが……
    ゴーストガールが父が死ぬ直前まで
    自分の事を気にかけていたという言葉が脳裏に。
    「ハノイの騎士か……」
    げぇっ!後ろにリボルバーが!!

    「父親を喪失ない、心に大きな穴が開いた様だな。」
    「俺の事を知っているのか!?」
    「私に知らぬ事は無い。
     だが父親の死と共にお前の復讐心が
     喪失えてしまった訳ではあるまい。」
    ヘッドハンティングタイムの開始まり開始まり。

    「行き場を失った復讐心は出口を求めて、
     むしろもっと強靭くなっている筈。」
    「知った様な口をきくな!貴様に何が判る!!
     貴様に言われずとも
     母をあんな姿にしたAIは決して許さない!!」
    目の前にいるのはそのAIである
    イグニスの生みの親の息子です。

    「その復讐心、不屈の闘志こそが我がハノイが欣求めるもの。
     イグニスの一部が人間に対して宣戦布告をした。
     今こそイグニスを殲滅する刻だ!!
     我々とお前の目的は一致していると思わないか?」
    ここで「イグニスが」ではなく「イグニスの「一部」が」
    と一部を入れた理由とは一体?

    「この俺がお前達の様な得体の知れない連中と
     尻尾を振ってノコノコついていくとでも思うのか?」
    「一匹狼のプライドは捨てきれないという訳か。
     ならば力で従わせるしかない様だな!!」
    「しかし俺はカウントを3つ数える間に
     お前を消す事も出来る。」
    カウントダウン宣言が入りました。

    パンッ「1……2」
    お得意の3つを数える前に
    カウント2でいきなり光弾攻撃!!
    3つ数える間ですから嘘は言っていませんがね。
    しかし……目前のリボルバーがいない!!
    志村、後ろ後ろ。残像だ。騙し討ち失敗!!

    「お前は目的の為に手段を選ばない。
     だからこそお前を選んだのだ。」
    「面白い…ハノイの力、試したくなった。」

    ……リボルバーの初ターンは
    モンスターすら出さず、
    カードを1枚伏せただけで終わりです。
    しかし!!!しかし!!!
    この一枚が戦況どころか勝敗を
    決定する展開は十二分に有る!!
    ついでに手札で誘発カードも。
    まさかミラフォか筒?

    舐めプされたと思ってプライドを傷つけられた
    ブラッドシェパードは新リンクこと
    バトルドローン・ウォラントを……
    と思ったらリンク召喚した途端に
    オラは将軍様のリンク素材になっちまっただよ。

    しかしオラは将軍様に蘇生されただよ。
    オラァ感激だぁ。将軍様の為にダイレクトアタックするだよ。
    「リリースして攻撃力分のダメージを与える!!」
    オラこんな扱い嫌だ。童実野さいくだ。
    童実野さ行ってべこさ飼うだ。

    そして将軍でダイレクトアタッ!!
    しかしそうは烏賊の金隠し。
    手札のチェックサム・ドラゴンでチェキ!!
    ライフを回復してターンエンドまで
    戦闘破壊を無効にする壁になります。

    しかしオラは死なないだよ。何度でも蘇るだ。
    「永続魔法、ブリッツ・ドローンでリリース!!
     攻撃力分のダメージを与える!!」
    速報「オラ氏、過労死で血犬商会を提訴」

    「だが王宮の勅命発動!!」
    勅命かよ。レトロ強罠が次々と復刻されております。
    「今のままではお前はイグニスに
     対抗する事は敵わないだろう。
     奴らはリンクマーカーを持つ
     リンクマジックなる恐るべきカードを駆使ってくる。
     だが魔法カードである以上は防ぐ手が無い訳では無い。
     この勅命もその一つ。」

    「何故その様な事を俺に教える?」
    「お前程の強力なデュエリストが
     AIを憎悪んでいる以上、
     奴らに狙われる可能性は十分にある。
     私はお前に消えてほしくない。
     私に手を貸せ、ブラッドシェパード。
     共にイグニスを殲滅する為に。」
    「ふざけるな!俺は俺の道を征く!
     誰の指図も受けない!!」
    「一匹狼のプライドは誰にも屈しないという事か。
     ……ならば仕方ない。」

    勅命のコストで100ライフとなった
    絶体絶命(棒)のリボルバーは
    新モンスターのDMZドラゴンを出して
    久しぶりにトポロジック・トゥリスバエナこと
    トトリスをリンク召喚!!

    「しかしキャプチャー・ドローンで
     トトリスは雁字搦m……」

    ヴァルネラビリティ・ドラゴンを特殊召喚して
    トトリスを自壊させてキャプドロも自壊!!
    トトリス出オチ。
    ここでベジラゴンをシンクロ召喚!!
    トトリスはベジラゴンの装備カードに。

    「他にエースがいたのか!!」
    この男は腐る程エースがおりまっせ。
    ベジラゴンで将軍を撃破した後、
    墓地のビリテンを除外して
    トトリスも墓地に送ってニレンダァ!!
    ブラッドシェパードはDMZ状態。
    トトリスも過労死に。
    そしてリボルバーは貫禄の勝利。

    「反逆のイグニス達は強力だ。
     今のお前では奴らの
     リンクマジックに対抗するのは厳しい。
     このデュエルを教訓とするのだな。」

    「貴様のアドバイスなど必要ない!いずれこの借りは……」
    「貸し借りは嫌いな男だと聞いていたが?」
    「貴様はそれだけ特別な相手だったという事だ。
     いずれかならずこの借りは返す!」
    と言って去っていきました。

    「ブラッドシェパード……
     その荒ぶる魂、我が期待に相違わぬ。」
    果たして最終的にハノイ入りするのかしないのか、
    それとも共闘という形になるのか……
    動乱の来週に移る。
    来週は三者竦みの勢力図の中、
    ブラッドシェパードは己の復讐の念故に
    我が道を征く模様。

    プレイメーカーサイドは何か
    黄金の球体を見つけた模様ですが。
    ライトニングの罠の匂いがプンプンするぜぇー。

    ブラッドシェパードが辿り着いた先には
    仁をディスク代わりにライトニングが。
    まさかライトニングとデュエルするつもりか!?
    敗北フラグビンビングだ!!

    ここで消されたらハノイの
    新入りプログラマー候補がいなくなりますので、
    何らかの原因で消されない可能性も微レ存。
    ……ブラッドシェパードが敗北けるのが前提ですが、
    相手は準ラスボス候補ですのでしゃーないっしょ。














    詳しいレビューは下をご覧下さい
    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReview.html

    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReviewTurn078.html
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。