ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

せーのっ!『是非に及ばず』!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

せーのっ!『是非に及ばず』!

2021-02-21 21:11

    ご無沙汰しております。
    諏訪穎水でございます。

    2月もあっという間に下旬。
    三月はもう眼前であります。
    花粉も始まってきたようで、目が痒いこの頃であります。

    昨年から、コロナの影響で『大河ドラマ』が一時中断した為
    最終回がずれ込み、今月最終回だったようで。
    新年明けて、大河ドラマの新作が始まって~という流れと違い
    これもまた感覚的に狂う感じで違和感ですよね。

    巷では、『本能寺の変』がどう描かれるのか?
    明智光秀生存説がなんちゃらかんちゃら~なんていうのを目にしました。

    歴史好き問わず、この『本能寺の変』は万人受けする、注目されるこの時代のターニングポイントですよね。

    なぜ、裏切るまでに至ったのか。
    私も、よくこの手の話を扱った文献を読み漁りましたね。

    『是非に及ばず』

    明智の謀反を知り、織田信長が言った言葉として私の印象に残っている言葉です。
    意味は、ことの善悪を論じても仕方がない。という言葉として残っていますが

    私は絶賛、仕事で本能寺の変に見舞われております。
    しかも、何回目かわからない、本能寺の変に。
    (もう本能寺の方に迷惑でしょ…)

    文面だけ見ると、謀反にあう私が無能にしか見えないですよねー
    もう寺なんかに泊まるなよって。
    いや、本能寺の方からしたら、おまえもう来るなよって思われてんだろうなw

    詳細は語りませんが、穴埋めで今月は忙殺されています。
    これが計画的なら、忙殺が謀殺ですね(笑)


    毎度、周りを取り囲まれ、火をかけられて
    おまじないのように唱えるのが

    『是非に及ばず』
    (みなさんもご一緒に(・ω・)ノ)

    この言葉なんですな。いい言葉だね、サンキュー、ノッブ!

    とまあ、エンドレス・本能寺に心が持ってかれるのを守ってくれるノッブの言葉を胸に今日も働いています。


    【以下いつものすわちゃん】


    ということで、今月は創作活動はお休みしております。
    来月以降も、季節の変わり目、お仕事が忙しくなる予定でございます。

    他メンバーは日々、エペに励んでいるようです。
    良い報告も上がっているので、確実に上達しているようです!

    乞うご期待!と言ったところですね!
    詳細は、励んでいるメンバーのブロマガを楽しむに待ちましょう。

    では、本日はここまで。
    お付き合いいただきありがとうございました。

    信濃衆 諏訪頴水





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。