• 幸せになる方法

    2018-06-19 00:26






    幸せってなんやねん、、、
    突然そう感じることがある。

    漠然とさみしく、むなしくなって、、でも原因も解決法もわからなくて

    そんな時私はグーグル先生に頼る。

    すると幸せになる方法がわんさか出てくる。
    大体中身は似通っていって、

    「自分を変える」
    「気分転換」
    「執着しない」
    「忘れる」
    「本当に大事なことかみつめなおす」

    みたいなことが書いてある。

    正直これをすごくいいこと!みたいに思える人がいるなら、脳みそが少し萎縮してると思う。

    だって自分を変える必要ないし
    気分転換に行って晴れるならこんな検索しないし
    執着しちゃうから悩んでいて
    忘れていいものじゃないからモヤモヤする
    見つめなおすって、、、
    いかにもあんたの悩みだのさみしさなんて大したことないよ!前向いて生きよ!って
    なんの悩みもない人に馬鹿にされてるみたいなきもちになる。

    そんでもって説教臭い。ひねくれすぎかもしれないけど、
    幸せな私を見習いなさい
    そうしたら幸せになれるのよ
    っていじわる女に言われてる感じ。

    だから私は
    ネットの記事をよんでも幸せへの原因も、解決もわからないんだって思った。

    で、結局は自分なりに原因を考えてみた。

    ・自分の幸せは好きな人と一緒にいること。
    ・会えないからさみしくなる。
    ・一緒に居たいのに居れないもやもや。
    ・さみしい音楽だったり帰り道の夕暮れとかでさみしさに取り込まれちゃう。
    ・人込みも、どこに行っても会えないさみしさしか思い出せない

    ・そんなさみしさのまませっかく会えて、幸せになっても
    ・また会えなくなってしまうって考えて、さみしさから抜け出せない。

    原因を並べてみて、さみしさに囚われてしまうことが判明した。


    判明数日後


    また幸せがやってきて、私は幸せに浸かっていた。
    さみしさをスタンバイしながら、、、

    で、そんな時察しの良い彼が私のためにこんなことを言ってくれた。
    「安心していいんだよ、家族みたいなもんなんだから。」

    私は幸せの風呂に浸かっていてただでさえ気持ちいいのに、幸せのバブが投入されたのだ。

    その瞬間さみしさは吹き飛んで、私はその光景を忘れないように忘れないように脳裏に焼き付けた。


    よくよく考えると彼は前にも同じことを何回か言ってくれていたのに、
    なぜ今までさみしさに囚われてしまっていたのか、、、、


    ・・・・・


    ・・・・・!!!!!




    私は幸せだったことを忘れてしまってた事に気づいた。
    そして、幸せを忘れると同時にさみしさがやってきていた。

    『幸せを忘れないこと』

    わたしが幸せになる方法として納得できたのは
    他人の言葉でも、ネットの記事でも、避けることでもなく、
    忘れないことだった。

    もし今さみしい人が居るなら幸せをわすれずに、新鮮なまま保存してみてはいかがかな?


  • 広告
  • 25歳日記はじめました。

    2018-06-17 22:29
    これからブロマガ書いていきます。
    ゆこたんです。
    文才も語彙力もないので面白くないかもしれませんが、
    いい暇つぶしになればと思います。
    思ったことをポンポン書いていくので、読みにくいところもあると思います。
    おてやわらかにということで、、、

    今日はこのブロマガを書くにあたって思ったことひたすら書いてみました。
    ど早速ですがどうぞ。

    普段は大企業の子会社でのんびりOLしてます。
    とても普通の生活。

    普通の生活っていいよね。
    決まった時間に出社、決まった時間に帰宅。
    掃除洗濯自炊が終わって明日のお弁当の準備もOK。
    風呂からあがってTwitter、ニコ動、ネトフリ三昧。
    休日は友人と買い物、飲み会。

    普通の生活を繰り返し。繰り返し。
    そんな毎日は決して悪いものじゃないし、いいんだけど、、、

    繰り返して心も体も大人になって
    いい意味でも悪い意味でも丸くなった。

    そんな時、私たちが小さかったときを思い出す。
    小学生なら小学生なりの普通の生活だったけど、すべてに興味があってすべてに感動してた!
    買い物に行かなくてもゲームで熱中し喜怒哀楽した!
    高級な料理がなくても駄菓子で集まれた!飲み会なんてなくても本気で語り合えた!

    今はどうだろう?
    <思い出はおっくせんまん>じゃないけど
    ゲームや駄菓子の幸せも普通になって、
    幸せを感じれなくなって、不感症状態だ。
    今私はお前は不幸せなんだぞ!と言っているわけじゃない。
    幸せな人もいるだろう。

    ただ、そう感じていない人には
    そんな感じで何事もなく死んでいくのが人生なのか?
    人生を誰かに乗っ取られてもいいのか?


    という疑問が来ると思うし、もう来た人もいると思う。
    そこであきらめるのも、何か行動するのも自由だ。
    だけど私は疑問感じた瞬間からをずっと根にもっていた。

    そんな時
    私の脳みそのキャパは人よりも少ないのでもう誰が言っていたかわからないけど、
    人間は何かしらで表現するんだって聞いた。

    特別な才能も権力もない私には何をどう表現できるか考えたら
    絵や写真で自分の世界を表現することだ!そう気づいて
    今は絵をかいたり、写真を撮ったりしている。

    それが何になるか全くわからないし、
    人生の舵を執れるとも思っていないけど、〖表現すること〗で充たされるのだから
    それをすることは正解なんだと思ってる。

    そして〖表現すること〗の手段の一つにこの日記はうまれた。

    このブロマガを投稿したところで何が充たされるかわからないが、やってみるしかない。
    面倒だと思うが絵も写真もやってみないとわからなかったからだ。

    最後に
    もし、この日記が誰にも見られる事がなかったら、存在していないことになる。
    もし、誰かが見てくれたなら、この日記は存在していて誰かの記憶になる。

    欲をいえば、せっかく書いたのだし、誰かの記憶になってほしいと思う。