ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2020年 宝塚記念 予想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020年 宝塚記念 予想

2020-06-27 22:40
    どうもご無沙汰しております。
    帝王賞は病み上がりと仕事の関係で予想記事が書けなかったので、宝塚記念の見解を述べていきます。体調と天候には十分注意して下さい。

    ※netkeibaより
    新型コロナウイルスの関係で海外遠征がほぼできないこともあり、久々にフルゲートになった宝塚記念。メンバーも中々よく予想するには骨があります。
    前回の安田記念はアーモンドアイを基準に予想を組み立てたのでやりやすい部分はありましたが、今回はそういった明確に抜けているような馬もおらず、この時期は雨の関係で馬場も悪化しやすい上に、実質初対戦となるような馬も多いので軸と相手に非常に悩みます。

    ◎サートゥルナーリア(3枠5番/C.ルメール)
    悩みに悩みましたが、右回りの相性と関西圏の競馬ということでこの馬を本命に。
    東京競馬場の相性は非常に良くはないのですが関西圏の競馬場の相性がよく、特に右回りであればパフォーマンスを発揮できる点を考慮。
    時計がかかるほうが良いタイプではあるものの、当日阪神の天気はあまり良くなく稍重~重馬場での競馬が見込まれる。稍重程度なら歓迎ではあるが重馬場以上は未知数。

    ○クロノジェネシス(8枠16番/北村友一)
    重馬場経験で重賞勝利がある点で高評価。また前走は大外を回された分もあったが2着と評価としては高かった。中々勝ちきれない競馬が多いが馬場が重くなれば、先行力もあり逆転の可能性もある1頭。
    大外枠ではあるものの、スタートしてからの直線の長さを考えれば邪魔をされにくい枠でもあり、先行できればというところ。

    ▲ラッキーライラック(6枠11番/M.デムーロ)
    大阪杯では立ち回りが上手くこの馬らしい強い競馬が出来た点は評価したい。
    オルフェーヴル産駒ということもありパワーのいる馬場は問題なさそうだが、稍重以上での競馬は昨年の府中牝馬Sのみ(3着)。雨の影響でそれ以上に重くなると見られる中でパフォーマンスを発揮できるかどうかはサートゥルナーリアと同様。
    付け加えると、古馬でのG1勝利はいずれも内枠(前走大阪杯は5枠5番で中枠だが、12頭立てと少頭数ということもありほぼ内枠と同義)、今回外目の枠を引いたが同じようにインでロスなく立ち回ることは難しいと見られる。

    △レッドジェニアル(4枠8番/酒井学)
    京都新聞杯の勝ち馬で前走の鳴尾記念では3着。距離としては丁度良く、キングカメハメハ×マンハッタンカフェの配合なら非根幹距離でリズムを作りやすいと見られる。重い馬場もそこまでは苦にはしないかもしれないが純粋な能力でいうとやや物足りない印象もある。

    △キセキ(7枠14番/武豊)
    出遅れぐせが酷く近2走の長距離戦は力を見せるものの凡走。特に出遅れ癖だけでなくかかりにかかってしまっておりかなり乗り難しくなっている。
    距離短縮はプラスではあるものの、「スタートが決まる」「素直に逃げられる」という点が決まれば馬券内はありうるが、スタートが決まらなかった時点で破綻する。

    △ブラストワンピース(8枠18番/川田将雅)
    能力は非常に高い。ただ好走と凡走を交互に繰り返しており、凡走した時は調整不十分であった。今回調教については気配は良さそうで重い馬場についてもハービンジャー産駒ということもあり、相性はいい。あとは大外枠で鞍上がどう乗るか。

    ×ペルシアンナイト(1枠2番/和田竜二)
    安田記念は凡走してしまったが、元々安田記念自体がスプリンター寄りが走りやすいレースということ、左回りの相性の悪さを考えると見直しは効く。距離はやや長いかもしれないが阪神の相性は悪くはない。こちらもハービンジャー産駒らしく重馬場は悪くないと見る。
    問題はインでロスなく立ち回れることはいいが追い込み馬で前が開かないと詰まってしまうことか。

    ☆トーセンスーリヤ(3枠6番/横山和生)
    新潟大賞典の勝ち馬はそれほど来る印象はないが、先行経験があり父系がローエングリンとサドラーズ系が強調されている点はプラス。この時期の宝塚記念はサドラーズ系の馬が走りやすく、パワーのいる馬場はこなすと見ている。枠についても非常にいい。

    ☆ダンビュライト(7枠13番/松若風馬)
    去勢して2戦目で騸馬の身体に馴染んできていると見る。気性面での課題はどうなのかというところではあるが、能力は非常に高い。また宝塚記念自体には5着と突っ込んできたこともあり、相性は決して悪くない。
    前走は3200という距離が長かった印象があるが距離短縮して、自分自身の競馬ができればというところ。

    といったところで見解は以上です。買い目については後ほど記載をしたいと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。