Summer Pockets(サマーポケッツ)の感想。(ネタバレなし)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Summer Pockets(サマーポケッツ)の感想。(ネタバレなし)

2018-07-06 21:10
    とても久しぶりの更新となりました。まさか6月まるまる更新しないとはブロマガ始めたことをまるで忘れたかのように日々過ごしたかのようなもので4月から立ち上げましたがこんなに日が経つのが早いものなのだなって思わされます。 せめてひと月に1記事ってくらいののんびりとした更新でいいかなって思っていましたけどのんびりが過ぎましたね。

    ゲームの感想を書いていくブロマガですが5月、6月と遊んだゲームってわりと無くて、6月はゲームの祭典であるE3の発表を心が躍るような気持ちで楽しんでいました。あと6月は体験版やベータ版の位置づけになりますが『マリオテニス エース』を遊びまして面白かったので速攻e-shopへ駆け込みDL版を購入しました。しかし6月下旬から多忙もありゲーム自体はそんなに遊べてなく、趣味のお絵描きをする時間を設けて日々過ごしたり、久々に動画を作成してニコニコに投稿してみたりして過ごしていました。どんなの描いてるの?って人は僕のTwitterの固定ツイートにモーメントを設置しているのでそこから過去絵が見れます。【Twitter→@shinshinko_0107

    サマーポケッツは夏休み、家族愛、思い出そしてチャーハン




    サマーポケッツ(通称サマポケ)はいわゆる恋愛アドベンチャーです。俗に言うギャルゲーエロゲーってやつですね、しかしサマポケは全年齢対象らしいですねヤッタネ!(何が)
    Keyゲーとも言えます、例えばアニメで有名なら『CLANNAD』『AIR』『Angel Beats!』などが有名でしょう、どれも原作がゲームでアニメ化されたりその逆の作品もあります。どれも感動できるシナリオと個性的なキャラクターも多く笑いあり涙ありがとても魅力的なタイトルです、サマポケはそのkeyゲーの最新作というわけになります。

    僕はkeyの作品はPSP版CLANNADが入口であり、深夜アニメ等に興味を持ったきっかけにもなっているある意味人生に影響を与えた偉大なる作品というわけですね。それからAIRはアニメで見て、リトルバスターズ!はPS2版やPSP版をプレイし、RewriteやAngel Beats!はPC版をプレイしました。逆にほかの恋愛アドベンチャーは遊んでいなくてkeyがそのものが好きって感じですね。

    そしてそしてゲーム本編感想としましては、ネタバレなしと記載していますのでどうしても多くは語れません...テキストとイラストやBGMで表現された世界観でシナリオがやはり重要となってきますし、なにより多くの人に遊んでもらいたいという思いも強く存在していますので本当にざっくりした記事になっていまいますね。言えることはkeyブランドは決して終わっていなく今も健在であり、その期待を超えてくれたということです、なのでkeyゲーに触れたことのある人こそぜひとも触ってほしい作品のひとつなのです。

    ストーリー

    亡くなった祖母の遺品整理のために夏休みを利用して、鳥白島にやってきた主人公の鷹原羽依里(たかはらはいり)。

    祖母の思い出の品の片付けを行いながら、初めて触れる「島の生活」に戸惑いつつも、順応していく。

    海を見つめる少女と出会った。
    不思議な蝶を探す少女と出会った。
    思い出と海賊船を探す少女と出会った。
    静かな灯台で暮らす少女と出会った。

    島で新しい仲間が出来たーー

    この夏休みが終わらなければいいのにと、そう思った。

    『公式サイト→http://key.visualarts.gr.jp/summer/index.html』







    ※(ゲームクリア後のキャラクター配置やテキストが自由に打てるモードでの画像です)

    個性的なキャラクターたちがたくさんいてとても見ていて楽しくて微笑ましく和みます。ヒロインは四人なので4つのルートが存在します、どれも心に深く刺さるようなシナリオなので涙を流しながらゲームプレイすることが必然です。中にはシナリオ終わった後の展開をユーザーに委ねているのかな?っていう演出があり、そこも悲しんだ後プラス思考になれるのもまたいいなって思うルートもありました。どのルートでも基本的にいろんなキャラクターたちが登場して困ったときに協力をしてくれて思入れが強くなるばかり。唯一主人公のボイスが一切なかったのと立ち絵のグラフィックの登場の機会があまりなかったのがちょっと残念だな~って思いました、中には声なくてもいいって人もいますし自分が主人公になりきるっていうのもあるので強い印象は極力避けたのかなって思いますね、今後声が付いたりするのであればそれはそれで楽しみの一つへと繋がっていくと思うのでそこは期待というところですかね、アニメ化が一番期待持てますがかなり先のお話になりそう...。

    でもそれでも夏休みの思い出を強く前面に押し出していているさわやかな体験ができます。クリアした後とか本当によかったなあって浸るほど、強く僕はハマりました。そんな夏の一本!
    どうやら舞台になった鳥白島は瀬戸内海に存在するいくつもの島がモチーフとなっており、ゲーム内にあった建物などが本当にあるということなのでいずれ行ける日があれば写真を撮ってブロマガに出来たらなって思います。




    根幹はストーリーなので深くは語れませんがサマポケは体験版もありますのでPCがあってスペックに余裕があればぜひともお試しでプレイされることをオススメいたします。
    『体験版→http://key.visualarts.gr.jp/summer/download.html』(公式サイト)

    というわけで本当にわずかな触りだけの記事となってしまいましたが、どのゲームもですけど特にこういうゲームはストーリー体験がとても重要なのでぜひともプレイしてほしいなって思いが伝われば幸いです。

    次の更新も長くなりそうだな~(遠い目)


    判定

    9/10



    10でもよかったですけど
    主人公のボイスやそのほか細かいシナリオ掘り下げの期待を含め9にしました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。