S16 最高レート2009 炎Zゴウカザル × ご自慢のどくどく珠ゲッコウガ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

S16 最高レート2009 炎Zゴウカザル × ご自慢のどくどく珠ゲッコウガ

2019-09-07 12:56



    どうも皆さんこんにちは、塩犬です。
     今回は、あんまり居なさそうな型のゲッコウガでレート2000に行けたので、構築記事を書こうと思います。
     構築のベース自体は前々期の構築↓と同じですが、変更した点等も含めて軽く書いていこうと思います。
    https://ch.nicovideo.jp/shioinu42/blomaga/ar1549654

    【今回のQR】
     → https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-3968-42FD




    【構築概要】 前回の構築から変えた技構成や努力値振りは太字にしておきます

    ゴウカザル@炎Z

    臆病:151‐98‐91‐156(252)‐92(4)‐176(252) (A0個体)

    ブラストバーン/火炎放射/悪巧み/身代わり


    ゲッコウガ@珠

    臆病:147-X-88(4)-155(252)-91-191(252)

    手裏剣/悪波/めざ電/毒々



    ポリゴン2@輝石

    控えめ:191(244)‐X‐135(100)‐138(100)‐116(4)‐88(60)

    放電/冷B/自己再生/身代わり


    メタグロス@石

    意地っ張り:171(124)‐210(204)‐170‐X‐130‐153(180)

    思念/バレパン/アムハン/地震


    ランドロス@スカーフ

    陽気:165(4)‐197(252)‐111(4)‐X‐102(12)‐155(236)

    地震/蜻蛉/ストーンエッジ/爆発


    カプ・レヒレ@眼鏡

    控えめ:175(236)‐X‐144(68)‐154(196)‐151(4)‐106(4)

    ドロポン/ムンフォ/めざ炎/トリック

    【個別解説】


    ゴウカザル@Z



    [調整意図]

    CSぶっぱ、A0じゃないとタイプ一致イカサマで身代わりが割れる可能性が出てくるのでA0で厳選した。(前回と同じ)

    今回もエスパー技の無い等を起点にする崩し枠として採用した。前回採用していた時と違って今シーズンでは、



    Ctuberが動画で使っていた効果もあったのか微妙にこの型の知名度が上がったため、を後投げされたり、炎Zのタイミングでを後出しされたりと、前より炎Zを切るタイミングを慎重に考えないといけなかった。来期はもう少し別の型も開拓しないといけないように感じた。


    ゲッコウガ@珠




    [調整意図]

    CSぶっぱ。

    今回のオナニー枠。今期、バトン構築によく当たった。そこで、の上から手裏剣で削りつつ、めざ電での後出しを許さないを採用する事にした。しかし、等の数値受けに滅法弱いので、何か一矢報いる事はできないかなぁと考えたところ、「を対策するための枠なんだったら手裏剣とめざ電があれば冷凍ビーム要らないんじゃね?」と考えた結果、この技構成となった。この構成にすることによっての火力と毒による数値受けへの崩しを両立した。また、に毒を入れた後、放電読みでめざ電を撃ってターンを稼いだりと、この構成ならではの動きが出来た。


    ポリゴン2@輝石



    [調整意図]

    H‐B:A4のジャイロボールをみがわりが確定耐え

      A4のヘビーボンバーをみがわりが最高乱数以外切り耐え

    (前回と同じ)

    前回と全く同じ身代わり。2000に到達する1時間前までは挑発だったのだが、結局、や毒に強く、の欠伸をカットできる身代わりになった。何より毒は身代わりとの相性はめちゃくちゃ良いので、採用して良かったと思った。


    メタグロス@メガ石



    [調整意図]

    H-B:A特化A1↑の地震確定耐え

    A特化のシャドクロZ最高乱数切り耐え

    A:バレパンで無振り81.2%の乱数

    S:準速100族抜き (前回と同じ)

    地震の枠を冷凍パンチや草結びに変えてみたが、結局いつもの構成になった。やっぱりこの技構成が最強なんやなぁと感じた。


    ランドロス@スカーフ




    [調整意図]

    A:ぶっぱ

    hbd:端数

    S:準速100族抜き抜き抜き

    エッジを搭載したことによってを処理しやすくなった。相手が構築の時、対面でエッジが安定になるのも良い所。(まぁ当たらなかったら意味ないんですけどね) ↓動画の使いまわし画像



    カプ・レヒレ@眼鏡




    [
    調整意図]

    H-B:A203A1↑恩返しを確定耐え

      のフレドラ+雷パン確定耐え

    C:167-171にドロポンが確2

     197-127にムンフォが確1

    (前回と同じ)

    いつもの努力値振りの。交代読みでにめざ炎を撃てるのが強かった。等にトリックでを押し付ける動きも強かったが、トリックを読まれてメガ枠やZ枠に交代されるのも多かったので、来期はちょっと違う型にしてもいいかもしれない。

    【終わりに】

    ここまで読んでいただきありがとうございます。ここからは、自分語りのコーナーです。ここまで耐えたので許してください。


    今期は途中まで正直2000無理かなぁと思いながらだらだらとレートをやっていました。そんな時に僕の友人の実況者が、最強実況者全力決定戦に出場しているのを見て、「自分も負けてられないな」と思ってギリギリではありますが、なんとか今期も2000に乗せる事が出来ました。自分はまだまだ課題も多いですが、いつか自分もその人のように、もっと強くなってまた実況者大会に呼ばれたいです。そのために、これからもレートや動画制作を頑張っていこうと思います。

    まぁ、とりあえず今はサークルの合宿中に一人でこの文章を書いているというこの現実をなんとかしていこうと思います。それでは、また。












    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。