• ノーチラス勉強ノート

    2018-09-23 00:35
    ノーチラス割と強い

    ■連打射撃がつよい
     チャージせず射撃ボタンを連打しても弾が一発ずつしか発射されないが、ほんの少しチャージしてから射撃ボタンを連打すると、デュアルスイーパーほどの密度の弾幕を発射できる。この射撃中はチャージメーターが一周分まで増加し続けるので、インクタンクが底をつくまでこの射撃を続けることが出来る。この連打射撃はデュアルスイーパー並みの射程に加えて、集弾性の良さと1発のダメージの高さを有する。この連打射撃中はチャージが増加し続けるので途中で通常射撃を織り交ぜることもできる。
  • 広告
  • バレルスピナーとイカニンジャは相性が良い

    2018-02-24 20:20
    バレルスピナーとイカニンジャの相性が良いと思う理由をここに説明します。

     バレルスピナーはチャージが必要なため不意打ちされるとすぐに応戦できません。
    その場合相手の攻撃を避けつつチャージするか、もしくは逃げなければなりません。

     前作はバレルスピナーの歩きがトップクラスに速く相手の攻撃を楽にかわせましたが、今作は歩きが遅いため、前作ほど楽ではありません。そこで、発想を変えてヒト状態の歩きではなくイカ潜伏状態のイカニンジャで不意打ちに対応することを考えました。

     今作のイカニンジャは視認することが難しく、相手が見失って逃げやすくなります。また、バレルスピナーで最短で相手を倒すためのチャージ時間は意外と短く、更に今作現在のバレルスピナーの1弾のダメージ量は32であり、相手を3発で倒すことも多く狙えるので、「イカニンジャで見失わせたあと相手の死角に回り込んで最短チャージでキルする」という動きが、ヒト状態の横歩きの代わりとなる充分に実用的な応戦方法だと考えます。

     また、戦線を上げるときにこちらのイカ移動の飛沫を見られて先制攻撃を受ける、といった状況が回避でき、イモりがちなバレルスピナーも臆することなくどんどん前に詰めることが出来るようになります。

     射程が短く機動力が高く縦横無尽に動き回る前線武器とは異なり、バレルスピナーは長射程を活かしチャージの隙を隠すために安全なポジションを転々と慎重に移動するので、イカ速度の低下はあまり影響がないと僕は思います。ヤグラやホコなどイカ速度の低下が痛いルールでも、今作はイカニンジャによるイカ速度の低下を取り戻すためのギアパワー量が少ないのでイカ速度を確保しやすいです。
     
     以上で説明は終わりです。最後に僕のギアを書いておきます。

    ヒト速度1,3(19/57)
    イカ速度1,3(19/57)
    スーパージャンプ時間短縮0,3(9/57)
    イカニンジャ


  • サイボーグシロちゃんの大学ノート

    2017-07-20 23:41
    名刺
    サイボーグシロちゃん
    前作スピナー、52カンスト
    今作
    大会成績


    イカ、思いついたことの殴り書き

    ■バレルスピナーのコツ

    ●敵を倒しても発射をキャンセルせずチャージをなるべく使い切る。
    →敵を倒した直後別の敵に襲われたときに対処できるようにするため。
     再チャージするまで応戦できない。
    →敵を倒した後周りを塗るか、他の敵に位置を気づかれたくないなら壁や床を撃ちつづけて隠す
    ●敵に近づかれそうになったら敵インクにインクをぱらぱらと撒く。
    →一方的な間合いより近づけさせないようにするため。
     バレルの射程と弾数のおかげで広範囲に細かくインクを撒くことができ、敵の行動を鈍らせる。


    ■一般テクニック
    ●インクに潜っている敵をなるべく撃たない。ヒト状態になったところを狙う
    →弾が当たりづらくイカ状態で素早く回避されるうえにカウンターを貰いやすい。
    ●敵はひとりずつ相手する。複数の敵にちょっかいをださない。
    →初めに相対した敵を倒す前に別の敵が視界に入ると気が逸れてその敵に手を出してしまいがちだが、1対複数の打ち合いに発展する可能性があるのでやめたほうがいい。

    ■打開テクニック
    ◇ひとりで
    ●隠れながら塗り進み、奇襲や潜伏を行ってキルを稼ぐ。
    →隠れずに塗り進むと敵に居場所がばれて先制攻撃されやすい。また、敵にすぐ塗り替えされ、敵のSPを溜めさせてしまう。
    ◇みんなで
    ●味方のフォロー。足元を塗ってあげる。