ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

shiroのRTA活動記2020『カービィのエアライド』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

shiroのRTA活動記2020『カービィのエアライド』

2020-12-06 22:30
  • 1

2020年、この1年間はエアライドのRTAを精力的に行ってきました。

まず、僕がこのゲームのRTAを始めたきっかけについて。
2019年10月20日、「ゲームキューブRTAリレー」の告知がありました。
その中で、一つだけ興味を持ったRTAがありました。
それが、カービィのエアライド シティトライアルAny%でした。

やるからには本気でやりたい、というのが僕のスタンスであり、
大会が終わった後もエアライドをやり続けることを、この時から想定していました。
また、100%RTAの記録を詰めたいという野望も、この時点からありました。
2020年をエアライドに費やすという覚悟を持って、ゲームキューブRTAリレーに応募しました。

そして2019年11月30日、走者発表が行われ、エアライドを走ることが確定しました。
リズム天国シリーズのRTAやカビコレの解説動画編集を行いながら、2019年が終了します。


そして2020年に入ります。2月22日に本番なので、いよいよ練習を始めます。
ペリーさんの解説動画を見て、1月8日、初通し。
記録は3時間20分41秒。このRTA、つらすぎないか!?
120個の課題を全部覚えなければ、まともに通すことさえきついです。
さすがに焦りを感じたので、とにかく通しまくって慣れることにします。

1月9日、2走目、2時間48分20秒。
1月10日、3走目、1時間59分56秒。
やった!2時間切れた!
3回やってちょっと慣れてきたので、大会が近づいてきてから、もう一度練習を始めることに。


2月に入り、本格的に練習を再開します。
2月4日、1時間48分44秒→1時間28分14秒。
2月8日、1時間26分18秒→1時間23分17秒。
2月12日、1時間22分44秒。
2月14日、1時間21分35秒。
2月19日、1時間20分33秒。
2月22日(午前中)、1時間19分38秒。
次々と自己ベストを更新し、speedrun.com上でも世界3位(当時)まで上り詰めました。

そして、2月22日、迎えたGCリレー本番、1時間19分27秒で完走!
本番で自己ベストを更新し、区間賞も取りました。
ありがたいことに、GCリレーの運営賞もいただきました。
とGCリレーは大変満足な結果に終わりました。
この時点で、試行回数は481回、試行時間は87時間15分29秒に達しており、
僕が当時一番時間をかけたRTAである、『星のカービィWii』の「Kirby Master」をこの時点で超えていました。

しかし、まだまだ僕のエアライドは終わりません。
当時の世界記録はBluekandy氏の1時間0分6秒。これを抜くのが目標です。


ただ、別のイベントもあったので、しばらくエアライドを休止します。
「RTA 1n Kagawa Online」では『カービィのすいこみ大作戦』を走り、
「カービィシリーズタイトルRTAリレー2」では、『毛糸のカービィ』の解説のために、RTAを覚えました。
あと、『リズム天国 ザ・ベスト+』の100%RTAを19時間かけて走ったりもしました。


4月に入り、エアライドに戻ってきました。
ここから、ついに複数コントローラを解禁します(GCリレーではルール上使えませんでした)。
その効果は絶大で、4月6日、1時間8分7秒とわりとすぐに大幅更新。
そして、4月10日、当時の世界記録となる59分41秒を出しました。
世界初の1時間切りを達成したのです。

しかし、その世界記録はすぐ抜き返されました。
僕のプレイを見ていたBluekandy氏が、RTAを再開しており、
4月14日、Bluekandy氏は57分24秒というタイムを叩きだしました。
それ以降も、4月17日に56分56秒、5月6日に54分28秒と縮められ、
僕が世界記録を抜き返すことはもうありませんでした。

そして、5月22日に今の世界記録、49分41秒という恐ろしいタイムがBluekandy氏によって出されてしまいました。
一応言っておきますが、このときまだスタジアムの乱数調整なんてないんですよ?


ひたすらシティの世界を抜き返すため走り続け、
5月1日、59分22秒に更新するも、この時点で試行時間は相当増えていました。
さすがに世界記録を抜き返すには時間がかかりすぎると判断し、
別のカテゴリーも攻めることにしました。
あの、「RTA in Japan Online 2020」もそろそろ応募受付が開始される予定だったので、
応募するカテゴリーを増やす目的もありました。

エアライドの2つ目のカテゴリーとして、ウエライドAny%を応募することにしました。
というわけで、まずは記録を出していきます。

短いカテゴリーであったため、記録はすぐに出ました。
5月7日、25分16秒で完走。
5月10日、23分56秒に更新。
そして5月12日、今の世界記録である22分41秒が出ました。
解説動画も出して、準備万端!
ウエライドAny%をRiJに応募しました。


3つ目のカテゴリーとして、エアライドAny%を応募しようと思い、練習を始めたのですが、
さすがに間に合わないと思ったので、応募は諦めました。
とは言え、エアライドがRiJに採用されたら、エアライドのRTAの全体像は知っておきたいと思い、
エアライドAny%も練習を始めました。
このときは、ひたすらタイムアタックの練習をしていました。

RiJには、『星のカービィWii』と『みんなのリズム天国』も応募していました。
個人的には、リズム天国が一番採用されそうかなと思ってたりしました。
時間の短いウエライドAny%もありそう、とか。
そんな中で、シティトライアルAny%が採用されました。
一番やばいやつが採用されてしまったな、と。


ここからRiJに向けて、猛練習が始まります。
正直、僕はまだエアライドのRTA界隈では新人同然です。
スケジュールも決まったのですが、トリと決まって、戦慄しました。
間違いなく最も注目される時間であり、こんな新人の自分が出るには相応しくないだろう、と考えたりもしました。
しかし、応募して採用してもらった以上は、本気でやるしかないと思いました。

少し違う話になりますが、この時は「City Trial 100 Checkboxes」というカテゴリー名でした。
これが、100%と間違われる件がたびたび見られたので、Any%であることを強調するために、
「City Trial Any%」というカテゴリー名に変更してもらいました。

また、この頃にスタジアムのちょっとした乱数調整が見つかり、かなり完走しやすくなったりしました。


エアライドの全体像を把握するため、エアライドAny%の練習を本格的に行いました。
シティトライアルAny%も同時並行で行いました。
6月23日、シティAny%を57分22秒に更新。
7月13日、エアライドAny%を59分24秒で完走。
7月14日、エアライドAny%を51分48秒に更新。
7月17日、エアライドAny%を50分7秒に更新。
7月20日、エアライドAny%を47分52秒に更新。
エアライドAny%はspeedrun.com上で世界2位というところまで来たので、とりあえずはこれで十分でしょう。

7月31日、シティAny%を57分20秒に更新。
8月8日、シティAny%を52分43秒に更新。

本番までには世界を獲り返したいという思いで、時間があればひたすらやりました。
本番が近づくにつれて、プレッシャーがとてつもなく大きくなっていき、
マイクオンで配信するのが怖くなって、本番直前辺りはずっとマイクオフでやってました。


そして、迎えたRiJ本番、予定タイム1時間30分に対して、記録は59分8秒でした。
本番はあまりに多い視聴者数がかえって現実味をなくしてくれたので、そんなに緊張はしていませんでした。
解説を引き受けて下さったTHEチキンさんにも本当に感謝しています。


RiJは無事成功しましたが、もちろんまだ僕のエアライドRTAを終えるわけにはいきません。
RiJ内でも、シティAny%の世界取ったら解説動画作る、と宣言しています。
8月22日、シティAny%を51分37秒に更新。

この頃から、ただ記録だけを求めて、配信はマイクオフにすることに決めました。
しかし、現実は無情です。
この後は自己ベストが出せず、ひたすら時間だけが溶けていきました。


気分転換に100%を走ることにしました。
GCリレー応募のときから、100%は走りたいと思っていましたので、そろそろ走るべきだろう、と。
ルートの最適化を行い、
9月27日、5時間34分0秒。初通し。
10月2日、4時間56分59秒。世界記録更新。
まだまだ更新余地はあるものの、5時間切りを無事に果たせたので、一旦終了。

その後は「Puzzle Game RTA Festival」で、『ハコボーイ!』を走り、
終わった後はシティAny%の世界奪還に再び挑戦しました。


そして、ひたすら試行を重ね続け、11月22日、2回目の51分37秒。
11月26日、試行回数3072回、試行時間360時間20分31秒。これが最後のシティAny%配信でした。
Bluekandy氏は、またシティAny%に復帰し、すぐに僕の自己ベストの51分37秒を上回る記録を2回出していました。
しかも、そのうちの一つは47分台ペースでした。

心が折れました。


悔しいですが、彼に運では絶対勝てないと思い、このRTAから身を引くことにしました。
ここまでの成果を解説動画にすることに決め、後は後続者に託します。

シティAny%に関しては、出来る限りのことはやったつもりです。
まだエアライドAny%だったり、100%だったりありますが、またいつか詰めていければいいなと思っています。


というわけで、「【RTA】カービィのエアライド シティトライアルAny% 51:37 ゆっくり解説」、現在制作中です。
年内公開予定です。よろしくお願いします。


年末の「RTA in Japan 2020」では、『カービィのすいこみ大作戦』を走ります。
こちらもよろしくお願いします。



広告
×
エアライドRTAに駆けた一年。お疲れさまでした。
9ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。