• 【ポケモン剣盾ダブルバトル】ギミック鬼盛り!?トリル湿原ゴリラバニラモグラキメラ【S3使用構築】

    2020-02-27 12:00


    サムネ用

    ┃はじめに

    どうもシツヨです!
    報告です!!


    3ヶ月前に投稿したダブル構築記事『ゴリラバニラモグラキメラ』の閲覧数45000万件突破しました!うれし^~~~この場を借りて御礼申し上げますありがとうございましたァ!!



    ┃で
    以前の構築では剣盾ダブルの初期環境にしか対応しておらず、バンドリ以外には勝ち辛い欠陥を抱えていました。なのにも関わらず、この構築の仕様報告が今現在でもちまちま上がってきています……。ありがたい話ではあるんですが、正直に申し上げると時代遅れの構築で頑張っている報告を頂くのは心苦しい……。

    今の環境は
    ・追い風エルフ―ン+ジュラルドン
    ・キョダイリザードン+サポートポケモン
    ・トリックルーム(この指・猫・眠り粉サポート)+ドサイドン
    ・バンギラス+ドリュウズ(全盛期よりは少ないけどまだいる)
    ・オーロンゲ(壁or嘘泣き)+インテレオン
    ・サ イ ド チ ェ ン ジ
    etc...

    この辺と戦う際に有利、とは言わずとも五分五分には戦えるように『ゴリラバニラモグラキメラ』を調整してきました!!


    だいたい1000位代にはなれました(画像なし)

    2/28(9:00)~3/2(8:59)の期間にインターネット大会INCがあるので試走に抜群です!!!(誇張表現)(インターネット大会ではレンタルPTは使えません)




    ┃構築経緯

    0.ゴリラバニラモグラキメラ



    欠陥点
    ・追い風(エルフーン)相手に対応出来ずされるがまま
    ・素で早いポケモンが少ない
    ・トリルPTに対して対抗手段がない
    ・バンギラスの絶対数が減少したので砂にタダ乗り出来ない機会が多い
    ・呼び水トリトドンがクッソ重い


    この問題点に対して
    誓いパで相手フィールドを湿原(※1)にすればSが1/4になるので追い風無効!w
    ・S120だしインテレオンが強いらしいから使おう!
    トリル返しを仕込んでトリックルームの対策をしよう
    ・砂のタダ乗りの機会はまだあるだろう
    ・草タイプの採用数を増やしてトリトドンが来ないようにしよう
    (※1)〇〇の誓い:御三家が使える炎・水・草タイプのコンビネーション技。様々な特殊仕様があるので使う度に発見があるロマン技で、普段の威力は80。コンボが成立するとタイプ一致扱いで技の威力が150になり4ターン追加効果が発生する。

    水+草の誓い:タイプは草、相手の場を湿原(素早さ1/4)にする

    炎+水の誓い:タイプは水、自分の場に虹がかかる(追加効果2倍)

    草+炎の誓い:タイプは炎、相手の場を焼け野原(炎タイプ以外が毎ターン終了時に1/8ダメージ)(キョダイゴクエンと同じ?)にする

    本記事では主に『水+草の誓い』の事を指す



    1
    .誓い鉄球すりかえトリル返しゴリラバニラモグラキメラ



    改良点
    ・ゴリランダー+インテレオンの水+草の誓いで追い風対策
    ・鉄球トリックオーロンゲが覚えることが出来ないトリックルームをエルフーンは使用できる上にすり替えも追い風も挑発も使える完璧サポートポケモンの採用
    ・ミロバニラより吹雪の威力が出るインテレオン+バイバニラ


    結果:威力150の草技でもトリトドンが削り切れない←?????


    新たな問題点
    ・『誓い』は後に攻撃するポケモンの特攻の実数値で威力計算されるので、C60下降補正ダメかもゴリランダーで頑張ってた(下調べ不足)(インテレオン1ターン分の行動損では?)
    ・フルサポートエルフーンの技(すりかえ/トリックルーム/追い風/挑発)がギミック盛り盛りのヨクバリスだったので弱過ぎる
    ・普通にトリトドン出てくる←なんで?
    誓いを選出が出来ない(ゴリラが噛み合っていないため)
    ・インテレオン+バイバニラしか強くない
    トリル返しするターンにエルフーンが狩られてトリル返せない
    ・砂が欲しい
    ・ゴリランダーを使いこなせない


    この問題点に対して
    ・誓いの威力がもう少し欲しいのでゴリランダーを別のポケモンにしたい
    鉄球すり替えギミックは諦める
    ・砂を入れる
    ・『トリル返し』をするのが難しいので『トリル封印』をしよう



    2.湿原バンドリインテリバニラ


    改善点
    トリル封印トリル返しより容易にトリルに対してより強く
    ・ゴリランダー(C60)よりシルヴァディ(C95)の方が火力が出せる
    ・砂を入れてドリュウズ無双


    結果:初手トリルには強くなったが、後続にトリルされたら終わる。アヘアへローブシン耐性


    更なる問題点
    ・砂は強いが闘弱点4匹でローブシンが辛過ぎる欠陥が
    ・結局インテレオン(C120)の1ターンを犠牲にしてシルヴァディ(C95)の攻撃に使うのがもったいない(?)
    ・トリル封印は強いが先発が読まれやすい気がする
    ・ダイマ弱保ドリュの耐久が不安になってきた
    ・追い風アイアントとかいうギミックに全てを破壊された


    この問題点に対して
    ・シルヴァディの持ち物をスカーフにしてインテレオンより早く行動させよう
    ・『トリル返し』も『トリル封印』も難しいので、『トリルに便乗』しよう!





    3.トリル湿原バニラモグラキメラ


    搭載ギミック
    ・砂(ギガイアス+ドリュウズ)
    ・霰(インテレオン+バイバニラ)
    ・誓い(シルヴァディ+インテレオン)
    ・スイッチトリル(ギガイアス+サマヨール)
    ・味方殴り弱点保険(ギガイアス+サマヨール)

    結果:マスボ級達成!





    ┃個別解説


    ギガイアス


    かっけぇ…


    特性:すなおこし
    性格:勇敢(A↑S↓)
    持ち物:弱点保険
    努力値:252-252-4-0-0-0
    実数値:192-205-151-x-100-28(最遅+1)
    技:岩雪崩/地震/アイアンヘッド/守る

    ・砂を撒けてトリルアタッカーにもなれる上にバンギラスより攻撃実数値が高い神ポケモン
    ・(A特化バンギラスのA204)(誤差)(スイッチトリルで差を付けろ)
    ・ダイマックス使用率1位。こいつにダイマックス使えたら強い。
    ・バンギラスよりローブシンに強い(?)上に格闘技で弱保発動も狙える
    ・素早さを最遅+1にすることによって、後述する最遅サマヨールがトリル下に味方巻き込み地均しを行うことで弱点保険を自力発動できる
    ・一応、ダイマックス状態で頑丈顎+先制エラがみを耐えることが出来る程度の耐久がある
    ・S28なので、湿原下だとS111のポケモンより早く行動できる
    ・S28なので、湿原+こご風のS操作で最速100族より早く行動できる
    ・耐久も高く、砂補正のD×1.5倍等も合わさって弱保発動が狙いやすく、トリルにも強く出れる神ポケモンでした!


    ドリュウズ


    語呂重視枠1

    特性:砂掻き
    性格:陽気(S↑C↓)
    持ち物:気合の襷
    努力値:0-252-0-0-4-252
    実数値:185-187-80-x-86-154
    技:アイアンヘッド/10万馬力/岩雪崩/守る

    ・モグラ、この構築のモグラ枠。ゴリラとモグラで語呂が良い。
    ・前構築で弱保採用していたが、行動保証が得られる襷で採用。
    ・ダイマックス使用率3位。
    ・怯み運ゲーの申し子。岩雪崩3回使ったら1回は怯ませられるのが快感で癖になる。
    ・高い攻撃性能と広い技範囲に加え、砂を撒くことで確実に早く動ける安心感が得られたので、砂掻きドリュウズ採用するには砂起こしは必至だとしみじみ感じる強さだった。


    シルヴァディ


    語呂重視枠2

    特性:ARシステム
    性格:臆病(S↑A↓)
    持ち物:拘りスカーフ
    努力値:4-0-0-252-0-252
    実数値:171-x-115-147-115-161
    技:草の誓い/バークアウト/凍える風/熱風

    ・キメラ、この構築のキメラ枠でありゴリラ枠。ゴリラとキメラで語呂が良い。
    剣盾シーズン1~3の間で『草の誓い』を使えるポケモンが『ゴリラ(ンダー)』と『キメラ(シルヴァディ)』だけので、以前の構築名から運命を感じたので(?)誓いギミックと共に採用
    要するに、シルヴァディは『ゴリラ』であり『キメラ』である。
    ・は?

    ・『誓い』は後に攻撃するポケモンの実数値で火力計算されるので、C120のインテレオンにタイプ一致草技(威力150)を撃って欲しかったのでスカーフ。
    アイアントの上から熱風が使えたり先制バクアは強かったが、拘っていることがバレると放置されがちなので上手い運用が難しいポケモンだった。
    ・ダイマックス使用率4位。放置されることが辛いので、ダイマックスを数回使うことがあったが火力不足でジリ貧になるので使わずに済む選出を心掛けましょう。
    ・コンビネーション技が決まると抜群に裏のポケモン達がイキイキするのでサポートポケモンっぽい形の運用、使ってて火力も耐久も数値が物足りなくてイライラして楽しいポケモンでした!


    インテレオン


    ほっそ

    特性:激流
    性格:臆病(S↑A↓)
    持ち物:命の珠
    努力値:4-0-0-252-0-252
    実数値:146-x-85-177-85-189
    技:水の誓い/エアスラッシュ/吹雪/守る

    ・高速アタッカーの水御三家。
    ・環境上位で暴れているらしい(伝聞)
    ・コンビネーション技が成立すると、タイプ一致威力150草技を使えるので実質技スぺ5つ。
    ・インテレオンの専用技『狙い撃ち』と『水の誓い』の類似性(※2)が発見されて困惑
    ・先発適性が高くて、誓い狙いの『インテレオン+シルヴァディ』、両吹雪で氷狙いの『インテレオン+バイバニラ』、トリル使いに挑発したら隣のインテレオンが暴れますよ(サイチェンしながら)『インテレオン+サマヨール』全3パターンどれも強かった。
    ・ダイマックス使用率2位。ダイジェットでS上げてもヨシ、ダイストリームで雨に変えて次ターンのダイストリームの威力上げてもヨシ、ダイアイスの天候ダメで襷貫通ヨシ、全てほどほどに強かった。
    ・ただ、HP実数値が偶数だったり、同速インテレオン対決は誓いの仕様上勝ちになりやすいので、素早さを落として耐久に回しても良いかもしれない。
    ・上位勢が強いっていう理由が良く分かる強い高速アタッカーでした。
    ※2:『狙い撃ち』と『水の誓い』の類似性
    狙い撃ち:威力80/PP15/急所に当たりやすい/狙ったポケモンに当たる(特性:筋金入りの使う技と同じ性質)/呼び水に呼ばれない/
    水の誓い:威力80/PP10/呼び水に呼ばれない/コンビネーション技
    シルヴァディと同時選出しない試合では狙い撃ち欲しい場面が多すぎてキレるぞ!


    バイバニラ


    かわいい語呂重視枠3

    特性:雪降らし
    性格:控え目(C↑A↓)
    持ち物:解けない氷
    努力値:228-0-252-0-0-28
    実数値:175-103-105-178-115-103 
    (H:16n-1,S:4振り80族抜き抜き調整)(偶然の産物)(6V)

    技:吹雪/凍える風/フリーズドライ/氷の礫

    ・バニラ、この構築のバニラ枠。バニラとゴリラで語呂が良い。
    ・以前は襷で採用していたが、無駄に高い種族値を駆使するために耐久に回して火力上げアイテムを持たしてみたら案外強かったポケモン。
    ・氷タイプの癖に不一致抜群技を余裕で耐えまくって「硬くね?」って何度も言ってた。
    ・意外と硬いだけなので慢心するとすぐ死ぬ氷タイプの鑑。
    A下降補正なのにA実数値が100を超えている点が種族値の無駄配分の酷さを強く物語っているが、礫を採用しているので無駄にならない!!!!!!
    ・ダイマックス使用率5位。極稀に落とされたくない時だけ使う。
    ・相変わらず氷技全採用でダイマックスしたらダイアイスの見本市になるので注意。
    ・耐久を得た天候書き換えポケモンになったので、対砂に後投げしてドリュウズ粉砕したり、インテレオンの吹雪を必中にしたり耐えて吹雪で凍らせたり大活躍だった。
    ・Sを落としたことと構築内にS操作(湿原)技があり、凍える風の使用頻度が落ちたのでラスカノやオーロラベールにしても良いかも?


    サマヨール


    さわさわさわ
    特性:お見通し
    性格:呑気(B↑S↓)
    持ち物:進化の輝石
    努力値:252-0-252-0-4-0
    実数値:147-75-178-x-171-27 (A:0,最遅)
    技:地均し/トリックルーム/鬼火/サイドチェンジ

    ・トリル返しに失敗してトリル封印にも失敗して行き着いたスイッチトリル+サイチェン枠。
    ・トリル下でドサイドンより遅く、鬼火を持っているのが偉い。
    前述したギガイアスより、Sが1遅く、地均し+弱点保険のギミックも兼ね備えている。
    ・物理耐久がバカげているので、初手トリルを狙いに行った際にサマヨール集中されても余裕で耐えてくれた。偉すぎる。
    特性:お見通しはダブルバトルでは相手ポケモン2匹とも持ち物が判明するので、謎の地雷ポケモンに圧殺されるような事故を防止してくれるので偉すぎる。
    ・ダイマックスポケモン(インテレオンorギガイアス)の隣にいるときにも強く、サイドチェンジで挑発や攻撃技をダイマックスポケモンに数値受けさせて、大暴れする機会が多く、サイドチェンジにハマってしまった。
    ・HPが少なく、砂と霰のギミックがあるのでHPがガシガシ削れて行くから回復技が欲しくなるけど、採用してる技の全てが偉いから難しいねんな……


    ┃選出パターン

    湿原の通りがいい
    先発:インテレオン+シルヴァディ
    後発:ギガイアス@1

    湿原が決まれば、割とイージーWIN出来まるので後続は火力が出るポケモンで。

    ・エルフーン+ジュラルドンorリザードン(追い風ギミック)が相手の時
    先発:ギガイアス+ドリュウズ
    後発:サマヨール@1
    or
    先発:インテレオン+サマヨール(※3)
    後発:ドリュウズ+ギガイアス

    純粋に砂で押せそうな時と押せなさそうな時の2パターン。
    択がめっちゃ多いので先発読みが上手くいったら勝てる。祈ろう!

    (※3:初手の順番に注意。サマヨール+インテレオンの順番だと、相手のゴチルゼルの特性が『かげふみ』か否か確認が出来ないらしいぞ!)


    ・氷の通りがめっちゃ良いorトリルを使わせたくないけど砂が通らない
    先発:インテレオン+バイバニラ
    後発:@2
    吹雪吹雪で凍らせたらトリル無効にできるぞ!(雑)

    敵PTに水ロトムとトゲキッスがいる
    先発:ギガイアス+サマヨール
    後発:@2
    砂耐性が高く、インテレオンにも強い水ロトムは絶対出てきます!水ロトムとトゲキッスが同梱されてたら基本この初手で来ます。
    初手ダイストリーム+この指で全てを破壊されないようにトリルとサイチェンを組み合わせて頑張ろう!キッス倒したらローブシンが出てきた?負けで…


    ・敵PTにローブシンがいる
    先発:インテレオン@1
    後発:ギガイアス+サマヨール

    ローブシンが本当に無理なので、ダイジェット+何かで削ります。
    チョッキローブシンだと更に無理度が上がるので弱保物理技で頑張ってください。
    なお、チョッキローブシンにダイマックス使われたら頓死します、頑張ってサマヨールのサイドチェンジでダイナックルを避けましょう。


    ┃レンタルPT






    ┃動画

    使用感覚と運用方法と選出の決め方を軽くまとめて見れます




    ┃質疑応答
    コメントやTwitterで何度か以前の構築について質問されたことがあったので、記事に記載した方が良さそうな質問事象をこの項目に逐次追加していく予定です。構築や気軽な質問コメントお待ちしています!
    Q1.何故この時期に構築を公開したの?
    A1.猫だましで誓いを阻害される+威嚇でバンドリのAが下がる+バークアウトでインテレバニラのCが下がる+吹雪半減+トリル耐性が高い+とんぼ返り威嚇+不意なインファ等のウィークポイントを突かれると厳しいからです。まぁ、そんな広い対応力を持ちつつ炎タイプの癖に対砂性能が高くて格闘技の攻撃性能もあるポケモンは剣盾環境に存在しないんですけどね!wガッハッハ!w

    謎のスマブラファイター『たしかに~~~~』







    まとめ

    お読みいただきありがとうございました!
    INC頑張りましょう!
  • 広告
  • 【2020ポケカ愛知CL】初CLの雑感と戒めと駄文【炎カビゴンVMAX】

    2020-01-19 12:00

    ┃参戦経緯

    10月上旬僕「ポケカSM最後の商品、タッグオールスターズのパック開封おもしれ~w」
    10月中旬僕「来シーズンから必死こいて20枚近く集めたネストボールと4kで買ったゾロアークGXで遊べなくなるの悲しいから骨までしゃぶるぞ^~」
    10月下旬僕「ポケカ飽きた!wシャドバおもしり!w」
    11月8日株ポケ「愛知CL募集始まったやで!」
    11月8日僕「ポケットモンスター剣盾発売まであと1週間!!(とりあえずCL参加すっか)」
    11月15日僕「剣盾おもしれ~w」
    11月17日僕「二徹で図鑑完成&厳選環境整えた!w」
    11月下旬僕「ダブルバトルおもしれ~w」
    (参考:ゴリラバニラモグラキメラ構築)

    12月上旬僕「シングルバトル勝てね~w」
    12月9日株ポケ「愛知CLの当落発表だよ~^^」
    当時TL「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「落ちた!w剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「当日はよろしくお願いします!(当選画像添付)」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」「剣盾おもしれ~w」
    当時僕「剣盾おもしれ~w」

    12月14日メールを見た僕「当選してた!!!!愛知いっぞ!!!!」
    現実を見る僕「新レギュ環境知らねぇ!」「新カード買ってねぇ!」「新パック売り切れ!w」「考察時間足りねぇ!w」「剣盾おもしれ~w(逃避)」

    ┃初めに

    どうもシツヨです。本記事は剣盾楽しすぎて生活習慣が死んでいた時にポケカの愛知CLに当選してしまった時の駄文です。特に優秀な成績でも特筆するようなデッキでもないですが自戒とか当時の記録を残したいと思ったので筆を執ることにしました。


    ┃デッキ選択

    レギュレーション変わってからジムバトルに全く参加していなかったので環境が分からない。新環境の優勝レシピまとめのツイートの情報を完全に鵜呑みすると、
    • 三神○○軸
    • メルカリザシアン
    • パーフェクション軸
    • モルペコV+ピッピ人形
    • タチフサグマ
    この5つがトップメタだと確信(視野×)。この5つと対面しても遅れを取らず、勝率5割以上を狙えるポケモンを主軸に組まなければいけない。

    また、これら5つと互角になる条件が、
    • 三神のGX技後の三神+ザシアンVの攻撃(180+260=440)を誤魔化せる耐久性
    • フルメタルウォール後のメルカリやザシアンに対することが出来る火力
    • 唐突な300点やLO、ベンチのエネ加速等の後続育成にも対応できるサブアタッカー
    • ベンチ狙撃、あるいはグズマがない環境でのベンチつり出しギミック
    • 160点以上の技が使える進化アタッカー

    また、新レギュレーションになったことで、
    • 唐突なフィオネによるベンチつり出し
    • VMAXのありあまる体力での殴り合い
    • こだわり鉢巻のレギュ落ちからくる打点不足への回答
    • GXの特性メタの有無
    • 弱点タイプの環境カードの有無

    この10個の項目を最低6つ以上クリアする必要がある。

    1. ムキムキパッドやマオ&スイレンで耐久底上げ&基本一撃で気絶しない
    2. 鋼の弱点の炎軸
    3. 0エネからでも高い打点が出せる
    4. 確定ベンチつり出しのキュウコン
    5. タチフサグマで詰みにくい進化アタッカー
    6. そこそこの安定火力
    7. 弱点の闘や水が少ない

    の条件を満たしたカビゴンVmax+キュウコン+炎GX軸が割と戦えそうだと判断し決めた


    ┃デッキレシピ




    ┃採用理由

    ・カビゴンVライン(3-2)
    主軸。2-2、3-3で試運転を繰り返したが、カビゴンVmaxを2匹以上立てる機会がほぼ無く、1~2ターン目には絶対1匹は立てたいと思いこの枚数に。

    ・ザシアンV(1)
    先行や初動を安定安定させるシステムカード。ベンチつり出しの手段が少なかったし単純に3ドローが強い。

    ・ズガドーンGX(1)
    三神ザシアンやメルカリザシアンと対峙する際のサイドレースを考えた時、GX技で確実にサイドを1枚取れる事を評価して採用。

    ・ヒードランGX(1)
    サブアタッカー。溶接工の炎エネの付け先にアタッカーを出せていない状況でも、これを入れるだけで誤魔化しが効くから好き。

    ・ロコンライン(2-2)
    炎デッキを選択する理由の一つ。確実にベンチをつり出せるので、グズマがレギュ落ちしたばかりでベンチ舐め舐めマンが多少いると思ったから入れ得。相手のアブソルがいる時にエスケープボードを付けて逃げエネ0に出来るのがオシャレ。

    ・ジラーチ(3)
    入れ得。ポケモンの道具のメタや種ポケモンの特性がほぼないので確実に仕事ができる。

    ・アブソル(1)
    入れ得のジラーチをふんわりメタれるので入れ得。風船を許すな

    ・ポケモンサーチ札(ポケ通4、進化のお香1、クイボ4)
    何度か試運転して一番落ち着いた枚数。ハイパーボール返して;;

    ・汎用グッズ(ポケモン入れ替え2、リセットスタンプ1)
    入れないと不安になるので最低限。

    ・エスケープボード2
    ポケモンの道具メタが少ないので投入数が少なくても確実に仕事出来る枚数。

    ・ジャイアントボム(1)
    カビゴンVmaxの若干足りない打点と余りある耐久力を有効活用できる神カード。闘タイプが流行らなければカビゴンVmaxデッキには入れ得。

    ・ムキムキパッド(1)
    カビゴンVmaxが浮沈艦になる神カード。カビゴンVmax1匹を守り切るので1枚でOK。

    ・リーリエのピッピ人形(1)
    ふんわりフィオネ対策。だったけどカビゴンVmaxの打点補助にも事故って動けずに不当の剣で誤魔化すターンに人身御供に出来たりするので普通に有能。

    ・溶接工(4)
    炎デッキを選択する理由の一つ。強いから4。

    ・マオ&スイレン(3)
    回復札。ジラーチとも相性がいいが4だと過剰だと思いこの枚数。

    ・ザオボー(1)
    鋼鉄のフライパンで炎相手にイキってる鋼ポケモンを一撃で破壊するカード。特殊エネやスタジアムの除去も出来るオシャレ枠。

    ・ヒートファクトリー◇
    炎デッキを選択する理由の一つ。入れたら事故が減る気がするので採用。

    ・巨大なかまど(3)
    炎デッキを選択する理由の一つ。インチキ炎のトキワの森。

    ・基本炎エネルギー(13)
    ズガアゴや小ズガの優勝デッキを拝見したら12~14枚の構築が多かったので間を取って13。
    特に深い理由はない。

    ・ウィークガードエネルギー(1)
    イシヘンジンVmaxに3連戦する夢を見たので恐怖のあまりCL前日に採用。イシヘンジンに夢で殺された事のある人間は精神疾患の気があると思う。

    ┃当日マッチアップ

    〇本選
    1. ルカリオメルメタルザシアン 0-6 L
    2. ルカリオメルメタルザシアン 6-2 W
    3. ルカリオメルメタルザシアン 6-3 W
    4. モルペコドール       6-1 W
    5. ルカリオメルメタルザシアン 5-6 L
    6. ミカルゲ単         5-5 D
    結果:3-3

    〇3on3
    1. 三神コケコ         4-6 L

    〇4人リーグ(1回目)
    1. マージゲンミミオロヨノ   6-0 W
    2. モルペコドール       6-0 W
    3. ルカリオメルメタルザシアン 6-4 W

    〇4人リーグ(2回目)
    1. ヤーコン軸ザシアン     3-6 L
    2. レシラムリザードン     4-6 L
    3. ポリZピジョンカビゴン    6-1 W

    ┃戒め

    〇本選1試合目のプレミ
    先)自分ジラーチ、ベンチカビゴン
    後)相手メルカリ、ベンチザシアン
    この状態だと明らかに闘デッキではない上に手札に炎エネルギーがあるのに謎のウィークガードエネルギーをコストで切らずに炎エネをトラッシュ&謎のウィークガード手張り。
    2ターン目にヒードラン+溶接工+ポケモン入れ替えが手札にあるが盤面に炎エネが1枚足りなくて技が使えずにそのまま頓死(0-6)。これが無ければメルカリ破壊しつつサイドも3枚取れてストレート負けはなかったと思うので悲しい。


    〇本選5試合目のプレミ
    お相手のプレイングが爆速すぎてビビる。発声に気付かずいつの間にかグッズ使われていつの間にかポケモンチェックになって僕がコイン振ってる間にサポート使われてるくらい爆速でここまで速い人間と戦ったことが無かったので普通に怖い。
    前5-3の状況でザシアンVにヒードランGXを気絶させられて5-5に。ボード付きのアブソル出してベンチ育ててなんやかんやしてアブソル逃がしてパッド持ちカビゴンVmaxの技使って…ってしたらいつの間にかフラダリラボに変わってて心停止。
    相手残りハンド2山3枚にポケモン入れ替え手段とスタジアム貼り替え手段と逃げエネが無かったらギリギリ1ターン持ったが博士の研究で全部持ってこられて負けに。
    気付かなかったのも悪いが5-5の時にアブソルを前に出さずに最初からカビゴン出してたら解決札なかったので後悔しかない。

    〇本選6試合目のプレミ
    5試合目相手のプレイングが早すぎたせいで相手のプレイ速度が遅いのを注意出来ないしそもそも自分のプレイングも時間を掛け過ぎだった。ブラックマーケットを除去出来る札がなかなか引けず、5-5で膠着状態になった時に無駄にドローとサポートとプレイングをし終わってターン返してポケモンチェックに何故かもたついてたら時間切れ。試合時間を意識できなかった自分が悪い。

    でも試合後に対戦相手に「今日引き分け2回目だわ><」って捨て台詞吐かれたけどAC1段階下がって負けん気発動した。こういう人もいるんやなぁ…。

    ┃デッキ選択の正解と反省

    ありえないぐらい鋼軸と当たったので炎デッキを握れたこと、仮想敵の中でガン有利のモルペコドールとの対決に難なく勝利出来たこと、オシャレ枠のザオボーの刺さりっぷりが半端なくてこのおかげでeasyWINが何度も出来たこと、ここを考えると炎カビゴンのデッキ選択は悪くなかった。しかし、カード枚数の微調整の足りなさや、初戦のプレイングミスでの敗退による精神的ダメージ、初CLという緊張感の中で集中力が持たなかった事。反省すべき点が何個も見つかった。なので今後、大会に参戦する際に持てる心構えを勉強できるいい機会になったと思う。

    ┃ウィークガードエネルギー

    嫌いになった。

    ┃イシヘンジン

    採用率増えろ。いや増えるな。頃さないで。頃す。

    ┃感想

     カードゲーム自体は長年やってきたしショップ大会には何度も参加していたけど大型大会に関与したのは初めてだったので若干の不安はあったが本当に参戦して良かった。緊張感を持って試合をする機会、大会までにデッキ構築を考える時間、普段より入り込める試合ごとの反省会、実際に上手くメタが決まった事。試合後の感想戦、全てが楽しかった。
     そして何より、会場にいる人間全員がポケモン好きなのでフリートークでカード以外にゲームやアニメの話を、親子連れだろうが僕みたいなオタクくんだろうが髪染めたオシャレさんだろうが関係なく出来る空間はとても居心地が良かった。ポケモン is GOD。
     自戒や反省も楽しめるほどポケカのモチベーションに繋がったので、今後は1試合1試合を大切に大会で学んだことを活かしてポケカを楽しんでいきたいと思う。
     CL本選に落選しても楽しめるサイドイベントも充実していたので地理的に遠くても会場に行きたくなるような素敵な空間でした。


    また来るぞ! (12/28)











    PS.公開するの1ヶ月忘れてて後悔したけど更改することなく投稿しました(駄文)
  • 【ポケモン剣盾】マスターボール級到達!ゴリラバニラモグラキメラ【ダブル32位】

    2019-11-24 00:055

    はじめに

    どうもシツヨです!
    ポケモン剣盾でダブルバトルの仕様が変更されて、ポケモンの行動順がターンの開始時だけでなく1匹のポケモン行動終了時にも行動順の再編成が行われるようになりました!
    初心者なので良く分かりませんが、先制で追い風を使ったら味方のSが2倍になった状態から行動順が決まったり、交代で天候を書き換えたら葉緑素すいすい砂掻き雪掻きのポケモンの素早さが変動し行動順が変わります!ややこし^~


    そのややこし^~仕様を体験しようとダブルバトルに挑戦していたら早々にマスターボール級に到達できました^~!!うれし^~~~~!!!


    (世界32位!?)(全然マッチングしない…)

    なのでその構築の偏移も一緒に綴っていきたいと思います。
    自分はダブルバトル初心者なので努力値配分が全てぶっぱなので育成環境が十分に整っていない人でも育成しやすいと思います。


    構築経緯


    1.剣盾ダブルは速いポケモン(ドラパルト、砂掻きドリュウズ等)が強そうだったので猫だまし+トリックルームを基本展開に雨+ダイマックスヨワシで敵を薙ぎ払い、ヒヒダルマに締めてもらおう



    (雨トリルゴリラ)

    結果:猫トリルが成功しない&ダイマックスしたヨワシが弱い&雨が弱い(砂が強すぎる)



    2.ダイマックスしたポケモンは怯まないこと』が発覚し猫だまし+トリックルーム展開をするのは難しいと判断、猫+凍える風でS操作をして素早さ逆転を図る。あと砂パが多すぎて砂にタダ乗り出来そうだと思いドリュウズを投与、PT内への雨の恩恵が少なく、あられで襷破壊出来ると思いバイバニラ投与、ヨワシは吹雪も凍える風も覚えないので、両方使えて威嚇にも強い勝気ミロカロスに変更


    (絶氷ゴリラゴリラモグラ)

    結果:ゴリランダーを出すと負ける&電磁波ミミッキュが強い&ドリュウズが強い



    3.そもそもダイマックスしたポケモンは怯まないので猫だましが弱いのではないかという説が浮上し脳死で初手に猫だましを打つゴリランダーを解雇、一方で麻痺の行動不能はダイマックスの有無に関わらず健在だと発覚、悪戯心で電磁波が使え、電磁波無効の地面タイプ(主にドリュウズ)には後攻のしっぽをトリックすれば同速勝負をかいくぐって戦えると思い、オーロンゲを採用
    こうこうのしっぽ:とても 重たい なにかの しっぽ。 持たせるといつもより 行動が 遅くなる。(持ち物欄より抜粋)




    (電磁波ゴリラバニラモグラ)

    結果:後攻のしっぽトリックをしても同速勝負が発生した←??????????


    4.後攻のしっぽをトリックしてもそのターンの素早さ判定には影響されないことが発覚!
    いつもより行動が遅くなるのは次のターンかららしい(なんで?)
    素早さの操作が出来そうな他のアイテムを思いつかなかったので後攻のしっぽの代わりに黒い鉄球を採用、ここにきてダルマとモグラ以外にも殴れるポケモンが欲しくなる
    S操作手段が豊富なので相手より先に行動したら技威力が2倍になる専用技を持ったウオノラゴンを採用


    \ゴリラバニラモグラキメラ完成/

    結果:マスターボール級到達!


    個別解説


    ガラルヒヒダルマ



    特性:ダルマモード
    性格:ようき
    持ち物:突撃チョッキ
    努力値:4-252-0-0-0-252
    実数値:181-192-75-x-75-161
    ダルマモード実数値:181-212-75-x-75-205
    技:つらら落とし/馬鹿力/岩雪崩/フレアドライブ

    ・ゴリラ。この構築のゴリラ枠。
    ・厳密に言うとゴリラではなくダルマ。
    ・氷タイプ。HPが半分になるとダルマモードの特性で姿が変わり氷炎タイプになる。
    ・微妙な耐久をチョッキで補い、ダルマモードとなりS135族から敵をシバくゴリラ。
    ・原種ヒヒダルマと違い、技の追加効果が出るので岩雪崩つらら落としで麻痺+怯みも狙える
    ・ダイマックス岩技を使うと砂嵐が発生しドリュウズサポート、ダイマックス氷技であられを発生させて吹雪のサポート、ダイマックス炎技で天候を晴れにして水技を半減で受けることも出来る天変地異テクニカルゴリラ。
    ・ダルマモードのタイプ変更や天候変更に怯みワンチャン等、出来る事が多すぎて使っていて楽しいポケモンでした!

    バイバニラ


    特性:ゆきふらし
    性格:控え目
    持ち物:気合の襷
    努力値:4-0-0-252-0-252
    実数値:147-x-105-178-115-131
    技:吹雪/凍える風/フリーズドライ/こおりのつぶて

    ・バニラ、この構築のバニラ枠。バニラとゴリラで語呂が良い。
    ・天候の上書きですいすいや砂掻きの素早さ上昇を掻き消す動きが面白く、環境であられを全く見なかったので採用。
    ・必中吹雪がとても強力でミロカロスと一緒に吹雪連打してるだけで勝つ試合もあったので天候上書き以外にも単体性能も悪くなかった。
    ・1度だけダイマックスする機会があったが技欄のアイス押し売り感に笑ってしまった。

    ・今回は特に不都合なかったが、サブウェポンはあった方が良いと思う


    ミロカロス


    特性:かちき
    性格:控え目
    持ち物:食べ残し
    努力値:252-0-0-252-0-4
    実数値:202-x-100-167-145-101
    技:熱湯/吹雪/凍える風/いのちのしずく

    ・ミロカロス、この構築のゴリラ枠(真)
    ・物理一辺倒で威嚇ポケモン(ギャラドス・ウインディ)が辛すぎたので採用。
    ダイマックス技のデバフ効果に便乗して勝気を発動させたりミラーアーマーアーマーガアに凍える風を打って反射のSダウンで勝気を発動させるなどバーサーカーぶりを発揮してくれた。
    ・選出機会は少なかったが吹雪の状態異常氷率が3割近くあり、ずっと叫んでた。神
    ・新技『いのちのしずく』は味方と自身のHPを1/4回復する補助技で、後述のドリュウズがダイマックスした時に真価を発揮した

    ドリュウズ


    特性:砂掻き
    性格:ようき
    持ち物:弱点保険
    努力値:4-252-0-0-0-252
    実数値:185-187-80-x-86-154
    技:アイアンヘッド/10まんばりき/岩雪崩/剣の舞

    ・モグラ。この構築のモグラ枠。ゴリラとモグラで語呂が良い。
    ・ダブル環境にバンギラス&ドリュウズの並びが多すぎて砂にタダ乗りするために採用したら強すぎていつの間にか構築の主軸になっていた成り上がりモグラ。
    ・電磁波無効なのでダイマックスしても痺れない!(痺れ粉エルフーンに1敗)
    ・ダイマックス鋼技でBアップ、ダイマックス地技でDアップが出来るのでダイマックスでHPが上昇することを含めて耐久が非常に高く、一致抜群技も耐えて弱点保険の発動率も高く火力も高く技範囲も広く自分で砂嵐にもできる万能ゴリラ。
    ・ロトムやアーマーガアなど、そこそこ耐久があるポケモンにも後述のオーロンゲが黒い鉄球トリックをすることで地面技を受からなくさせるプレイングもあり、一度積めたら簡単には止められなかった。


    オーロンゲ


    特性:悪戯心
    性格:腕白
    持ち物:黒い鉄球
    努力値:252-4-252-0-0-0
    実数値:202-141-128-x-95-80
    技:ソウルクラッシュ(威力75命中100物理接触:100%Cダウン)/不意打ち/電磁波/トリック

    ・ロン毛。この構築の(見た目)ゴリラ枠
    ・先制電磁波のS操作が非常に優秀でダイマックスポケモンを麻痺で動けなくさせることが何度も出来たのでこの構築のMVP。
    ・敵のドリュウズに鉄球を渡すと自軍のドリュウズの方がSが2倍になるのし襷ケアも出来るので最強のバンドリ対策だと思っている。
    ・(イキった後に砂+追い風で相手の鉄球ドリュウズに追い付かれて同速勝負に負けてキレた)
    後攻のしっぽトリックが上手くいかなかった腹いせに黒い鉄球を持たせたらドリュウズの全抜きサポートも出来るようになったしナットレイのジャイロボールも2割しか入らなくなり利点しか見つからなくて構築との噛み合いっぷりにビビる。
    ・完全にサポート役だと見切られ無視されることもあったが、拘りトリックで詰ませたり、命の珠トリックで味方の火力サポートしたり、器用に立ち回ってくれた。
    ・ラス1でミロカロスと対面した時にソウルクラッシュで相手のCが無限に上がり続けて泣いたのでじゃれつくの方が良いかもしれないが味方のミロカロスのCも無限に上げることが出来るので最後まで技の正解が分からなかった

    ※1.最遅にした方が敵のトリックルーム対策にもなるので諸説
    ※2.A0にしてイカサマソウルクラッシュ電磁波トリックでミロカロスサポートも諸説

    ※3追記:味方の能力ダウンだと勝ち気が発動しないので味方ではなく敵を殴りましょう

    ウオノラゴン

    かわいい
    特性:がんじょうあご
    性格:陽気
    持ち物:拘りスカーフ
    努力値:4-252-0-0-0-252
    実数値:167-142-120-x-100-139
    技:エラがみ(威力85命中100相手より先に動くと威力2倍)/氷の牙/サイコファング/岩雪崩

    ・キメラ。この構築のキメラ枠。ゴリラとキメラで語呂が良い。
    ・S操作ギミックとこのポケモンの性能が合致していたので採用。
    ・半減だろうが威嚇されようが敵の5割を以上持っていくゴリラ。
    ・エラがみでニンフィア確1、A2↓エラがみでウインディ確1、ナットレイに4割、ダイマックスドリュウズ確1、ダイマックスバンギラスに8割ect…うーん、火力ゴリラ!w
    ・電磁波+エラがみだけで敵の構築が全壊することもあったので対策で呼び水は必須だと思うほど、上からエラがみの火力が尋常じゃなかった。


    基本選出


    先発:オーロンゲ+ウオノラゴン
    後発:ドリュウズ+ヒヒダルマ

    電磁波が強く、重ねたエラがみも強いです


    ・敵PTに威嚇持ちが多すぎる御or氷の通りがめっちゃ良い
    先発:ミロカロス+バイバニラ
    後発:ドリュウズ@1

    吹雪吹雪で凍らせますorこご風熱湯でステ変化を狙います
    凍らなくても先発2匹は耐久(襷)があるので最低限の仕事はしてくれます


    ・敵にトリトドンがいる
    先発:ウオノラゴン+バイバニラ
    後発:ドリュウズ@1

    トリトドンが本当に無理なので初手から引いてきそうな相手にエラがみ+フリーズドライでとドンの着地狩りをします。トドンが出てこなくても大抵は倒せます。トドンに交代する場所を間違えたらもう勝てません。お疲れ様でした(2勝2敗)


    QR





    動画

    昇格戦と初心者らしいガバプレイを楽しめます

    まとめ

    お読みいただきありがとうございました!