ましろ色シンフォニー(ぱれっと)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ましろ色シンフォニー(ぱれっと)

2013-12-30 18:34
    記念すべき第一回はぱれっと様から出ているましろ色シンフォニーです。アニメ化もされて、何かとネタにされてますね(滑り台とか)。

    こちらは僕にとって初めてのエロゲでしたので、思い入れもひとしお。

    基本的なあらすじやキャラクターはwikiでも見ていただくとして、ざっくりと感想から。

    感想
    甘い!
    イチャラブがめちゃくちゃ甘いです。砂糖吐きます。
    各ヒロイン可愛いですし、主人公もすげーいい奴です。
    作風がすごく明るいわけでもないので各ルートそれなりにシリアスもありますが、そこまで重くはないかな。甘さといいバランスだと思います。

    愛理ルート
    段々とガードを崩していって付き合い始めた後、甘えてくる愛理が可愛くて仕方がないです。なずなんの声も相まって悶えました。

    みう先輩ルート
    1番ストーリー的に力が入ってて長かったのはこのルートかな。アニメもこのルートでした。
    最後の「さよなら君の声」は名曲。ボロボロ泣いてしまいました。
    蛇口先輩モードは必見。

    アンジェルート
    このルートの終わり方は結構好きです。いつもぶっ飛んでるアンジェですが、様々な葛藤もあり。
    そしてこのルートはエロが結構濃かった。個人的な好みかもですが。

    桜乃ルート
    1番重かった。兄妹で恋愛するということへの葛藤と世間の目という部分で辛かったです。
    妹モノってあんまり好きではないタチでもあるのですが、逆にそういう葛藤とか好きな方にはオススメできます。
    ヒロインとしてはちゃんと可愛いんですよ、もちろん。

    シーン数と濃さ
    愛理:5 濃度:C
    そんなに濃くはないですがイチャラブ全開です。
    初々しくて可愛いです。

    みう先輩:6 濃度C+
    蛇口モードがなんかいろいろと凄いです。
    ただし通常モードだと割と普通かな。

    アンジェ:3 濃度B-
    シーン数が少ない分、1回1回が結構濃かったです。
    最初から割と感じてくれます。

    桜乃:4 濃度C
    ぶっちゃけ背徳感がすごくてあんまり記憶してないんですが、愛理同様イチャラブな感じでした。

    総括
    死ぬほど甘かったです。
    僕としては愛理ルートが好みでした。ホント可愛いったらないです。
    エロゲにハマれたのは間違いなくましろ色シンフォニーのおかげですねー。
    あと、主人公の新吾も個人的にはすごく好き。

    さて、初っ端のレビューなんでイマイチまとまらないし迷走気味でなんかアレですが、精進して今後のエロゲーマー諸氏の参考になればいいなーと思います。それではー


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。