結局「はいふり」ってどうなん? その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

結局「はいふり」ってどうなん? その1

2020-02-27 00:36
    最初に、
    ・個人の感想です。
    ・作品を視聴した事がある人じゃないと解らないかもです。
    ・ネタバレは気にせず書いているので気になる方にはおススメしません。
    ・異論はいくらでもどうぞ。
    ・視聴したのはアニメ&OVAです(劇場版は見てない)
    ・ゲームは未プレイです。
    ・作品に対する「たられば」は「ぼくのかんがえたさいきょうの〇〇」だと思って下さい。
    ・筆者はめんどくせーオタクです。
    とお約束。

    本日(2020/02/26)ソシャゲの終了が発表されたという事で「はいふり」事「ハイスクールフリート」について語りたいと思います。

    この作品について私はTV版はリアルタイムで最後まで見ました。
    OVAについては後日配信サイトにて視聴しました。

    率直な感想は「非常に色々もったいない作品」でした。
    素材はいいのに調理が雑でいまいちになっちゃった料理ってところです。

    音楽は頑張ってます、OP・ED楽曲はとても好みです。
    声優さんも演技としては問題ないと思います、それなりにキャリア積んでる人が多かったですし。
    作画については3Dをうまく使っていて崩壊はしていなかったと思います。

    で、ここから「もったいない部分」について話していきたいと思います。

    ・世界設定がもったいない
    世界設定で重要なこと(特にSFやファンタジー的な作品では)は小さな矛盾を覆い隠すための大きな嘘が必要となることです。
    有名なところでは「光子力&超合金」「ゲッター線」「ミノフスキー粒子&ガンダリウム合金」「プロトカルチャーのオーバーテクノロジー」「学園船と謎カーボン」「サンドスター」等々千差万別です。要は多少設定の矛盾があっても「〇〇だからしょうがないね」と言わせるような説得力みたいなものですね。「魔法が存在する世界」だから「電脳世界」だからってのが最近の流行りっぽいですが。

    で、この作品では飛行機が発明されなかった&メタンハイドレートで地盤沈下しちゃった世界線の現代が舞台となっていますが、If世界特有の科学的な大嘘がないんですよね。
    艦船の技術があれでジェットバイクや飛行船がある世界で飛行機だけが無いとは考えづらいし、そもそもメタハイって採掘しすぎたら地盤沈下ってするもんなの?って多少なり科学知識がある人なら疑問が湧いてくると思います。
    スマホやタブレットがあるなら人工衛星やGPSも存在してるよね、ロケットエンジンあるのに飛行機はないの?ってのも同様です。

    前述したように普通であればこの疑問に対して言い方は良くないですが騙くらかす大嘘があるものですがこの作品にはそれがないんですね。
    そうなると、制作スタッフとしてはとりあえず設定については「〇〇だから」といったん思考停止してもらってテーマ・ストーリーを楽しんでもらえなくなってしまいます。

    「ガルパン」あたりはそれが上手くて1話最後の学園船のカットで「そういう技術力がある世界」っていうのが一発で解らされるんですよね。
    これは地球での話ではない、「ガルパン星」での話だからと割り切れる位の説得力はあったと思います。

    安全装置についても技術的にはよくわかんないけどなんか三重に守られてるからとふんわりしてるんですけど「ガルパン」では「謎カーボン」だからという「あの学園船を作れる技術なら謎カーボンで何とかなるでしょ」ってなんとなくでも納得できちゃったりするんですよね。

    ※比較に「ガルパン」が多いのは制作スタッフに両方携わっている方がいるためです。

    結論としては「世界設定で大嘘がつけなかったのがもったいない」です。
    色々語ってはみましたがどういう大嘘をつけばよかったかは私にはわかりません。
    簡単にわかったら作家になれますのでw

    ここまで読んでいただいて誠にありがとうございます。
    もし何か思うことがあれば、よければコメントの一つでも残して頂けるとありがたいです。

    次は「ストーリー展開がもったいない」ということについて語っていきたいと思います。
    それではまた。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。