なつうたツアー!お疲れ様でしたの巻
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なつうたツアー!お疲れ様でしたの巻

2014-08-07 00:13
  • 5

こんばんは、ブロマガの更新が久しぶりとなります。いかがお過ごしでしょうか。
冷房が無い生活なんて耐えられない、これが大人になるということなのか。みつを

さて重い腰を上げてブロマガを更新したのにはひとつ、理由がありまして。

Twitterなどでご覧になってくださった方がおられたら、きっとわかると思いますが。

7/31より、歌い手6人にて『懐かしのボカロ名曲を歌ってみたツアー』 と銘打って、なんと5日間にわたり動画を上げて参りました。

動画のいろいろについては、あんまり詳しいことをいうとアレなので…
企画のマイリストを貼っておきますので、お時間許される方は是非一度、1時間程お付き合い下さればと思います。
夏休みでやる気おきないよ~って方や、夏休みなんて無いよ~仕事やだよ~って方も。どうぞどうぞ。

企画マイリスト : mylist/45180652


さてさて。それぞれの曲に対していろいろ書きたいと思っていたんですが、そんなことしてるとブロマガ異常に長くなるし読んでる途中でもういいです飽きましたさよなら ってなりそうなので。
この企画を動かし始めた経緯とか、この4ヶ月の間のいろいろ裏話みたいなのをまとめられたらなと思います。
あと合唱に関してとか。

☆☆☆それでも全然ながいよ!!!☆☆☆


さて。この懐かしいボカロ曲を歌いたい!と思って、そういうツアーあったら楽しいよなあと思っていたのは、結構前からの話でありました。
でもその時は、ただ思うだけ。 あー楽しそうだな~そういうのいいな~ って思って終わりでした。
事の発端はひょんな事でしたが。
ふとしたやりとりで、企画参加者のココヤシさんや、今回、企画には都合上参加というカタチにはなれなかったリシェさんとこの企画を始動させようという会議が組まれました。
リシェさんが参加出来なかったこと、残念な思いでいっぱいですが、あの時この話をしなかったらきっと成功しなかったし企画倒れになっていただろうと思います。本当にありがとう、そして今度は必ず、と思うばかり。

実働し始めてからは何人でやろう!どんな風にやろう!誰に声をかけよう!何曲歌おう!いつあげよう!と決めることは山のようにありました。
そうして集まったのが、茶緒さん、にっとメガネさん、わたあめさん、38番さん、ココヤシさん、そして私の6人でした。

正直、こういった企画は本当にうまく行きにくく、企画倒れになることも多かったので
自分が指揮をとるような形で諸々決める形になって焦っておりました。誰かにまるなげしたいばっかりでした。
ちなみにこの丸投げしたい精神は4ヶ月後の今になっても尚健在であります。





企画の構想段階で、なつうたツアー 01 ハジメテノオトの合唱は決定事項でした。
自分たちが、歌ってみたを聞くようになった”ハジメテノオト”というコンセプトを無理やり取ってつけたような、そんな感じに思われるかもしれませんが。これが決まった時のそわそわ感はすごかった。
深夜にも関わらず、何度も会議を繰り返し、時には通話をしたりして歌詞を振り、絵師さんを決め、MIXして下さる方に声をかけ、動画師さんにお願いしながら、諸々が決まったのが3月末だったのか。4月上旬だったかな…
コメントにもありましたが、ハジメテノオトと言えば冒頭のモールス信号で「HAJIMETENOOTO」って鳴ってるんですよね。
そこをカットしてしまい、本当に申し訳ないと思いながらも 最初は6人のユニゾン・アカペラの状態で入っていくのはどうだろうと計画したり。
1人ずつのソロのうしろでハモっている人は、次のソロで歌う人が歌うのはどうだ、とか。最後に一人1文字ずつ言うのって面白いかも、とか。アイデアは人数の数以上にたくさん上がって、わくわくが止まらないくらいでありました。

動画絵を城乃ことりさんにお願いしたところ、お忙しい中にもかかわらず快諾して下さり、とてつもなく素敵なイラストを描いてくださりました。しかもあっという間に。
イラストを受け取った瞬間から、アイコンにしたくてそわそわしっぱなしでした。今お披露目できてるのがウレシイくらい!です!
お忙しい中、動画にはasakiさん。本当にセンスがここぞとばかりに光っておられる。
さっき言ったような、僕達が勝手に考えた歌詞割からそのコンセプトをいともカンタンに吸い出すかのような、その時からその場にいたかのような動画の構成に、正直驚きを隠せませんでした。
動画に対するリテイクは思い浮かぶはずもなく。とてもあたたかい、やさしい動画になりました。
それでも最後の最後まで、asakiさんご本人が気になるから!ということでいろんな細かいところまで直してくださいました。
電車の窓みたいな、とか。気づきましたか?本当にいろいろ隠されてるんです。
音源のMIXはJinyaさん。実はJinyaさん、ツアー内の他の動画のMIXや、全ての音源のマスタリングも手がけてくださいました。
ご自身の諸作業があるにも関わらず、持ち前の広すぎる心で「ええで~」といって音速で仕事を仕上げてくる。
6人の中で彼は神になりました。神神とかいてじんじんと読む、そんなつまらないことを何処かの森が言っていたような。
ちなみにツアーが始まる前、作品を持ち寄って前夜祭をやろう!というコッソリ企画もしていたんですが、その時のタイトルは前夜祭ではなく、じんやさいであったことは今ここでコッソリ。
MIXの仕方も、声の位置が男女が左右で出会うような、とか。色々とこだわっているところがあるんです。
是非今一度、そういうところまで改めて聞いて、見てくださると、より一層この動画が好きになると思います。
お三方、本当に、本当にありがとうございました!


あまり書くと本当に終わらなくなるし読んでもらえなくなるのでこのへんで最後へ。




ツアー最後となるこの曲。 11 悪ノ召使。本当は、企画開始段階ではこの合唱は組み込まれていませんでした。
参加者のココヤシさんとかと話していて、盛り上がって、是非やりたい、無理かもしれないけど、無茶かもしれないけどやろう!ということで決定したこの合唱。
いかがだったでしょうか。これ、本当に大変で大変で死ぬかと思いました。
聞いてくださった方はわかるかもしれませんが、大量のコーラス、そして大量のハモリに6人の音源と語りなどなど。
遊び心、というか やりたいことをもれなくたくさん詰め込んだような。
悪ノ召使に関しては、ココヤシさんが指揮を執ってくれたので円滑に進んだのかな?かな?
強く感化された合唱動画を参考にさせて頂きながら、夜な夜な歌詞を割っていましたね。
その後は、動画のコンテを考える回を更に何度も何度も。今は公開されているなつうたツアー!コミュにてこっそり3人とか、4人とかで確認しながら作業をしておりました。すごくそわそわしました。

動画で使わせてもらっている、麗しいほど美しいイラストは、KAZUさん。
無茶を言いまくっては、たくさんたくさん描いてもらいました。どれをとっても美しい。どこを切り抜いても麗しい。
突然DMを送ったにもかかわらず、どうしてこんな修行のような依頼を受けてくださったのか。今となっては申し訳無さが勝つほどハチャメチャでした。
それでも、間違いなくこの動画の魅力を引き出してくださったのはその素敵過ぎるイラストです。本当にありがとうございました。
KAZUさんのPixivの方で、全てのイラストが公開されているようなので是非チェックしてみて下さい。すごいよ。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=45133487
動画を組んでくれたのは、まさかの茶緒さん。そう、参加者の茶緒さんです。
仕事の合間を縫って、この動画を組んでくれました。ヤバイ。
実は、動画があがる前までほぼその工程は闇に隠されたまま。正直不安で心配でハラハラしていましたが、そんなのふっとばすほどのクオリティのものをスッとあげてくるんだからもう驚きです。
気に入ってるところ、たくさんありすぎてなかなか上げられないのが悔しいくらいです。
動画のコンテから組み上げるまで全部やってくれて、正直頭が上がりません。文句を付ける箇所なんて本当に何処にもないくらい。と思うのは俺だけじゃないはず。
そして音源のMIXはsatさん。実は音源が揃うのが遅くなったにも関わらず、確か音源お渡しした翌日?翌々日にはラフの状態が上がってくるほどの仕事の早さ。そしてクオリティの高さ。
この音源に関しては、トラック数が尋常じゃなく多くなってしまって…絶対大変だし俺がやるなら発狂するレベルだなって思うほどです。
しかもほぼ出来かけた時に、私達の「オケを少し変更して欲しい!」というエゴにも付き合ってくださいました。
この荘厳なオケはsymphonic ver.として、情熱Pさんが再構成なさったものです。
一度聞いた瞬間から うわ うわわわわヤバイ え オケだけで既にヤバイ ってなるくらい。圧倒的でした。
symphonic ver.に元々入っているコーラスに、ココヤシと俺のコーラスが合わさり、更に山ほどのVocalトラック。
今思い返してもばかみたいに量が多かった…satさん、本当に本当にありがとうございました。
とてつもなく綺麗にまとまっていて、そして感動的な細工までしてくださって。頭が上がりません。

悪ノ召使に関しては、本当にココヤシが頑張っていたので俺も全力でお手伝いしよう!と思って付いて行きました。
もしかしたら気づいている方もいるかもしれませんが、6人が6人、全て違うハモリのメロディラインを歌っているんです。音の分厚さはここから。
ハモリのガイドを作ったり、ココヤシの考えたコーラスに合わせて歌ってみたりと、本当に楽しかったです。
ハモリガイドを間違った分を渡してしまって、茶緒にはむちゃくちゃ難しいハモリを歌わせてしまいました。ゴメンネ
たくさんのこだわりが詰まった作品です。 
是非何度も、見てくださるとウレシイ。冒頭の英語の手紙も、翻訳すると泣けてきます。

そんなこんなですごく長くなった。全然まとまってないです。
ここまで読んでくださった方、居られるかわかりませんが… 5日に渡り、お付き合い下さり本当にありがとうございました。また、機会があればこういった企画をするのもありかなと思います。大変だけど。


最後に

38番さん、パワフルな歌声からかわいい歌声まで、何でも歌えるそのパワーでたくさんの姿を見せてくれてありがとう!ちょーかっこよかった。そして、人知れず、合唱では周りの人に合わせるために再録までしたりしてくれて本当にありがとう。縁の下の力持ちすぎます。小さいけどたよりになる日本代表です。

にっとメガネさん、歌ってみたを始めた頃の憧れであったあなたとこうして企画を一緒にすることが出来て本当に嬉しかった。細やかな気遣いが出来、グダりかけた時は尻を叩いて気を引き締めてくれて本当にありがとう!サスガ尻フェチ!驚きの包容力でそっとみんなを包むパパでした。ありがとうございますます!

わたあめさん、圧倒的歌唱力 そして周りをあたたかくする力を持ってしてこの企画をガンガン盛り上げてくれて本当にありがとう!わたこに歌ってもらった from Y to Y、本当に好きすぎて、最初に聞いた時から涙がぶわわっと出るほどのものだった。歌ってくれてありがとう、あなたの声でこの曲が聞けて本当に嬉しい。

茶緒さん、たくさんハラハラさせられたけど、こうやって企画を一緒にすることが出来て本当によかった!悪ノに関しては本当に全力で拍手をするくらいに、何から何までやってくれてありがとう!ソロも、コラボも、合唱も、茶緒の良さがすごく出ていて、個人的にはとても好きです。何と言われようと素敵です。

ココヤシさん、企画が始まって一番やりとりした記憶があります。たくさん迷惑かけてごめんなさい、たくさん手伝ってくれてありがとう!そして何より、会議全体をしっかり見て、全員の気持ちが下がらないようにやりとりをしたり、丁寧にお知らせしたり、人柄が出ていてスゴイなあと思いました。この企画を動かしてくれて、本当にありがとう。


最後に、こんなだらだら書き続けた長いブロマガを読んでくださった皆様にも最大級の感謝を。
よろしければ是非、何度もツアー巡ってくださると一同嬉しいです。


ではではまた近いうちに。




しゅーず


















広告
×
お疲れ様でした!!
79ヶ月前
×
なつうたツアー何度も聞いています!! 特に、最初と最後はほんとに大好きです!!! みなさんお疲れ様でした(●´д`)
79ヶ月前
×
ツアーお疲れさまでした!すごく素敵でした!ブロマガでも生放送でも、いろいろお話が聞けて楽しいかったです。しゅーずさんのお人柄ですね^^本当にお疲れさまでした!
79ヶ月前
×
ツアーお疲れ様でした、そしてとっっっても素敵な企画をありがとうございました!皆さんの唄がすごく大好きです。
79ヶ月前
×
海外からのfanです。ツアーお疲れ様でした!すごく感動しました!私も皆んの唄が大好きです!とても素敵な企画です!みんな頑張りました(*´▽`)ノノお疲れ様でした。
79ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。