ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【新卒採用15年やってましたが何か?】 効率を求めるのはどんな仕事でも同じ。採用も例外では無い。その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【新卒採用15年やってましたが何か?】 効率を求めるのはどんな仕事でも同じ。採用も例外では無い。その1

2013-04-18 09:54


    仕事の効率。



    学生の方はピンとこないかも知れませんが、
    社会人ではことあるごとに、人によっては毎日言われ続けることです。
    もちろん、立場上、口を酸っぱくして言っている方も多いでしょう。

    これは、就活(企業から見たら採用活動)でも同じ。

    採用業務の重要性は高いのですが、実務担当者から見たら、
    沢山ある仕事の一つにしか過ぎないのです。

    効率よくやらねば、

    タイミングを失することも、
    他の仕事に影響することも、
    残業続きで体調を崩すことも、
    人を多く使って人件費を増大させて怒られることも、
    発生するのです。

    私はせいぜい年間4000人くらいとのコンタクトでしたが、
    大手企業や人気業種、就職ランキング上位企業では、
    その数は数倍~数十倍にのぼります。

    そこで、効率化の手段として発生していたのが、
    指定校制度であり、
    書類審査であり、
    エントリーシートであり、
    筆記試験であり、
    web試験であったりします。

    どれも学生さん側から見ると、歓迎せざる事柄ばかりですね(笑

    そりゃそうです。
    これら手段導入の目的は、
    『足切り』なんですから。


    理想を言えば、応募してくれる学生さん全員と会って話したい。
    埋もれている光る人材もいるでしょう。

    でも、そうはいかない。

    埋もれてる人材を発掘する手間で、
    いいと思われるカタマリ(母集団)から抽出した方が、

    確率的に有利=効率が良い

    のです。

    例えば、
    応募してきた4000人に、
    採用担当者(一人)が、
    一人あたり5分ずつ面談したとしましょう。

    4000人 × 5分 = 20,000分 = 333時間 = 13.9日

    実際には週休2日、1日8時間程度の勤務時間ですから、
    毎日勤務時間をフルに使っても、
    2ヶ月はかかる計算です。
    それに付随する事務作業なども発生しますから、
    実際には4ヶ月くらいは最低でもかかる計算になります。

    非常に効率が悪い。

    そこで、足切りツール発動ですよ。

    あれ、ちょっと長くなったな。
    次回に続く!ってことで。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。