ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【新卒採用15年やってましたが何か?】 効率を求めるのはどんな仕事でも同じ。採用も例外では無い。その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【新卒採用15年やってましたが何か?】 効率を求めるのはどんな仕事でも同じ。採用も例外では無い。その2

2013-04-19 09:47

    前回のつづき】

    そこで、足切りツール発動ですよ。

    指定校=入試によってすでに足切り=地頭の良さ=良い人材が居る確率が高い
    ESがいい=良い人材が居る確率が高い
    試験点数が良い=良い人材が居る確率が高い

    なわけです。

    そこに採用で使える資源を集中し、
    良い(と思える)人材を採る。

    前述の4000人を、足切りツールによって200人まで絞ったとすれば、

    200人 × 5分 = 1,000分 = 16.7時間 = 0.7日

    一人5分の面談でも、3日もあれば全員に会えるのです。

    しかも、この200人はツールによって、
    ある条件を満たすことが担保されている。


    あなたが経営者だったら、

    どちらの方法を選択、指示しますか?


    効率は20倍、
    つまり経費換算だと1/20。

    1億円かかっていたのが、500万円に減るとしたら?

    言うまでもないですね。

    残念ながら、これが現実なのです。


    ただし、
    それぞれの足切りツールには長短所あるのは当たり前ですので、
    指定校だから、
    ES通ったから、
    筆記試験通ったから、
    といって、優秀(=仕事が出来る)なわけでは無く、

    『ある条件を満たした』

    だけなのです。
    いうなれば、本選へ進む資格を得た、というところでしょうか。

    応募者の人格や、それまでの人生を否定するものでは無いです(笑


    では、このような現実に、
    応募者はどのように対抗したら良いか。

    通らなければその企業に縁が無かったとあきらめて、
    次の目標へ自分の資源を投入した方が、
    それこそ『効率が良い』です。


    そうやって、企業に対抗していくのが、
    賢い就活のやり方だと、
    個人的には考えます。


    「私はこの企業(業界)にこだわっている。何度でも門を叩いて入ってやる!」

    こういう姿勢も個人的には嫌いでは無いですが、
    次の選考に進めない企業(業界)であれば、
    自分がその企業(業界)に向いていると思っていたのは、
    勘違いかも知れません。

    何回もチャレンジしてソデにされているなら、
    逆に、他の企業(業界)で修行を積んで、自分の価値を上げ、
    その企業(業界)に中途採用で臨み

    「あなたは必要な人材だ。ぜひうちに来て下さい」

    と言わせた方が、胸がすくカモですよ!

    「こだわり」と言う言葉は、
    いまでは職人の矜持のイメージで、ポジティブ感が強いですが、
    本来は「どうでもよいことに心をとらわれて、本質を見逃すさま」のような、
    ネガティブな意味です。

    特に、まだ経験値が浅い、業界研究が浅い場合は単なる『思い込み』かもしれません。

    こだわりを捨てて、効率の良い就活を進めるのもまた、選択肢かと。
    世の中にはまだまだ知らない仕事や、知らない会社が山ほどありますよ。

    考えてみましょうね!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。