ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【新卒採用15年やってましたが何か?】 3年の3月、4年の8月。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【新卒採用15年やってましたが何か?】 3年の3月、4年の8月。

2013-04-22 14:50

    予定を変更して、時事的な話題を。

    2016年卒採用について、具体的な日程が報道されましたね。

    http://megalodon.jp/2013-0422-1430-34/www3.nhk.or.jp/news/html/20130419/k10014044041000.html

    総理大臣が経済3団体(経団連、同友会、日商)トップへ要請したと言うことは、
    キマリです。

    さぁ、ここでこのニュースを受けて、
    採用企画の人間の思考と行動を書いてみましょう。


    『3年の3月説明会解禁、4年の8月選考解禁か。』

    カレンダーを確認する。

    『2015年3月1日は日曜日か。8月1日は土曜日だな。
     すると、8月1日は土日にかかわらず拘束日になるから、留意しておこう。
     翌週明けの8月3日も土日対応しない企業が動く可能性があるので、
     拘束日としよう。
     3月1日は企業によって対応がまちまちだろう。
     ウチは気合い入れて日曜出勤かな。手前で情報収集して対応としよう。』

    粗々のスケジュールを引いてみる。

    『資料は9月発注で10月には納品。サイト上の告知は10月には開始して、資料請求に対応出来るようにだな。
     ウチの説明会は12月にちょっとやって、あとは1月後期試験日程を睨みながら
     1月下旬から開始かな。』

    自社内で説明会を実施する場合は、社内の会議室を押さえ、
    社外実施の場合は、ホールなどを選定し、予約を取る。

    こんな感じです。


    え?説明会解禁選考解禁なのに、おかしくない?

    と考えるあなた、正解です。
    しかし、実態はズレているんです。

    協定遵守企業以外では、

    説明会解禁=実質選考開始
    選考解禁=実質内定者拘束(1次)

    という意識です。

    注意しなければならないのは、就職協定遵守の紳士協定で縛られるのは、
    それぞれの経済団体に名を連ねている企業。
    中小企業は関係ありません。…と思ってます(笑

    ※遵守企業でも水面下で動いていますけどね…これは機会があれば書きます。

    つまり、大手企業の建前のスケジュールが就職協定で決まるので、
    中小企業は、大手の本音のスケジュールを推定し、
    それにどう対抗するかシナリオとスケジュールを考えるのです。

    シナリオというのは、

    『大手が動く前に積極的に先行して内定を出していくぞ!』

    とか、

    『大手の隙間を狙って、選考落ちの学生を拾っていくぞ!』

    など、いわゆる『戦術』にあたることです。

    また、時期によって対象となる学生が変わってくるので、
    そのあたりも睨みながら対応していきます。

    情報収集も重要です。

    大手企業に問い合わせしても、建前の答えしか返ってきませんので、
    (というかそもそも問い合わせない)

    過去のパターンから推測してみたり
    (△△業界は10月頃からリクルータ使うとか、□□社は指定上位校に関しては例年通りだろうとか)

    出入りの業者、R社やD社やM社などに確認してみたりなどして、
    意思決定し、対応していくわけです。

    『拘束』についてはまた書きますね。


    さぁ、こんな企業の実態に対して、
    学生さんはどのような戦略をもって臨むべきか


    書こうかどうか思案中ですが、
    読者の皆さんからのご要望があれば書くつもりです。
    ぜひコメントをお寄せ下さいね!



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。