ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【新卒採用15年やってましたが何か?】 人間力をはかる?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【新卒採用15年やってましたが何か?】 人間力をはかる?

2013-07-25 23:58


    呑み鉄家元です。

    報道されているのですでにみなさんご存じでしょうが、

    文科相が大学入試改革に関連して、

    「学力一辺倒でない人間力を判断する入試のあり方について議論していきたい」

    と述べたようです。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130725/k10013287121000.html


    人間力?

    種としての生存能力?
    人としての魅力?
    いいヤツをはかる?

    う~ん。よくわかりません(笑)。


    人材選考に長く携わってきた私からすれば、

    「面接選考をしっかりすればいいんじゃない?」

    です。


    大学入試面接は目的としているところが違うので、
    よりシビアな入社試験において訓練と経験を積んだ、
    プロを使えばいい話です。

    なにしろ入社選考は、
    「こいつといっしょに働きたいか」
    という
    「仲間を選ぶ」
    選考ですので、真剣度は半端じゃないです。


    以前にも書きましたが、

    「面接で私の何がわかるんだ!?」

    という根強い疑問が受験者にはありますが、

    「わかります。」


    と断言できます。


    さらにハードルを下げて、
    ある程度訓練すれば、
    相対的な評価
    は割と簡単にできます。

    例えば、

    A、B、Cの3人が居て、
    誰が一番好ましいかというのは
    比較すれば判断できる。

    C君はダントツにイイね。
    A君とB君は似たようなもんだが、
    ○○ってファクターはB君のが一枚上手だ。

    …という感じです。

    場数を踏めば評価の引き出しはどんどん増えていきますから、
    よりよい判断が出来るようになります。

    文科省は学校行政の中でしかソリューションを考えられないでしょうけど、
    もっと視野を広げて、
    企業の人材採用のプロを組み込むようなことを考えた方が良いと思いますね。

    下村さん、いかがです?(笑)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。