ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【新卒採用15年やってましたが何か?】 4月から2015卒生の就活は最終段階へ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【新卒採用15年やってましたが何か?】 4月から2015卒生の就活は最終段階へ。

2014-03-31 22:57
  • 1
あけましておめでとうございます(笑

2014年最初の更新です。

さて、明日は4/1。多くの新入社員が初出社の日ですね。

私が人事現役の頃は、新入社員教育の計画なども担当していたため、
多忙な一日だったですね。

新入社員にとっても、いままでお客さん扱いだったのが、
一気に組織の最下層に転落する日でもあります(笑

納得できないと文句を言う新人も居ますが、みんないつか来た道。
イヤならば辞めなさい(笑


そして、晴れて進級した新4年生は、就活最終段階の人も多いでしょう。

正直、この時期になると採用担当は数読みモードに入ります。

説明会などの新規動員人数、そこからの選考合格者、内定辞退者などの数を読んで、
採用予定数に繋げて行きます。

私の場合は、過去5年間の各選考段階の合格率や、内定辞退率をもとに、最終入社数を推測していきました。もちろん、今年の統計数字も睨み、補正するのは欠かせません。
そして必要があれば追加説明会で母集団を増やし、また各選考段階で補欠を作ってバッファとしていました。

例えば、採用予定数を100人で、最終選考通過者の辞退率を50%とすると、
最終選考通過者は200人必要となるので、1次2次選考などの合格率を勘案して、
各選考段階で現状どのくらいの学生が残っているか、計算していくわけです。

また、内定者は入社志望度5段階でカテゴライズし、それで辞退数の予測をするのは欠かせませんでした。

内定者個別の事情を勘案しつつも、数値管理は欠かせません。
おかげで、大幅に採用予定数を下回るようなことは一度もありませんでした。
でもそれが当たり前なんです。プロですから。


この時期に就活を始めていない2015年卒は居ないでしょうが、
選考に残っている企業がない学生さんは、大いに危機感を感じ、活動を活発にしましょう。

業種業界を絞りすぎてた人は範囲を拡大し、大手しか受けてなかった人は中堅中小を視野に入れましょうね。

就職浪人でいいや!なんて安易な考えは捨てましょう。
働かなくていいことなんて、何もありませんよ。

広告
×
就活生としてこういう裏の状況を見るのは興味深いです。
86ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。