【コスプレ】秋葉原で「鋼の錬金術士」のエドワード・エルリックの篭手を作ってみた【造形教室】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【コスプレ】秋葉原で「鋼の錬金術士」のエドワード・エルリックの篭手を作ってみた【造形教室】

2014-05-25 17:33

    いままで、マインクラフトのコスプレをさせていただきましたが、
    そろそろ技術を向上させねばと思い、コスプレクションで知り合った
    方が秋葉原で開催している造形教室に行ってきました!

    会場は会議室を借りて開かれていました。

    今回は初心者用コースなので道具や素材は用意していただきました。
    黒い板はウレタン、その上の布は合成繊維で出来ていて金属感を出すのに
    使います。あと左の白い物は型紙です。

    使う道具はこんな感じ。ヘラ2種類はこの後糊を塗るのに使います。

    今回作るのは「鋼の錬金術士」のエドワード・エルリックの(義手風の)篭手です。
    まずは型紙を切り出していきます。

    切り終えたのがこちら。

    続いてウレタンの板に建築用の糊(Gボンド)を塗っていきます。
    この時ムラができてしまうと後々のクオリティーに問題が出てしまうので
    真剣にやるのですが、なかなか上手くいかず。
    先生曰く「慣れるしかない!」とのこと。

    塗った後がこんな感じ。

    同様に合成繊維の布にもGボンドを塗っていきます。
    Gボンドはある程度乾かさないといけないのでこうやって寝かせています。

    Gボンドを寝かせおえたら型紙を貼って、切り出していきます。
    溝があるように見えるパーツは同じ形の物を2つ切り出して1方に
    穴を開け、貼りあわせています。

    切り出し終えたらウレタンに合成繊維を貼り、
    縁も覆うのでのりしろをのこしつつ、同様に切り出します。
    合成繊維の布は力を加えると伸びるので、
    それを餃子の皮のように伸ばしながら包むと・・・。

    各パーツが完成!
    あとは組み立てれば完成です。

    組みたて方は様々ですが、今回は接着剤とアルテコという接着剤の力を
    強化するスプレーを使いました。

    まずは手甲の部分。

    組み立てながらサイズを確認していきます。
    今回はバッチリ!

    腕の部分も完成しました!

    後ろから見るとこんな感じ

    合わせて装着すると・・・エドワード・エルリックの篭手が完成です!
    中学レベルの図工能力しかありませんでしたが、説明込みで3時間もかからずに
    作ることが出来ました!

    教室は私のような初心者だけではなく、上級者の方が持ち込みで作業を
    やりに来る場所となっています。写真はコスプレクションでご一緒させて
    いただいたエドさん。自作の超長いロンギヌスの槍を撮らせていただきました。

    その他、工房には沢山の装具が。
    いつかはこういうのも作れるようになりたい!


    以上でレポートを終えます。親切に教えていただいて楽しめたので
    今後も通ってレベルを上げたいと思います。

    なお、教室の詳細は秘密にして欲しいとのことでしたので、
    ここには書けませんが、全国でも同様の教室があるので
    興味がわいた方は探してみてはいかがでしょうか。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。