• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 《完全版》「関西、ぶち上げたれ!」関ジャニ・横山裕が闘魂注入 ジャニーズJr.”涙の新大久保”

    2019-05-11 19:00  
    「『これぞ関西Jr.!』というような、コミカルで笑いの絶えない公演でした。吉本新喜劇を下敷きにしたコントも面白かった。MCなどは当然すべてコテコテの関西弁で、観覧に来ていた関西ジャニーズJr.出身の永瀬廉(20・King & Prince)も手を叩いて爆笑していました。別の日にも、関ジャニ∞の村上信五(37)や丸山隆平(35)、大倉忠義(33)、ジャニーズWESTの重岡大毅(26)らが来ていた。披露された楽曲も関西ジャニーズJr.のものばかりで、まさに“関西祭り”でした」(事務所関係者)
     4月13日~21日、東京・新宿区の東京グローブ座で、関西ジャニーズJr.の新ユニット「Aぇ!group(ええ ぐるーぷ)」が単独公演を行った。「Aぇ!group」は2月18日に結成が発表されたばかりの6人組である。
    2012年、紅白に初出場した際の「関ジャニ∞」のメンバー
    「センターの正門良規(まさかどよしのり・22)をはじめ、末澤誠也(24)、草間リチャード敬太(23)、小島健(19)、福本大晴(19)、佐野晶哉(17)の6人です。全員が大阪や兵庫、京都の関西出身。3月5日から地元・大阪松竹座で上演された『SPRING SPECIAL SHOW 2019』での“お披露目”を終え、満を持して、東京に殴り込みをかけたというわけです」(芸能プロ関係者)
     ジャニーズは今年1月、株式会社ジャニーズアイランドを立ち上げ、ジャニーズJr.の育成やプロデュースを本格化させている。同社は、ジャニー喜多川氏(87)が代表取締役会長、そしてタレント業を引退した滝沢秀明氏(37)が代表取締役社長という体制だ。
    「結果として、『SixTONES(ストーンズ)』『Snow Man』『Travis Japan』といったグループのメディア露出も増えました。ただ、音楽番組などで見せる歌やダンスのパフォーマンスのレベルは高いとは言えない。ジャニーズですからね、青田刈りですよ」(テレビ局関係者)
     この3グループはいわば関東系。これに対抗するかのように、関西ジャニーズJr.の動きも活発化しており、昨年から今年にかけて、「なにわ男子」「Lilかんさい」の2つのグループが誕生している。「Aぇ!group」はそれに続く3つ目の関西系ユニットだ。
    「2018年10月に結成された『なにわ男子』に関するジャニーズの売り込みはすごい。在阪テレビプロデューサーも『使ってくれというゴリ押しがすごい』と洩らしていた。同じジャニーズJr.の中からも『あいつら(なにわ男子)は推されてるからな……』というボヤキが聞こえてきます。『Aぇ!group』は『なにわ男子』より年上のメンバーが多いですが、プッシュ度で言うと『なにわ男子』の次という感じですね」(アイドル雑誌関係者)
    「Aぇ!group」について、業界関係者が注目しているのは、今回の単独公演「僕らAぇ!groupって言いますねん」の企画・演出・プロデュースを手掛けたのが、関ジャニ∞の横山裕(38)だということだ。
    「僕らAぇ!groupって言いますねん」(2019年4月13日〜21日)チラシ
    「2004年にデビューした関ジャニ∞も、もともと関西ジャニーズJr.からの選抜メンバーで結成されたユニット。最年長メンバーの横山はリーダー的な存在です。ただ、『週刊文春』(3月14日号)が報じた錦戸亮(34)の脱退が現実となれば、2005年の未成年飲酒問題で脱退した内博貴(32)、昨年末の渋谷すばる(37)につづく3人目の脱退となる。8人でスタートしたグループも5人になってしまう。グループ崩壊の危機の中で、渋谷の脱退後、解散を主張した錦戸に横山は激怒したと言われます。それだけに、横山の言動には注目が集まっているのです」(前出・芸能プロ関係者)
     横山がプロデュースした「Aぇ!group」単独公演は連日大入満員。4月21日には無事、千秋楽を迎えた。その夜、横山は若い6人のメンバーを引き連れ、新大久保の焼肉店で打ち上げをしたという。
    「関西、ぶち上げたれ。ぶちかましたれや!」
     横山はときに真剣な眼差しで、繰り返し、後輩たちに熱い思いをぶつけていた。横山の言葉に高揚した6人のメンバーは、ほぼ全員が涙を目に浮かべて聞き入っていたという。
    「横山はグループの今後についてや、ジャニーズ全体の展望について力説していました。『これからはお前らの時代や』『関東のジャニーズJr.に負けんな。関西、ぶち上げたれ』『「なにわ男子」だけやない。お前らもやれるやろ!』と。まるで自分の希望を彼らに託しているようだったと。かつて、関ジャニが出来たばかりの頃、『俺らでやったるで!』と声を上げていたのも横山でしたから、自分の若かりし頃とダブって見えるのかもしれません」(前出・事務所関係者)
     横山は、この日だけでなく、「Aぇ!group」メンバーを頻繁に食事に連れて行っているという。関ジャニメンバーが後輩を育てていくというのは、以前からジャニーズ事務所の中で検討されていた。
    「ジャニーズアイランド創設の話が出た頃から、関東のJr.は滝沢が、関西Jr.は関ジャニが育てていくという計画でした。関ジャニは村上信五、大倉忠義など、後輩の面倒見が良いメンバーが多く、横山はその筆頭格。
     しかし当初、横山は意外と後輩の育成には乗り気じゃなかった。ただ、彼は熱い男。