• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 193件
  • いま話題の記事&バックナンバー

    2019-10-31 05:00  
    新着! 今週のスクープ
    ◆ 法務大臣 河井克行夫婦のウグイス嬢「違法買収」 もう1人の菅側近も「疑惑のデパート」
    ◆ 進次郎 資産1位の足を引っ張る滝クリの「金銭感覚」
    ◆ 菅原一秀が秘書に「15万円取り立て状」を送っていた
    ◆ スカーレット “女中の大久保さん”は人間国宝の娘だった
    ◆ 《スクープ撮!》山本美月(28)瀬戸康史(31)お絵描き「5連泊」
    これまでの話題記事
    ◆ 10月17日、選挙区内で決定的瞬間 菅原一秀経産相「有権者買収」撮った
    ◆ 神戸・東須磨小「悪魔の職員室」 教師イジメを生んだ40代女教師の「恋愛感情」
    ◆ ラグビー日本代表「泣ける話」ベスト8 2カ月のケガを押し南ア戦に
    ◆ 「大水害時代」に克つ保険 5つのルール 水災補償の有無、昔の契約の罠…
    ◆ 「親が認知症?」で始める手続き
    ◆ 《告発スクープ》神戸イジメ教師は後輩男女教諭に性行為を強要した 東須磨小「
  • 今週の『週刊文春デジタル2019年11月7日号』記事一覧

    2019-10-31 05:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     今週の週刊文春デジタル・記事一覧
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▼もう1人の菅側近も「疑惑のデパート」 法務大臣 河井克行夫婦のウグイス嬢「違法買収」
     ●偽領収書を…妻の参院選で事務所ぐるみ公選法違反疑惑
     ●菅原メロンに続きマンゴー ジャガイモを有権者に
     ●残業代不払い「バカ」「アホ」は当たり前のパワハラ大臣
     ●「いい加減にしてほしい」スピード違反に県警の悲鳴
    https://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1828201
    ▼進次郎 資産1位の足を引っ張る滝クリの「金銭感覚」
     ●「おもてなし」でギャラ高騰 今も年収1億円超え
     ●滝クリセレクトは月80万マンション、50万バッグ、ベンツ
     ●進次郎“女子アナ密会”ホテルに政治資金で宿泊代67万
     ●「ねえねえ載ってたよ」妻に文春を渡
  • もう1人の菅側近も「疑惑のデパート」 法務大臣 河井克行夫婦のウグイス嬢「違法買収」

    2019-10-31 05:00  
    菅原経産相がメロンリストで追及を受ける最中、地元でジャガイモを配っていた大臣がいるという。よりにもよって法律を所管する河井克行法相だ。パワハラ、スピード違反も当たり前。さらに妻の参院選を巡って違法な買収疑惑まで。物証を入手した小誌記者は……。 
  • 進次郎 資産1位の足を引っ張る滝クリの「金銭感覚」

    2019-10-31 05:00  
    美人アナとの結婚に初入閣。おめでた続きのはずなのに世間の評判は下り続ける進次郎氏。持たざる者の嫉妬か。はたまたメッキが剥がれただけなのか。そんな折、莫大な資産額まで明らかに。得意の発信力をもってしても国民との距離はなかなか詰められそうにない。 
  • 菅原一秀が秘書に「15万円取り立て状」を送っていた

    2019-10-31 05:00  
    「すべての罪を擦(なす)り付けられた公設秘書・A氏は、『一度だって自分の意思で行動したことなんてないさ。すべて菅原の指示だ』と周囲に話しています。彼は自身の身を守るため、菅原氏から常に指揮・命令があったことを裏付ける三年間のLINEのやり取りを保存し、全面的に争う意向を示しているようです」(A氏の知人) 
  • 雅子さまの「十二単」所作に専門家も驚いた

    2019-10-31 05:00  
    つつがなく執り行われた「即位礼正殿の儀」と一連の諸行事。ご体調が心配された雅子さまは終始、皇后としての威厳と品位を身にまとわれていた。さらに他の女性皇族方も各々、新時代へのご意志を見せられ――。晴れやかな式典の知られざる舞台裏をレポートする。 
  • 貴乃花「自伝」のオフレコ部分 協会に土下座するなら死を選ぶ/笑顔で語った宮沢りえ

    2019-10-31 05:00  
     小誌連載に大幅加筆した「貴乃花 我が相撲道」が発売された。執筆した石垣篤志記者は十四年にわたり、寡黙で一途な大横綱と向き合ってきた。記者だけが知る貴乃花の素顔とは――。 
  • 《スクープ撮!》山本美月(28)瀬戸康史(31)お絵描き「5連泊」

    2019-10-31 05:00  
     十月二十五日の午後八時、東京・渋谷区のとある駅前のカフェ。一番奥のボックス席に、向かい合ってタブレットを開き、電子ペンで一心不乱にイラストを描いている男女がいた。
     二人は女優の山本美月(みづき・28)と俳優の瀬戸康史(こうじ・31)。これは、今年四月期に放送された純愛ドラマ「パーフェクトワールド」(フジテレビ系)では結ばれなかった二人が描く、アナザーストーリーだ。 
  • 「5分すると忘れる」チュート徳井の未払いリスト

    2019-10-31 05:00  
    「本当にふざけている。無申告で何度も『出せ』と言ってきた。(税務調査に)もう入るぞ、となってようやく出した。その結果がこれだ」(東京国税局関係者)
     当局を激怒させたチュートリアル・徳井義実(44)。実は、彼にはまだまだ“未払い”の過去があったのだ。 
  • スカーレット “女中の大久保さん”は人間国宝の娘だった

    2019-10-31 05:00  
    「三時代、八本もの連続テレビ小説に出していただける感謝の気持ちを込めて! しっかりと喜美子ちゃんを仕込みたいと思います」
     今年五月、NHKの朝ドラ「スカーレット」出演者発表の折、そうコメントしたのが三林京子(68)だ。