• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 129件
  • 最新記事アクセスランキングほか|週刊文春からのお知らせ

    2020-05-29 18:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━最新記事アクセスランキング━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「週刊文春」最新記事アクセスランキングです。◆第1位 木嶋佳苗死刑囚の夫と麻雀直前に密会 黒川辞任全内幕 安倍「もう嫌になった」  http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1904846 ◆第2位 小池百合子 カイロ大首席卒業の嘘と舛添要一との熱愛  http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1904845 ◆第3位 NHKは“岡田禁止令” 玉川徹、岡田晴恵「コロナ発言」を医師が徹底診断(鳥集 徹+本誌取材班)  http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1904842 ◆第4位 トラブル続出「持続化給付金」を769億円で受注した
  • THIS WEEK【政治】共産支援で当選して自民入り 桜井充の「変節」ぶりが凄い

    2020-05-28 10:00  
    「新型コロナ対策一つとっても、与党でないと仕事ができない」
     そう宣言し、野党統一会派を離脱、五月二十一日に自民党会派入りしたのは桜井充参院議員(64)だ。東京高検の黒川弘務検事長が賭けマージャンで辞任し、政権の力が急落する最中の転身に野党担当記者は「コロナ対策で安倍晋三首相も野党の提案を受け入れる姿勢を示している。『与党でないと仕事ができない』とは大嘘」と呆れ返った。
     何しろ桜井氏、ついこの間まで安倍政権追及の急先鋒だった。首相が衆院を解散した二〇一七年九月には「モリカケ追及逃れの解散だ。選挙がどうなろうと総理の関与は追及する」と宣言。自民圧勝に終わった選挙後も追及チームのリーダーとして厳しく迫った。 
  • いま話題の記事

    2020-05-28 05:00  
    新着! 今週のスクープ
    ◆ 木嶋佳苗死刑囚の夫と麻雀直前に密会 黒川辞任全内幕 安倍「もう嫌になった」
    ◆ 小池百合子 カイロ大首席卒業の嘘と舛添要一との熱愛
    ◆ トラブル続出「持続化給付金」を769億円で受注した幽霊法人
    ◆ 西谷・大阪桐蔭監督が語る甲子園中止 「あいつら木のバットで練習始めてました」(ノンフィクションライター・ 中村計)
    ◆ NHKは“岡田禁止令” 玉川徹、岡田晴恵「コロナ発言」を医師が徹底診断(鳥集 徹+本誌取材班)
    これまでの話題記事
    ◆ 安倍首相 対応失敗は「厚労省のせい」 「来年から9月入学」でコロナ隠し
    ◆ 赤木さん第8弾 黒川検事長「定年延長」の裏に森友事件潰しが!(大阪日日新聞記者・相澤冬樹)
    ◆ データに見る全国知事「本当の実力」 東京、北海道は医療崩壊寸前/死亡率上位は石川、東京、福
    ◆ 岡村隆史 NHKに「チコちゃんは続けたい」と直訴していた
  • 今週の『週刊文春デジタル2020年6月4日号』記事一覧

    2020-05-28 05:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     今週の週刊文春デジタル・記事一覧
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▼木嶋佳苗死刑囚の夫と麻雀直前に密会 
     黒川辞任全内幕 安倍「もう嫌になった」
     ●退職金6千万「処分軽すぎる」森法相主張を無視
     ●元店員が告発「黒川さんは週2回」賭博常習犯 
     ●今井vs.菅「責任なすり合い」リーク合戦 
     ●「官邸が河井前法相捜査を邪魔」検事オフレコメモ 
     ●産経関係者が明かす告発の理由 朝日は解約相次ぐ
    https://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1904846
    ▼小池百合子 カイロ大首席卒業の嘘と舛添要一との熱愛
    「カイロで同居していた者です」。2年前、届いた封書から取材は始まった。同居女性の告白、エジプト現地取材で明るみに出た虚飾の経歴。そして、舛添との秘められた過去。前知事は直撃に――。
  • 木嶋佳苗死刑囚の夫と麻雀直前に密会 黒川辞任全内幕 安倍「もう嫌になった」

    2020-05-28 05:00  
    先週号が発売されたその日に辞表を提出した黒川弘務検事長。だが、法務省がおこなった調査は拙速で、事実と異なる点もあった。それに基づく激甘処分に批判が高まると、今度はその責任を官邸が法務・検察に押し付けようとする。さらに黒川氏の驚くべき交遊も…… 
  • 小池百合子 カイロ大首席卒業の嘘と舛添要一との熱愛

    2020-05-28 05:00  
    「カイロで同居していた者です」。2年前、届いた封書から取材は始まった。同居女性の告白、エジプト現地取材で明るみに出た虚飾の経歴。そして、舛添との秘められた過去。前知事は直撃に――。 
  • トラブル続出「持続化給付金」を769億円で受注した幽霊法人

    2020-05-28 05:00  
    「数種類ある企業向けのコロナ給付金で順調に進む事業は少ないが、特に問題視されているのが持続化給付金です。事業者への対応があまりに杜撰なためツイッターでは大炎上しています」(経産省担当記者)
     安倍首相がコロナ不況への緊急経済対策として打ち出した目玉事業にある疑惑が浮上している。 
  • 西谷・大阪桐蔭監督が語る甲子園中止 「あいつら木のバットで練習始めてました」(ノンフィクションライター・中村計)

    2020-05-28 05:00  
    「夏の甲子園」中止。その発表翌日だった。大阪桐蔭の監督である西谷浩一(50)に、話を聞かせて欲しいとショートメールを送った。
     二〇一八年、根尾昂(中日)、藤原恭大(千葉ロッテ)らを擁し、史上初となる二度目の春夏連覇を達成。ところが、翌年は甲子園に出場すらできず、しかも、夏は府内の宿敵・履正社が日本一になった。西谷は「日本一への戦いに参加できず苦しい一年でした……」とほぞをかんだ。
     しかし、大阪桐蔭は苦しめば苦しんだぶんだけ強くなる。この春は、二年振りに選抜出場を決めていた。ところが、コロナの感染拡大により、史上初の中止に追い込まれる。「夏に切り替えるしかない」と前を向いたが、約二カ月後、その夏までも消えてしまった。 
  • NHKは“岡田禁止令” 玉川徹、岡田晴恵「コロナ発言」を医師が徹底診断(鳥集 徹+本誌取材班)

    2020-05-28 05:00  
    ニュース番組のみならずワイドショーもコロナ一色となったテレビ。玉川氏、岡田氏……引き籠もり生活の中、コロナの動向を注視する視聴者に彼らの発言が与えた影響は大きい。それは真に「科学的」であり「事実に則った」ものだったか。専門家の検証を仰いだ。 
  • テラハ木村花さんネット炎上を「使える」と利用したフジ

    2020-05-28 05:00  
    「嬉しい! でも、私なんかが出ていいのかな……」
     恋愛リアリティ番組「テラスハウス」(フジテレビ系)への出演が決まり、喜びながらも戸惑っていたプロレスラーの木村花さん。笑顔の報告から八カ月後、彼女は二十二年の短い生涯を閉じることに――。