• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 160件
  • 最新記事アクセスランキングほか|週刊文春からのお知らせ

    2020-12-25 18:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━最新記事アクセスランキング━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「週刊文春」最新記事アクセスランキングです。◆第1位 〈衝撃告白〉小室圭さんのイジメで私は高校中退 ひきこもりになった  http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1977660 ◆第2位 菅“孤立の官邸”〈深層レポート〉 安倍は居直り「テレ朝の局長は責任とれよ」  http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1977656 ◆第3位 三浦春馬 実母初告白 「遺骨は手元にあります」  http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1977659 ◆第4位 錦織圭を陥落させた29歳元モデル “魔性の履歴書”  http://ch.nicov
  • いま話題の記事

    2020-12-24 05:00  
    新着! 今週のスクープ
    ◆ 〈衝撃告白〉小室圭さんのイジメで私は高校中退 ひきこもりになった
    ◆ 三浦春馬 実母初告白 「遺骨は手元にあります」
    ◆ 菅“孤立の官邸”〈深層レポート〉 安倍は居直り「テレ朝の局長は責任とれよ」
    ◆ 森友 赤木さん申立書は「すり替えられていた」 “裏切者”は元担当弁護士!(大阪日日新聞記者・相澤冬樹)
    ◆ 「嵐の素顔」秘蔵メモ 全公開
    これまでの話題記事
    ◆ 〈医療崩壊は人災だ!冬コロナ危機〉 「尾身会長を黙らせろ」菅首相逆ギレ命令
    ◆ 《スクープ撮》河野景子(56)再婚 相手は怪しいエステ経営者 知った貴乃花は…
    ◆ 昼酒、パワハラの独裁者がコロナ患者転院を拒否 旭川医大学長 クラスター病院に「なくなるしかない」〈暴言音声〉
    ◆ 宮内庁長官が警告した小室圭さん母子の“独善”言行録
    ◆ 〈1.5億円一時金なしでは…〉小室圭さん母子 “粉飾の借金人生”  遺族年
  • 今週の『週刊文春デジタル2020年12月31日/2021年1月7日 新年特大号』記事一覧

    2020-12-24 05:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     今週の週刊文春デジタル・記事一覧
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▼〈衝撃告白〉小室圭さんのイジメで私は高校中退 ひきこもりになった
    中高一貫校に入学した少女を待ち受けていた地獄。小室さんと仲間から「ブタ」と書いた紙を置かれ、すれ違いざまに「ブーブー」。4年続いた陰湿なイジメで彼女は高校を辞めた。「人生を狂わされました。今も、テレビに彼の顔が映ると涙が出てきます」
    https://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1977660
    ▼三浦春馬 実母初告白 「遺骨は手元にあります」
    「結局はお金。両親には二度と会いたくない」と生前語っていた三浦。その実母が初めて口を開いた。長期化する遺産相続、蒼井優との“束縛交際”、遺品の片づけで見つけた手紙…。
    https://ch.nicovideo.jp/sh
  • 〈衝撃告白〉小室圭さんのイジメで私は高校中退 ひきこもりになった

    2020-12-24 05:00  
     穏やかな家族の団らんに、突如、異変が起きた。
    「やめて。チャンネルを替えて!」
     家族とともにテレビを見ていた一人の女性が、血相を変えた。
     二〇一七年九月――。テレビでは連日、秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定の話題を伝えていた。平成時代の天皇の初孫として、国民の多くがご成長を見守ってきた眞子さま。その眞子さまのお相手・小室圭さんは、否が応でも世間の注目を集めた。
     眞子さまとは国際基督教大学(ICU)時代の同級生で、「湘南江の島 海の王子」にも選ばれたことのある好青年。メディアはこぞって、小室さんをこう持てはやした。
     婚約内定会見では、眞子さまと小室さんが、はにかみながら見つめ合う場面もあった。この様子に、誰しもが“爽やかカップル”の誕生を信じて疑わなかった。
     ただ一人の女性を除いては――。
     小室さんの笑顔がテレビ画面に映った途端、女性はパニック状態に陥った。
    「どうしたの?」
     母親は心配して尋ねた。女性は声を絞り出し、こう訴えた。
    「お母さん、覚えてない? 学校に小室圭がいたの。私は、この人にずっとイジメられていたの……」
     
  • 三浦春馬 実母初告白 「遺骨は手元にあります」

    2020-12-24 05:00  
     うら寂しさが漂う茨城県内の小さな町。スナックやコンビニが連なる飲み屋街の一角で、その女性はひっそりと暮らしている。
     彼女がたった一人の息子を失ったのは、今から五カ月余り前。東京・港区の自宅マンションで自ら命を絶ち、僅か三十年の生涯に幕を下ろしたのだ。
     原因として伝えられたのは、家族への「愛憎」。華やかな芸能界で活躍する息子に対し、女性は金銭を無心することもあったという。以来、母子の間にできた溝は埋まるどころか、深まるばかり。苦悩を募らせた息子は三年ほど前、こんな言葉を親友に漏らしていた。
    「結局はお金。両親には二度と会いたくない」
     愛憎半ばする想いは、やがて「絶望」につながったのか。
     小誌記者は十二月十九日夜、その女性、俳優・三浦春馬(享年30)の実母、A子さんと向き合った。 
  • 菅“孤立の官邸”〈深層レポート〉 安倍は居直り「テレ朝の局長は責任とれよ」

    2020-12-24 05:00  
    「何をやっても批判される……」。鳩山政権を下回る支持率の低下ぶりに、そう愚痴をこぼしている菅義偉首相。ここに来て、首相を支えてきたはずの二階派や公明党からも不満の声が飛び出してきた。発足からちょうど100日。菅官邸に今、何が起こっているのか。 
  • 森友 赤木さん申立書は「すり替えられていた」 “裏切者”は元担当弁護士!(大阪日日新聞記者・相澤冬樹)

    2020-12-24 05:00  
    この十二月、赤木雅子さんが「もう終わりです」と涙声で繰り返すほどの“事件”があった。国が証拠として提出した膨大な資料の中から、信じていた元担当弁護士が、自分ではなく財務局側の人間だったことを示す証拠が出てきたというのだ。なぜこんなことが――。 
  • 「嵐の素顔」秘蔵メモ 全公開

    2020-12-24 05:00  
    「国民的アイドルグループ」の名を独占してきた嵐が、ついに二十一年間にわたる活動を休止。芸能界のトップを走る陰で、小誌だけが目撃し、忖度抜きで報じた数々のスクープ。デビュー前夜の証言、肉親の不安、そして将来を懸けた恋――今、すべてを一挙蔵出し! 
  • ダチョウ倶楽部は見た「未完の人 志村けん」(ノンフィクションライター・西﨑伸彦)

    2020-12-24 05:00  
    お笑いの道に足を踏み入れて半世紀。その道は頂点を極めたと思った瞬間に滑り落ちる修験道だった。小道具のゴミ袋には本物のゴミを入れ、上手く顔に残る墨汁の濃度をとことん突き詰める。狂気にも似たお笑いの道の追求は、古希になっても完成を見なかった――。
     
  • 冬ステイホームを乗り切る「7つの対策」

    2020-12-24 05:00  
    冬コロナが猛威を振るい続けている。十二月二十一日に、日本国内の累計感染者数は二十万人を超えた。ステイホームが望ましいと言われるが、巣ごもり生活はフレイルを招くなど心身への悪影響も。食事や運動法など、この冬はどんな生活を送ればよいのかを徹底特集。