• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

片山さつき「茂木大臣の方が」 怪気炎と公選法違反疑惑
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

片山さつき「茂木大臣の方が」 怪気炎と公選法違反疑惑

2018-12-06 05:00
  • 1
「就任から二カ月過ぎても彼女についてのスキャンダルが一向に尽きない。ただ彼女に身を引く意思は皆無。こうなったら現体制を引っ張れるだけ引っ張って、支持率が下がり始めたら、人身御供としてスパッとクビを切る。安倍晋三首相はそんなシナリオを描いていると永田町で広まりつつあります」(政治部デスク)
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2018-12-18 22:38
チャンネル月額: ¥864 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
 片山さつきを止めさせようとしているのだろうが、彼女が辞めても安倍政権にダメージがそれ程あるかな。これに似たような事をやってる政治家なんて与野党を問わずたくさんいるだろう。だから根本的に変えるなら政治資金規正法を変えるか、或いはアメリカのように献金は青天井にするかだ。いずれにしろ経費の誤魔化しをやっているのは官民を問わずだから、ある意味無駄な努力と言うか、文春の悪意を感じるな。綺麗事の優先的地位の乱用的な非難は何の現実的改革ももたらさない。
 それより東京医大不正入学の裏で動いた谷口ブローカーに関係する吉田統彦、羽田雄一郎、大西健介らへの真相究明はまるで進まないし、第一メジャーマスコミが全く報道しない。同様に関西生コンの恐喝問題で十数人が逮捕されているのにこれも全く報道されていない。これは恐喝と言うより極左過激派とも関係があり、同和問題や在日、もっと言えば森友の問題にも絡んで来るかもしれない日本の闇に関係する事案だろう。彼等から献金してもらってたのが辻元清美であり、そのバックにはもっと大物の左翼政治家がいると言う。須田信一郎が怖くて名前を言えないそうだ。文春ならこれくらいの事実を知らない訳はあるまい。大した証拠もなしに伝聞と印象操作で安倍夫妻を叩いた文春なら、もし骨があるなら、こっちの問題の方が公益性はあるだろうし、現実に証拠と言うか事実はたくさんある。辺野古の反対運動にも絡んでいると言われるこの関西生コンのマークはデザインが立憲民主党のロゴと全く同じと言ってもいい。関西生コンのような極左勢力は朝鮮総連とも絡んでいるのだろう。朝鮮と言う底なし沼のような暗黒の部分を取り込んだ近代日本が一体何を得たのか失ったのか、そして今の日本が抱える問題はすべてそこに起因しているとも言っても過言ではない気がするのだ。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。