• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

夜ふけのなわとび 第1588回 林真理子「ハワイということ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夜ふけのなわとび 第1588回 林真理子「ハワイということ」

2019-01-24 05:00
     以前も書いた。ハワイへ行くたびに祈るような気持ちになると。
    「どうかずっと、この島が日本人のものでありますように」
     今、世界中どこへ行っても、幅をきかせているのが中国人と中国語である。ヨーロッパのいろんな国でも、ニューヨークでも、自国語と共に中国語が書かれている。
     バブルの頃、高級ブランド店にいっぱいいた日本人店員は姿を消し、いつのまにか中国人ばかりになった。
     東京だって銀座は右も左も中国人。六丁目あたりは、聞こえてくるのは中国語ばかりだ。
     しかしハワイは違う。
    「立入禁止」
    「すべらないように気をつけてください」
    「営業は午後二時からです」
     みーんな日本語がふつうに英語と併記されている。うどんの「つるとんたん」もあるし、お好み焼きの「千房」もある。おにぎり屋さんも大盛況。店員さんはカタコトの日本語を喋ってくれる。昔、誰かが、
    「日本国ハワイ県」
     と書いていたが、その傾向は根強くあるようだ。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2019-12-13 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。