• このエントリーをはてなブックマークに追加
皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮 「抗不安薬」「千鳥足」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮 「抗不安薬」「千鳥足」

2019-04-18 05:00
  • 2
「平成」も残すところあとわずか。五月一日からは皇太子さまが新天皇に、そして秋篠宮さまはそれを支える皇嗣になられる。しかし、兄君は弟君に一抹の憂慮を抱え、弟君にも様々なお悩みが――。「令和」の時代の皇室を担うご両家で今、一体何が起きているのか。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2019-05-20 15:08
チャンネル月額: ¥864 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
最後は
> お二人の憂慮が、一日も早く晴れることを祈りたい。
なんておためごかしを言っているが、要は皇太子さまを利用して秋篠宮さまを批判(攻撃)している。
最近良くやる「天皇利用で安倍攻撃」と同じパターンで、今回は「皇太子利用で秋篠宮攻撃」、次は多分「上皇利用で新天皇攻撃」「上皇后利用で皇后攻撃」とくるでしょう。安倍攻撃と皇室攻撃は反日・売国勢力の2本柱で、逆を言えば、皇室と安倍さんが日本の希望ということ。

秋篠宮さまのために言えば、皇族方だって人間なのだから、ある程度「私」の部分や個性も認めてあげるべき。今上天皇陛下や皇后陛下のような無私の立派な方々はむしろ望外の例外で、神ならぬ「私」や「弱さ」もある人間で良いと思うし、そうでないと皇室の制度は続かないと思う。新天皇陛下になられる徳仁皇太子殿下は「(雅子さんを)僕が一生全力でお守りします」や「人格否定発言」でその人間味を示されている。新時代令和は「神のような天皇・皇后両陛下に頼る日本」ではなく「皇室をお守りする日本」になってほしいし、そうならないと皇室も日本も滅びる。そこを反日・売国勢力は狙っている。
1ヶ月前
×
 この記事は言論の自由、報道の自由の範囲なのではなく、反論のできない、訴訟のできない皇族に対する、報道レイプである。卑怯者の極みであろう。宮内庁が本当に内部の事を暴露しているかどうかも確かめようもない。つまり言われっぱなしの相手に対し、防御出来ない相手に対し殴りっぱなしをするような卑劣な会社である。マスコミの名をかたるのも恥ずかしいと思わないのか。

 言論の自由はお互いに言いたいこと意見などを対等に自由に言える事が基本である。それも分からないような人達、言論の自由のない国、言論を弾圧している国の人達に使嗾されている、そこから金を貰っているような奴らにしかできない所業だろう。これには日本を崩壊させようとする勢力、日本の背骨である皇室をなくそうとする意志が背景にあるとみるのが自然だろう。万世一系、男系の継承を無くすための策謀がこれである。愛子内親王を立てようとする為にあることない事報道して、正式な皇位継承権を持っている秋篠宮、悠仁親王を潰す事が第一段階なのであろう。その為のフェイクニュスで国民に偽情報(確かめようが無い)を刷り込んでいるのである。そして宮内庁や左翼官僚、売国マスコミなどがどこかの勢力の後押しを受けてやっているのがこの構図である。安倍政権は何をやっているのだ。

 この原因を作ったのはNHKの突然の退位(譲位)発表であり、それに続く天皇陛下の個人の意思TV発表であった。もし私が宮内庁の関係者であれば切腹しても陛下を諫めたであろう。つまりチャーリーとは意見が全く違うが、皇室に対し一般の人間的な要素を国民が容認したり、求めた瞬間に皇室は崩壊するという事だろうと私は思う。つまり日本の125代、2679年続いた万世一系の皇室は英国の王室のように成り下がって行くだろうと思う。勿論皇族は人間であり、その本質からは逃れられないのは承知している。しかし、今のように大量にあることない事、庶民的な情報が流れればその神秘性は無くなって行く。それを求めるその国民というものの低俗性はどうしようもないものなのかもしれない。それがやがて滅びていく人類の愚かさなのかもしれないし、それがこの戦後最低の誇りのない国家、国民でしかいられなかった我々あのなれの果てなのかもしれない。

 「平和」という言葉を左翼という言葉に置き換えれば実にぴったりくるのが今の日本である。それからすると天皇は左翼ではないのかという問いはあながち外れてはいまい。GHQのあてがった今上天皇の教育係がバイニング婦人であり、皇后陛下はキリスト教徒である。つまり日本の崩壊は70年以上も前から準備されていたのだろう。それからすると、秋篠宮家の紀子内親王が帝王教育の理解度が少なく、西欧的王室をイメージするのは不思議でもなんでもなくむしろ自然だったであろう。だから、日本を守る方法は皇族が沈黙を守り、国民もそれをよしとするコンセンサスが絶対的に必要だったのだろと思う。しかし、所謂保守においてもそれを理解するものは少ない。国民は良い人を天皇に見ているが、もし良くない人だったらどうするのだ。良くても良くなくても天皇陛下は陛下であり、皇族は皇族なのであり、それが皇室を守るという事なのだ。その為に奥からの情報は少ない方がいいのだが、それももう遅すぎるというと言う所なのだろう。しかし、文春が極悪で卑劣なのは日本の良さや価値を全く理解していないし、敵であるという事は、今に始まった訳ではないが明白な事だろう。失われそうな2,700年以上の伝統の価値を理解できない輩に話しても無駄なのだろう。失われたものはもう二度と戻らないのだ。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。