• このエントリーをはてなブックマークに追加
「秋篠宮家」研究〈第4回〉小室圭さんが眞子さまに打ち明けた「隠し録音」 眞子さま「今も信じ続ける」理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「秋篠宮家」研究〈第4回〉小室圭さんが眞子さまに打ち明けた「隠し録音」 眞子さま「今も信じ続ける」理由

2019-06-20 05:00
  • 2
結婚問題が宙に浮いたまま小室さんがアメリカに旅立って、早十カ月が経つ。しかし、眞子さまの結婚への意志は依然として変わらないという。彼のことをここまで強く信じ続けることができるのはなぜなのか。背景には、れっきとした“物証”の存在があった――。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2019-07-19 10:47
チャンネル月額: ¥864 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
そちらがしつこく書くのでしつこく反応するが、こんな記事一体公共性というか知りたい国民がいるのか。知りたい国民というより書きたいのは、国民の顔をした大陸や半島のえせ国民、或いはその手先だけではないのか。日本の皇室は世界一の歴史と伝統を持ち、日本の宝、いや世界の宝なのだと書いたがその根拠というのが父系(男系)で万世一系という事なのだろう。その世界に類を見ない父系で万世一系を世界平均水準の欧州型王室レベルにすると云う事で、それは自ら持っている貴重な価値をわざわざ貶めるという事なのだろうと思う。唯一無二というのはそれだけでも価値があるのだよ。
 
 なんでこんなに日本人というか左翼、マスコミは軽くなったのだろう。今の自分の周りにある軽い風俗からでしかイメージが出来ないのか。つまりものすごい宝を見てもそれを見抜けない、価値が分からない俗物というより愚か者、つまり馬鹿だという事だ。大体フランス革命もロシア革命も文化大革命もよく見ればただの大量殺人でしかなかったのに、未だに左翼はそのような価値のない駄物、ゴミを追い求めている。もう一度言うが、そのような世界がどうしても作れなかった権威はあるが権力はない、政治的に中立な神のような存在を2679年の長い歴史の中で熟成させてきた先人の知恵である日本の皇室をどれくらい羨ましいと思っているか、それすらも想像できないのだろう。韓国の日本に対する数々のいやがらせなどの本音は、日本に対する嫉妬、羨望、そしてそれから出た憎悪でしかないのは明白な事実ではないのか。

 世界と違うのがそんなに不安なのか、自分の持っている価値のあるものに気付かないその感性の鈍さ、否定する愚かさは要するに視野の狭さとも一致する。世界を見ろよ。近隣諸国、特に大陸、半島の悲惨さを見ろよ。この世に絶対などないし、理想も実現などしない。中二病や少女のように夢を見るのは結構だが、そのような夢を見られる環境に自分がいるという価値にも気づかないのだろう。度し難いよ、文芸春秋社。
1ヶ月前
×
 相変わらず出所不明(実在するか不明の匿名氏)で真偽不明の事を断定的に書いている。
他人(眞子さまを始め秋篠宮家の方々など)の心の中の事を断定的に書いているが、皇族方のプライバシーや名誉を一顧だにしない無礼で傲慢で人格攻撃にも相当する記事。
秋篠宮家の方々の行動については話しが細かくて、内部通報者がいることは確かだと思われる。秋篠宮家をお守りする立場の職員の中に外部に通報する人達がいて、週刊誌などが連携してプライバシーを暴いていわゆるイエロー・ジャーナリズムを行ったり、週刊文春などのように皇族の人格攻撃を行ったりしている。
特に見出しが酷い。
結語はいつものようにおためごかしの嘘。秋篠宮家に平穏が訪れないように週刊文春や女性週刊誌などが攻撃を仕掛けている。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。