• このエントリーをはてなブックマークに追加
優しいやまんば 市原悦子のことば 第19回 沢部ひとみ 「桜も富士山も好きじゃないの」――二〇一四年、夫の死後間もない時期、親しい人たちに
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

優しいやまんば 市原悦子のことば 第19回 沢部ひとみ 「桜も富士山も好きじゃないの」――二〇一四年、夫の死後間もない時期、親しい人たちに

2019-09-05 05:00
     二十年程前のある日、市原さんの所属事務所に突然、文化庁から電話がかかってきた。「市原悦子さんに紫綬褒章をさしあげたいのですが、お受けになりますか?」。マネージャーの熊野勝弘さんが市原さんに聞くと、「いらないわ」と言う。
    「どう断わりましょうか?」
    「あなたが考えなさい」
     国が「勲章をくれる」というのに、あまりに素っ気なく「いりません」と断ったのでは角が立つ。あれこれ考えた挙げ句、「いまだ未熟です。賞をいただくのに値しません」と応えた。文化庁の職員は「分かりました」と言ったが、それっきり賞の話は来なくなった。「市原さんに『断りました』と報告したら、『ああ、そう』とそれだけ。(文化庁の)ブラックリストに載ってるんじゃないか」と、彼は笑う。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2020-04-08 06:39
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。