• このエントリーをはてなブックマークに追加
ZOZO前澤友作(43)「人間失格」経営 「2000億円株担保」借金で火の車だった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ZOZO前澤友作(43)「人間失格」経営 「2000億円株担保」借金で火の車だった

2019-09-19 05:00
  • 1
「恥の多い生涯」を送って来たのは映画化も話題の太宰治「人間失格」の主人公だが、彼が送って来たのは「欲の多い生涯」か。女優と浮名を流す一方で、絵画や車を買い漁る。その金脈である会社を突然放り出した経営者。裏側で何が起きていたのか、総力取材で迫る。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2019-10-18 20:06
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
今年、世界に出して恥ずかしい男のナンバーワンがこの男ですね。
どこに出しても恥ずかしい。
数々の女性遍歴もさることながら、すべての面で品が悪すぎ。
剛力彩芽もそろそろこのホラ吹き男から目を覚ましてほしい。
ゾゾタウンの社員も、この人を社名を穢したと訴えてほしいし、
株主も株価を下げたとして訴えてほしい。
社長たるものは、社員株主、購買者から常に尊敬されるように
努めるべきなのに、ナニ!この人。地獄に行けばよい
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。