• このエントリーをはてなブックマークに追加
春日太一の木曜邦画劇場 第355回「演出プランを超えていく! 萩原健一、咄嗟の名演技」『誘拐報道』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

春日太一の木曜邦画劇場 第355回「演出プランを超えていく! 萩原健一、咄嗟の名演技」『誘拐報道』

2019-09-26 05:00
     九月二十五日に発売された「文藝別冊 萩原健一」では十名の関係者にインタビュー取材させていただいた。その中に、伊藤俊也監督がいる。
     伊藤監督とは映画一本しか組んでいない。その一本が今回取り上げる『誘拐報道』。「俳優・萩原健一」が最高の演技を見せた作品だと思っている。
     萩原が演じるのは、喫茶店経営が行き詰まり、借金返済のために娘の同級生を誘拐した男。誘拐犯とその家族、被害者家族、警察、マスコミ、それぞれのドラマが描かれる。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2020-01-20 12:19
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。