• このエントリーをはてなブックマークに追加
町山智浩の言霊USA 第498回 「Dish with one spoon(一つの皿を一つのスプーンで)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

町山智浩の言霊USA 第498回 「Dish with one spoon(一つの皿を一つのスプーンで)」

2019-09-26 05:00
     アカデミー賞の前哨戦となるトロント国際映画祭に今年も行ってきた。
     数年前からのトロントの不動産バブルはまだ続いていて、飛行機で近づくと、摩天楼の群れが来るたびに増えている。昔ながらの赤レンガの町並みはどんどん消えていく。
     2017年から、この映画祭では、上映の前にこんなアナウンスをするようになった。
    「私たちは以下の事実を認め、感謝します。私たちが日々働き、生活し、物語を分かち合い、互いに結びついているこのトロントを含むオンタリオ州は、1万5000年前から人間が生き続けてきた聖なる土地です」
     つまり、先住民の土地だったということ。
    「ここは、ヒューロン・ワイアンドット族、ピートゥン・ファースト・ネイション、セネカ族、そしてミシサガ・ファースト・ネイションの領域でした」
     ファースト・ネイションとは「最初の民族」という意味で、カナダでは先住民を「ネイティヴ・アメリカン」ましてや「インディアン」とは呼ばず、ファースト・ネイションと呼ぶことにしている。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2020-01-20 12:19
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。