• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

現地徹底取材「韓国を壊す男」文在寅大統領 怨念の原点
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

現地徹底取材「韓国を壊す男」文在寅大統領 怨念の原点

2019-10-03 05:00
  • 1
「曺国守護!」「曺国辞任!」。両陣営がデモを行うソウルの大通り。文大統領の最側近を巡り国論を二分する騒動が続く韓国だが、文大統領はそれでも曺法相を庇い、検察改革に邁進している。現地に赴き、彼の生地から辿り直して見えてきた「怨念」の背景とは――。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2019-12-07 20:32
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
 色々と言ってはいても結局はこの記事は文在寅擁護物語。
何が「検察改革」なんだか。要は検察(司法)を政治の下に置こうという、弁護士(法曹)出身者としてあるまじき行為を行っている事に変わりは無い。尹錫悦氏は、朴槿恵政権時代に政権の問題を追及して左遷されたのを、文在寅大統領が評価して検事総長に取り立てた人物だ。それを今度は自分に刃向かったとして罷免しようとしている。まあ腐敗した人治の国韓国のいつもの話しで、政権が替わる度に同じことを繰り返しているだけとも言えるが、文在寅大統領は歴代よりもかなり酷いことは確かだ。
 シナの習近平、韓国の文在寅、どちらもそれぞれの国・民族の体質を露骨に表していて、さすがに日本や世界の左派メディアも擁護しきれなくってきていて、日本人や世界の人々の目を覚まさせるのにはちょうど良い。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。