• このエントリーをはてなブックマークに追加
「即位の礼」天皇が平成流を変えた “サービス”を止め「昭和復古」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「即位の礼」天皇が平成流を変えた “サービス”を止め「昭和復古」

2019-10-24 05:00
     黒い束帯に身を包んだ二人の侍従が、高御座(たかみくら)の紫の帳(とばり)を左右に開けると、天皇がお召しになった黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)の深い黄色と、帳の内側の朱色が露わになった――。
     十月二十二日、午後一時過ぎ。天皇が即位を宣言し、安倍首相がお祝いの寿詞(よごと)を述べると、宮殿には万歳を唱和する声が響き渡った。つつがなく行われた「即位礼正殿の儀」だったが、この帳が開かれるまでには、令和皇室を担う“ご兄弟”の強いご意思があった。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2020-02-14 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。