• このエントリーをはてなブックマークに追加

Charlie_Bさん のコメント

 日本語版は文藝春秋社発売なのに、その文藝春秋社の週刊文春のこの記事は、本の表紙の画像(腰帯の「歴史に嘘をつくことはできない。」の売り文句は削除)の下に目立たないように小さく「日本版(小社刊)も発売」と書くだけであまり好意的には扱っていない。この本はまだ読んでいないが(読むつもり)、この記事では内容を偏向誘導して書いているように思われる。同じ文藝春秋社でも、少なくとも週刊文春編集部はこの本に好意は持っていないようだ。自分達の反日・売国路線には都合が悪いからね。
> ただ、李氏らは日本の植民地統治のすべてを肯定しているわけではない。日本支配は朝鮮に差別や抑圧・不平等をもたらしたとも語っている。
とこの記事は書いているが、そもそも「植民地統治」が嘘で(併合が正しい)、李栄薫氏は「日本支配は朝鮮に差別や抑圧・不平等をもたらした」が歪曲だと主張している。「李氏ら」や「語っている」が誤魔化し言葉なのだろう。
最後に
> 文政権は発足から二年半の折り返し地点を迎えた。文大統領は反日という軛(くびき)から逃れ、レームダックを避けることができるのか。真価が問われる。
なんて書いてあるが、「文政権の真価」なんて常識ある日本人なら誰でもわかる。「文政権の真価」が価値ある可能性のあるものだなんて思っているのは反日・売国左翼だけ。
No.1
2ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
「韓国の歴史学や社会学は嘘の温床だ」。「徴用工の大法院判決はでたらめ」。  韓国人の歴史認識を実証に基づいて批判した『反日種族主義』 (李栄薫(イヨンフン)編著) が、今年七月の刊行以来、韓国で十三万部の大ベストセラーとなっている。  いったい、何が起こっているのか――。  
週刊文春デジタル
発行部数No.1! 「週刊文春」のスクープ記事を雑誌発売と同時に配信します(※グラビア、連載をのぞく)