• このエントリーをはてなブックマークに追加
近田春夫の考えるヒット 第1125回「ももクロらからアイドル歌謡のテンポの速さを考えてみた」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近田春夫の考えるヒット 第1125回「ももクロらからアイドル歌謡のテンポの速さを考えてみた」

2019-12-12 05:00
     商業音楽/流行歌を聴こうとするとき、常に興味のいくポイントのひとつはテンポだ。
     今様女の子のアイドルのシングルの全てとまではいわないが、一種“かなりアップテンポの曲調”は定番となった。
     今週編集から送られてきた二枚(ももいろクローバーZにアンジュルム)も、まさにそういったカテゴリーに属するものといっていいだろう。
     ところで、何故アイドルの世界では曲速度の速いアレンジが好まれるのか?
     いうまでもない。ライブに於いて、聴き手の心拍数を上げる、いい換えるならば煽るのに便利/都合がいいからだ。うまく煽ることが出来れば、観客の集団はいとも簡単に興奮状態におちいってくれる。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2020-01-24 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。