• このエントリーをはてなブックマークに追加
THIS WEEK【社会】裁判長も「土下座して」と涙 新潟女児殺害“幼女への執着”
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THIS WEEK【社会】裁判長も「土下座して」と涙 新潟女児殺害“幼女への執着”

2019-12-12 05:00
  • 1
 法廷では被告以外の全ての人が、激しい怒りに駆り立てられた――。新潟市で昨年五月、小二の女児(当時七歳)を殺害した小林遼(はるか)被告(25)の裁判員裁判で、新潟地裁は十二月四日、無期懲役の判決を下した。
 司法記者が振り返る。
「スーツ姿の小林は特に表情を変えることもなく、淡々と判決を聞いて退廷していきました。むしろ説諭する裁判長が泣いていた。『反省は伝わってこない』『女児には土下座してほしい』などと詰まりながら語り、裁判員たちも被告をにらみつけているようでした」 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2020-01-24 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
屍姦までやって、さらに電車に轢断させて、3度殺したも同然なのに、無期懲役はないだろう。
自分は死刑に賛成でも、反対でもないが、この男だけは、例え無期懲役が確定しても、終身に相当するような長期収監を課して欲しい。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。