• このエントリーをはてなブックマークに追加
雅子さま誕生日文書「2度延期」 “遅刻常習”への不安
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

雅子さま誕生日文書「2度延期」 “遅刻常習”への不安

2019-12-12 05:00
  • 2
 十二月九日、皇居の半蔵門を通過された雅子さま(56)は、その姿を一目見ようと出迎えた人たちに向けて窓を開け、満面の笑みで手を振られた。サーモンピンクのレースのドレスに、パールのロングネックレスをつけた姿に、「わ~、お綺麗ね~」とそこかしこからため息が漏れた。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2020-01-22 10:42
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
 週刊文春は相変わらず雅子さま攻撃を続けていてけしからん。見出しに強い悪意が込められている。
幸いにして雅子皇后陛下におかせられましては、下記引用のとおり

> (前略)11月の国民祭典、祝賀御列の儀などの折に、多くの国民の皆様から、思いがけないほど本当に温かいお祝いを頂きましたことに、心から感謝しております。
> (中略)これからの歩みを進めていく上で、大きな支えになってくれるものと思います。

多くの国民が本当に応援していることを実感して頂いているので、反日売国マスコミの中傷攻撃に負けずに、ご自身と、天皇陛下と、善良な日本国民のために元気で過ごされて欲しい。
1ヶ月前
×
>>1
上皇后陛下に対しても同様だったと記憶しております。
従って私の中での文春は「朝敵」なのです。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。