• このエントリーをはてなブックマークに追加
秘書4人派遣「安倍丸抱え」で公選法違反 河井夫妻「買収」原資は安倍マネー1億5千万円だった 入出金記録LINE入手
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

秘書4人派遣「安倍丸抱え」で公選法違反 河井夫妻「買収」原資は安倍マネー1億5千万円だった 入出金記録LINE入手

2020-01-23 05:00
  • 3
昨年十月末から二カ月半にわたって「公選法違反」の疑惑追及から逃げ続けた河井夫妻。ようやく会見を開いたが「捜査に関わるので」と繰り返すばかり。そこでさらに取材をすると、新たな買収疑惑も浮上。違法選挙を支えたのは、安倍首相からの巨額マネーだった! 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2020-02-20 05:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
悪質な印象操作記事だが、落ちぶれ文春のいつもの手か。資金は党本部から振り込まれたもので、それがどうしたの。普通は幾らとか言ってるが、重点的に選択と集中をしてはいけないのか。勿論トップの意向はあるのかもしれないが、逆にトップの意向が無い方がおかしいのでは。リーダーシップが悪いと言うが、無いとまた文句言うのでは。
 韓国は種族というか部族主義で一族以外は全て亡き者にする、所謂易姓革命国家だ。そのしつこさ、前近代性、非論理性は「反日種族主義」という本に詳しく書かれている。つまり朝鮮人とか、大陸の人達には嘘をついても詐欺まがいの事をやっても一族や部族の為なら正当化できるという理屈がある。例えば在日や帰化した半島や大陸出身者はその感覚が骨身に沁みているのではないかと考えてしまう。となるとその様な人達が国会議員になっているとしたら、彼らのロイヤリティの行きつく先は決して日本ではないという事になる。たとえば半島出身の立憲民主党の幹事長がいるが、彼の属する党の考え方はどう考えても日本の国益を考えているとは思えず、彼がそうかは分からないが、むしろ大陸の意向に沿っていたり、半島の利益になるような事しかしていない気がする。それを補強しているのがこの文春であることも確かであるが。
 彼や連Hなど野党にはどこの国の人か分からない輩が多すぎる。彼らに国家とか国益という思いはあるのだろうか。いやもっと考えれば日本に対してないだけで、半島や大陸に対する愛国心や国益への思いは人一倍なのかもしれない。そういう人は議員として適格なのか。民主主義の全くない共産党が偉そうに首相が多選過ぎると言ってるが、自分は選挙で選ばれたのか。相手のあら捜しは執拗で悪辣だが、自分の問題には全てホウっかむりで何が公正なのだ、偉そうに言うなと言いたい。大体、一日12時間以上も勤務してウグイス嬢の日当¥15,000のなどどの候補者誰も守っていないのが実情だろう。ただ処理が下手だっただけで問題を本当に解決したいなら小沢の作った政治資金規正法を改正しろというのが報道機関のあるべき姿だろう。
 菅原の問題だって7,8年前の既に時効の問題ではないのか。菅原議員の記事は削除されてしまっている。何故に民主党政権時代に出さないのだ。政府を攻撃するのなら今の新型ウイルス肺炎の水際作戦が緩すぎるとキャンペーンを張るべきだろう。野党やマスコミは今に始まった訳ではないが、論点をずらして、本質を見えなくする、国民を誤った方向に行かせようとしていると思う。頭がおかしいのではないか。半島や大陸のような国にこの国をしたいのか。本当に「クソ文集」と言いたくなるというものだ。
4週間前
×
案里サンは当選当時はさわやかな顔してたのに、今の彼女は悪い
人相の顔をしてますね。
特に最近例のテレビで見たあのバッグ、何もこんな時にあんな
カバンを見せなくてもよいのでは?
私も今までは何とも思わない議員さんだったけれどあのバッグを
を見たとき、何もこんな時に、この人の鈍感さに呆れました。
何で周りの人はこの人に、この場合のTPOはこれはNGと教えて
やらないのか、気の毒に思いました。
4週間前
×
父親の言い分は正しいね。
これで起訴でもされて、実刑なんてことになったら(絶対あり得ないが)、他の議員は面目丸潰れだろう。
せいぜい、在宅や略式起訴で罰金ってところ。
河合陣営にとっては、まぁ運が悪かったとしか言いようがないが、説明責任どうこうを追及するなら、河合だけでなく国会議員全員、一人一人に説明させた方が良い。
そうすれば自ずと、選挙制度そのものの在り方が見えてくるというものだ。
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。