• このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍首相も怒った「不倫審議官」大坪寛子 新型肺炎で大失態
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

安倍首相も怒った「不倫審議官」大坪寛子 新型肺炎で大失態

2020-02-13 05:00
  • 2
感染者は四万人を超え、ますます拡大の一途をたどる新型肺炎。しかし、その最前線に立つ厚労官僚が、別の疑惑で国会の追及を受けている。総理の威を借る首相補佐官と、そのまた威を借る不倫相手の審議官。公私混同の二人に、国家の危機にあたる資格はあるのか。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2020-02-14 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
「都合の悪い事実を伏せる姿は、モリカケ問題や桜を見る会問題でも再三見られた安倍政権の悪しき体質だ。」これは文春にそっくりお返ししたい。それと野党にもだ。森加計問題など隣の公園の値引き問題と一緒に論じて貰いたいが、偉そうな元犯罪者辻元や関西生コンの関与については全く報道しないのだ。両方とも何の法的問題はない。それをこうあるはずだという思い込み、自分がそうだからそうだろうという憶測など低俗の限りである。野党や文春も含めるマスコミははっきり言っていじめというかしつこく嫌がらせをやっているが、これは彼らの精神的荒廃を表しているに過ぎない。綺麗事の捏造弾劾の米民主党と同じである。米民主党の歴史を見てみると良い。今でこそ綺麗事のポリコレをやっているが、KKKも奴隷制度も全て民主党が推進していたのである。奴隷制度を廃止したリンカーン大統領は共和党である。日本の元民主党グループも韓国の共に民主党グループも両方とも悪の巣窟というのは言い過ぎだろうか。偽善、綺麗事のグローバリスト的考え方は対立を生むばかりで何も解決しないのだ。アメリカの分断は今や日本にも起きつつある。今回の武漢肺炎問題も結局はグローバリズムが生み出した弊害に他ならない。国家、国境は必要だという事が明確になったのではないだろうか。
 
 頭の腐った鯛などと安倍首相を国会質問時間に罵詈雑言で辻元が非難していたが、腐っても鯛と返していたら問題にはならなかったのかもしれない。しかし、中身の全くない間違った事をぺらぺらと流暢にしゃべる共産党の小池や辻元は自分たちが政権を取る事など全然考えていないに違いないのだと思う。何故なら彼らの言ってることなど現実性が全くないから勝手な事を言っていられるのだろう。それって害毒じゃないか、というより時間の無駄だろう?
6日前
×
辻本さんがあの時、今のヤジは誰ですか?といって
大はしゃぎしてたのが見苦しかった。
5日前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。