• このエントリーをはてなブックマークに追加
新型肺炎は人災だ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新型肺炎は人災だ

2020-02-20 05:00
  • 5
感染者数は日を追うごとに増え、北海道から沖縄まで五百人以上に達した新型コロナウイルス。海外からも日本政府の対応が批判され、豪華客船は「第二の震源地」といわれる事態になっている。どうすれば予防できるのか、また身近な病いから身を守る方法も徹底検証。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2020-03-27 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
 中共からの入国制限をもっといつものように激烈にアピールし、安倍首相の態度を糾弾しろよ。遅きに失したが、今こそ中共全土からの入国を制限すべきだ。そうすると当然、習きんぴらも入国制限になるし、国賓招待もなくなる。中共のインバウンド観光客より、その他の世界からの観光客が来なくなる方が被害が大きいのではないか。
 国内での感染というより、クルーズ船の感染対策がなっていなかったという事だ。国内だけなら、そして支那からの入国を止めていれば、恐らく数十人規模の感染者しか出なかったに違いない。現に感染者が出ている所は北海道、沖縄、東京、神奈川、愛知、奈良、和歌山と支那からの旅行者の比較的多い所ばかりではないか。
 
 このクルーズ船の対応のまずさの原因は憲法9条にあるのは間違いない。戦後70年間国防や安全保障という概念を全く考えてこなかったこの国家、国民そのものに原因があるのだろう。国民以上の政府など作れるはずもなく、自民党の議員の大部分は安全保障では野党と同じ感覚であろう。野党でなくとも公明党など安全保障に関しては野党と同じである。「国境を無くして皆が手をつなぎ、笑顔で話し合おう」なんてお花畑など何処にもないという事だ。グローバリズムなど安全保障とは関係ないのだ。諸外国はこの切り替えがすぐにできるのだ。憲法に非常事態事項を入れる事にも野党は反対している。憲法改正がすぐに行われなかったら、この国の国民は救いようが無いという事だ。

 クルーズ船の対応は安全保障上の危機と捉え、自衛隊(軍隊と何故に呼べないのか)に任せるしかなかったのだ。アメリカ、ロシアなど全て軍の管轄でやっている。しかし国民の誰がそれを責められるのか。野党もマスコミもそんな考え方など頭の片隅にもなかったに違いない。勿論、厚生労働省、法務省に出来る筈もない。安倍さんも出来なかったのだ。今やクルーズ船の全てのまずい対応が岩田医師の軽挙によって白日の下に世界に発信されてしまった。彼が反安倍、反日ではなく愛国者であったらもっと違う方法で効果的にやれたと思う。皆が一生懸命やっている所に突然やってきて偉そうに「あれやれ、これやれ」と突然言われたら「出て行け」となるのはあたり前だろう。しかし彼の言っている事は全部ではないが正しいと思う。大体、あれだけ毎日感染者が出ているのはおかしいのだ。

これで、世界から日本は汚染国として指定され、インバウンド経済は当分破綻するという事だ。まず、支那リスクを検証し、経済界の構造的改革をすることだ。そして憲法9条を改正せず、安全保障や軍事に思いも金もかけなかったそのコストの大きさを思い知る事だ。クルーズ船が空になればその後散発的に感染者は出るだろうが、インフルエンザ以上のダメージになる事は無いと思う。ただ、またのど元過ぎればになってしまうのなら、今度本当の生物兵器、または強烈なウイルスにやられたら本当にこの国は後進国になって行くのだろう。真剣に考えろよ!
1ヶ月前
×
 国際原則である旗国主義により、英国船籍であるこのクルーズ船は英国政府に権限と責任があり、法的には英国主権下にある。接岸している場合の法的解釈は明確ではないとのことだが、いずれにしても英国の責任と権限は本来大きい。それなのにお人好しの日本は自分に全ての責任があるかのように行動・報道し、対応が不十分・不適切だと英国を含む外国メディアからの批判に晒されている。ずる賢い英国はだんまりを決め込み影に隠れている。
 英国クルーズ船内での防疫体制の不十分さや船会社・船長・船内運営の責任問題や旗国である英国の不作為ももっとアピールすべきだ。欧米のメディアなど元々白人の傲慢さがベースにあるので、それを前提に日本も対抗した広報を行うべきだが、外務省も厚労省も日本のメディアも反論能力がなく言われっぱなしでだらしがない。
あと国会で桜の花見酒に酔っていて今まで何の提言もしなかった不作為の責任がある野党は、もともと外患誘致体質なので、ここぞとばかりに外国メディアの日本批判に便乗して日本政府の批判をするだろう。
 中国が詳細を隠し続けている未知で奇妙な新型コロナウィルスであることを理解し、英国船会社・船長・船内運営に大きな問題と責任があることを明確にし、欧米のメディアには日本蔑視の傾向があることを理解し、その上で加藤厚労相や外務省・厚労省その他の対応にも問題があったのではないかとの検証をすべきだ。
新型肺炎(武漢熱)は中国共産党の人災だ。
そして外患誘致体質は週刊文春も野党と同しだ。
1ヶ月前
×
 豪華クルーズ船旅行を大々的にアピール・宣伝し、今も宣伝スポンサーに遠慮して豪華クルーズ船を批判しないメディアの責任も大きい。大体あんな太ったブタみたいな船が健康的なはずがない。全て日本政府が悪い、安倍が悪い、という方向に持っていきたいのがマスコミ。
1ヶ月前
×
 運航会社が米国の会社だということを忘れていました。旗国・船主の国と運航会社の国の間の責任・役割分担は良く知らないが、両方に責任があることは間違いない。この運行会社の親会社は世界最大のクルーズ船運航会社だそうなので、マスコミは余計ものが言えないのだろう。
1ヶ月前
×
太った豚みたいな船って面白い表現ですね。
ほんとにその通りです。3500人も人を乗せて何か起こればこんなに
大変なんだという事がよくわかりました。逆にあれほど客を乗せなければ
儲からないから、あんなに大きくしたのでしょうね。
ちょっとした町の人口くらい乗せるのだったら船そのものが、もっと
ガバナンスの仕組みを持たなければ危ないと思います。
もうこんな船に乗るのはやめようと誰もが思いますよ。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。