• このエントリーをはてなブックマークに追加
春日太一の木曜邦画劇場 第376回「名作の裏に殺陣師あり! 関係者の訃報に心が痛む」『仁義なき戦い』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

春日太一の木曜邦画劇場 第376回「名作の裏に殺陣師あり! 関係者の訃報に心が痛む」『仁義なき戦い』

2020-02-27 05:00
     今回は『仁義なき戦い』を取り上げる。
     日本映画史に燦然と輝く金字塔と言える傑作である。
     舞台は広島の呉。戦後の焼け跡に始まり、復興期から高度成長期にかけてのヤクザたちの人間模様が描かれていく。暴力しか生きる術のなかった若者たちが、やがて組織の拡大につれて互いに抗争を始め、さらに狡猾な親分の策略により次々と命を落とす。
     笠原和夫の脚本が描く綿密な人間ドラマを深作欣二監督が荒々しいタッチで切り取り、その中で俳優たちが躍動。世界の映画史上でも類を見ない強烈なエネルギーが画面から放たれまくることになった。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2020-04-02 05:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。