• このエントリーをはてなブックマークに追加
森友 財務省担当上司の「告白」 「8億円値引きに問題がある」検察が握り潰した極秘ファイル(大阪日日新聞記者・相澤冬樹)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

森友 財務省担当上司の「告白」 「8億円値引きに問題がある」検察が握り潰した極秘ファイル(大阪日日新聞記者・相澤冬樹)

2020-03-26 05:00
  • 3
赤木さんの一周忌、妻は近畿財務局の上司の訪問を受けた。国有地格安払い下げを担当した彼は、値引き交渉の異常性を告白し、赤木さんが遺した決裁文書改ざんの経緯を克明に記したファイルの存在を明かした。「そのファイルは、僕と赤木さんで相談の上、検察に出しました」。だが、大阪地検特捜部は、佐川元理財局長を始め38人全員を不起訴に――。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2020-04-03 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
[池田氏は昌子さんに、安倍首相や昭恵夫人をはじめ、政治家らの影響で売却額を減額したり、何らかの忖度をしたことは一切ないと強調した] ゴチャゴチャ相沢が書いているがこれが真実だろう。この事件の経緯は前回チャーリーが書いていたような事だろうと思う。つまり、佐川氏の特異的な性格がこのような隠ぺい改竄をしたという事であり、安倍政権との関りは無いという事なのだ。高橋洋一氏は最初に財務省が瑕疵のある土地を隠して売ろうとしたが、ゴミがばれて稀代の詐話師籠池氏に突っ込まれ、結局あれだけ値引きした訳で、一般入札だったら誰も買わなかったか、もっと安かったろうと言っている。つまり財務省が最初から間違っていたという事で、それを隠すために無理をしたという事だそうだ。実際隣の野田中央公園は2千万円で売却されたのだ。彼らがここについて全く書かないのは比較したら森友の土地が決して安くない事が分かるからであろう。籠池が天然の昭恵氏を利用しようとして、あちこちで利用したのは明白な事実だ。改竄文書で出てくる昭恵さんの言葉は「いい土地ですね、良い田んぼや畑になりますね」なんて言葉で。しかもそう話したと喋っているのは籠池である。大体、安倍さんが関係しているなどと話したのも、マスコミが押しかけ、議員がいるところで唐突に大声で叫んだのだが、何でこんな事をこの場で言うのかと思った記憶がある。自分が追い詰められて左翼マスコミや野党、あのアメリカに戻れば逮捕される弁護士に唆され、安倍政権打倒に利用されたとみるのが妥当な所だろう。
 しかし、この相沢とか文春とかの反安倍、アベガ―、アベノセイダーの姿勢は何なのだろう。森羅万象、あらゆる不都合、良くない事は安倍首相の所為というのだろうか。もし安倍さんが辞めて、他の誰かになったら例えば立憲やその他野党の不祥事には全く文句を言わないのではないだろうか。例えば蓮舫は二重国籍についての説明責任は全く果たしていない。鳩山の子供手当も菅直人の外国勢力からの献金についても同じだ。辻元、福山らの政治資金疑惑も同じだし他にもたくさんある。
 安倍首相は今回オリンピックの延期問題で世界を相手に周到な外交を展開した。相当な根回しと努力をしたそうだが彼の能力は相当のものだろう。武漢肺炎とオリンピックと大変な時期に不正を糺す追及をするなとは言わないが、こじつけと憶測で、印象操作をし続けるその執念には感心する。しかし、一体誰のための追及なのか、大陸や半島の手先の感が強い感じがするのは私だけであろうか。朝日、毎日、東京、NHK、文春、共同通信とほとんど全部が極左のマスコミだが、安倍政権を倒すことは多額の中共の資金をしても無理ではないか。安倍政権を倒すことが何かすべての目的のようだが、その後どうするのだ。むしろ4選の可能性が強くなった言う事だろう。
2週間前
×
赤木俊夫氏の奥様へ

相澤冬樹や週刊文春などを信用して頼っていると、安倍打倒勢力に利用されてご自身と旦那様を利用されて最後は捨てられますよ。週刊文春や新聞などはそもそも財務省理財局を理不尽なまでに徹底的に追求しこの問題を起こさせた大本の犯人です。
相澤冬樹により植え付けられた先入観を取り払い(官僚と政治家の役割の違いの理解、週刊文春や新聞などの手口の悪辣さなどの理解)、籠池泰典氏長男の籠池佳茂氏が書いた「籠池家を囲むこんな人たち」を読んで旦那様の手記などを読み直して下記のパターンで利用されないように気を付けましょう。

森友学園問題 → 財務省理財局森友文書改竄問題
籠池泰典   → 赤木俊夫氏妻
菅野完    → 相澤冬樹

戦う相手は「財務省理財局」です。「安倍政権」ではありません。
敵を見誤り、偽りの味方(相澤冬樹・週刊文春)と真の味方を見分けないと戦いには勝てません。
2週間前
×
赤木さんには本当に気の毒だと思います。この件に関しては、今頃?
なぜ?と思いますが、そもそも忖度のリンクが知恵の輪のように絡ま
って誰にもハズせなくなった。というところでしょうから、だれが
悪いということも今となってはわからないのではないでしょうか?
私がいつも思うのは、こんな風に官僚が自殺してハイおしまい。
となるのが毎度のことですが、残された人は裁判をしても何をしても
なんのためにもならないと思います、むしろこんな風にマスコミの格好
の餌食になってなんとも後味の悪いというか幸せを取り戻すことが
不可能な残りの人生になってしまいます。
いやらしい言い方で大変失礼な事ですが、安倍さん側が最初に驚くほどの
額の補償金を支払っておけばよかったのに~といつも思います。
そうすれば、いつかこのことが忘れられたころに残された方はそのお金の
使い方を考えればよいこともあるかもしれません。
ほんとになんて品のない話で申し訳ないのですが、帰ってこない人ができ
る事はそれしかないように思います。マスコミに英雄のように書いてもら
っても、果たしてそれが誰を幸せにできるでしょうか。
赤木さんのご家族のこれからの戦いを思うと私も勝ったとしてもこころが
晴れるとは思いません。正義は守られた、と言ってもらっても私ならそん
なもので幸せは永久に帰ってこないと思います。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。