• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

THIS WEEK【政治】「おしゃべり」が止まらない 西村“コロナ大臣”への懸念
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THIS WEEK【政治】「おしゃべり」が止まらない 西村“コロナ大臣”への懸念

2020-04-09 05:00
  • 1
 司会の解説委員も少し戸惑ったようだった。四月五日のNHK日曜討論。新型コロナウイルスの特措法を担当する西村康稔経済再生相(57)が緊急事態宣言について語り終えた際、司会者の質問を遮るように続けた。「あわせてもう一点。自粛の徹底が大事。東京の若い人が自粛を嫌がって地方に行くと地方に広がる」。同席していた小池百合子東京都知事に負けまいとする様子に政治部記者は呆れる。
「永田町に広まる『おしゃべり大臣』との評判通りの態度が垣間見えた」 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2020-07-14 20:57
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
 西村、加藤大臣とか安倍さんにはやはり程遠いな。岸田、石破ももっと遠い感じ。それにしても小池の厚顔ぶりと、悪運の強さにはあきれるを通り越して感心してしまう。国と掛け合ってとか、スピード感とか偉そうに言っているが、都の備蓄品の防護服やマスクを大量に売国2F(にかい)と組んで支那に送ったのは一体誰だ。今やどっちも不足して現場は大変ではないのか。2Fは支那の手先だし、小池は都知事に再選されたくて子分になったのだ。
 
 マスクが本当に世界的に不足しているが、支那にある日本が金を出して設立した、日本のマスク工場で作ったマスクを共産党が接収していたのだ。つまり横取りして行ったのだ。こんな国とこれから金が儲かるからと言って付き合えるのか。
 
 スピード感とか小池が言っているが、それなら3月20日~22日の三連休前に何故に緊急事態宣言を出して都民の外出を止めなかったのだ、小池よ。北海道は既にやっていたぞ。愛知も自分で出すそうだ。なんか自分の存在をアピールするためだけのパフォーマンスにすぎない。偉そうに自分がやらせた風な事をしなくても、我々は自分でやるわ。本当にあの顔をTVで見るたびにイラつく。築地移転反対の時もそれを支援していたのは共産党。つまり小池は共産党に近く、隠れ野党でそうなると2Fもそういう事か。安倍首相、獅子身中の虫は早く首にしなければね。右が離れていくように仕向けていたのは実は2Fだったのかも。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。