• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

産経記者は「厳しい処分を受けるつもり」 黒川処分で“裏切り”森法相が「もう辞めたい」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

産経記者は「厳しい処分を受けるつもり」 黒川処分で“裏切り”森法相が「もう辞めたい」

2020-06-04 05:00
  • 2
「この度は、本当にすみません。私は一切、答えられないので、社の広報を通していただけると。こういう言い方は、本当に申し訳ないんですが、そのように言われておりますので。処分を受ける覚悟は当然……厳しい処分を受けるつもりはもちろんあります」 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2020-07-05 00:26
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
1.黒川問題は検察内部の権力闘争、それに悪乗りした反安倍勢力(野党、マスコミ)の悪乗り。それに騙される愚かな国民。原因は稲田検事総長の居座り。検察庁内の認証官は10人だが検察庁は法務省の外局。法務省の認証官は大臣一人。政府の関与が嫌なら認証官は一人ににすればいい。その為には憲法改正が必要かも。だから不断の憲法改正は必要なのだよ。

2.認証官だから政府の助言は必須条件。だから関与はあたり前でそれが無いと法律違反。それと検察が正義なんてあり得ない。都合の良い情報をリークして自分に有利世論を誘導する。だから良く冤罪が起こる。ホリエモンが検察に正義なんてないよって言ってるよ。佐川氏の捜査情報をリークしたのも大阪地検の女性検事。自分為都合の良い事は批判しないのがマスコミ。よく似てるよ。

3.文春社内では賭けマージャンやらないのかね。他人に厳しくて、自分の事は知らんぷりではおかしくないか。まあそれがマスコミか。社会部デスクどうなの。点ピンの麻雀なんて社会通念上、賭博なんかじゃないね。なんか最近社会の寛容性が全くなくなって本当に住みにくい。本当の事が言えないからだろうね。アメリカの民主党系左翼リベラルのポリコレなんて最低だね。ビーガンなんて怖いよね。勝手にやれよ、人に押し付けるんじゃないよ。左翼の安倍首相に対するSNSの誹謗中傷はひどいね。「死ね」とか「消えろ」とか聞くに堪えないものが並んでいるそうだ。こんなの問題にしろよ。

4.検察の問題については櫻井さんと花田さんの言論TVが詳しく面白い。興味のある人はどうぞ。
4週間前
×
検察官は、司法の中で唯一自ら捜査をし、起訴するかどうかを決めることができる権限を持っています。一人一人が独任官庁と言われる所以です。賭け麻雀は刑法犯罪であり、しかも3年以上にわたり一人1回数千円~2万円をやり取りしていた(朝日新聞の発表)そうです。常習性が強く、法を守る検察官として不適切であり「訓告」などで済む話ではありません。
「賭け麻雀」で思い出すのが、元西武ライオンズ監督で野球解説者の東尾修氏。東尾氏は1987年のシーズンオフに賭け麻雀を行ったとして書類送検され、不起訴にはなりましたが球団からは半年間の出場停止と罰金2500万円の処分を受けました。また、1998年11月20日、漫画家の蛭子能収氏は、東京・新宿の麻雀店にいたところを警察に踏み込まれ現行犯逮捕。容疑は客として1000点200円のレートで賭け麻雀をしていたというものでした、蛭子氏の場合は現行犯だから逮捕された訳で、黒川氏のケースとは異なります。しかし、逮捕はされなくても明確に刑法犯罪なのですから、黒川氏、産経新聞の記者2名と朝日新聞の社員1名も少なくとも書類送検はされなければ不公平です。しかも蛭子氏はその後数か月間漫画家やタレントとしての活動が出来ず、大きな社会的制裁を受けています。それに引き換え黒川氏は数千万円の退職金まで受領しており、まさに「盗人に追い銭」と言って良いと思います。
検事総長,次長検事および検事長は内閣が任免し、天皇が認証するいわゆる「認証官」です。認証官に対する処分は法務大臣や検事総長ではなく、最終的には内閣総理大臣に権限があります。安倍首相は口では「任命責任は自分にある」などと言いながら、責任を取ったことがありません。安倍氏には「ノブレス・オブリージュ」( noblesse oblige = 高い地位の人間にはそれに応じた責任がある)という言葉は無縁です。都合が悪くなると「法務省が決めた」と逃げてしまいます。
安倍内閣が「重大かつ複雑・困難事案に対処するために」無理やり定年延長した背景をもっと調べなければなりません。また、産経、朝日の3名以外にも、他紙にも賭け麻雀をしていた記者がいたはずです。他紙の記者も含めて賭け麻雀をした記者は全員処分すべきです。
また、この事件の全体像を明らかにする必要があり、それらが明らかになるまでは、法務省内で待機ポストに就けて調査と査問を続行すべきでした。安倍首相や菅官房長官は黒川氏を一刻も早く辞職させ、ついでに森雅子法務大臣を人身御供にしてマスコミからの批判の矢面に立たせて、自らは国会の閉幕を狙って逃げ切るつもりなのでしょう。森法務大臣は弁護士資格を持っていますが、答弁が下手な上にウソが上手に言えない人物のようです。森氏は思い切って「黒川さんを「訓告にしろ」といったのは官邸のOOさんです」と、「本当のこと」を国会でぶちまけたら良いのではないでしょうか?
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。